スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「反日運動」の元凶!中国中央宣部の恐るべき実態!元北京大学・集国標氏告発 →ギブミーチョコレートのお金も日本が出していたという事実 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

政治

アルバート・パイクの予言 第三次世界大戦は、中国のバブル崩壊と同時に、アメリカが中国に侵攻か!!

 ←「反日運動」の元凶!中国中央宣部の恐るべき実態!元北京大学・集国標氏告発 →ギブミーチョコレートのお金も日本が出していたという事実 
軍人、弁護士、作家として活躍していた
アルバート・パイクは、
1857年、秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)に登り詰めた。
KKK団を創設、そして「黒い教皇」と呼ばれるようになった。

1871年、彼は、イタリア建国の父ジュゼッペ・マッチーニ宛に
これから起こりうる恐るべき「未来計画」書簡を送った。

手紙には、
「世界を統一するためには、今後3回の世界大戦が必要である」と書いてあり、
「1回目はロシアを倒すために」「2回目はドイツを倒すために」
そして「3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、
いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」と書かれていた。

さらに3回の大戦に関して、以下の具体的内容が記述されていた。

■1回目の大戦 ― 第一次世界大戦
ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地を
イルミナティの エージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。
さらに、 ロシアはイルミナティの目的を、世界に促進させるための“お化け役”として利用されることになるだろう。

■2回目の大戦 ― 第二次世界大戦
「ドイツの国家主義者」と「政治的シオニスト」との間での
圧倒的な意見の相違により、起きることになる。
その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに「イスラエル国家」建設がなされるだろう。

■3回目の大戦 ― 第三次世界大戦
シオニストとアラブ人などの異教徒との間で、
イルミナティ・エージェントが引き起こす意見相違によって起こる。
さらに、この世界的紛争は拡散がおこり、
最終的には、キリストの教会と無神論の破壊の後、
ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる。

と書かれていたという。

第一次大戦、第二次大戦は、パイクの予言どおり実行されたが、
第三次大戦がどうなるのであろうか?

どの国と、どの国が戦争を起こす可能性がるのかを推測してみた。

イルミナティは、悪魔経とわれるユダヤ経の組織だが、
シオニストたちは、戦後アメリカという新興国に入り込み、
経済界・司法界・政界そして軍部のすべての主要ポストにつき、
ユダヤ人以外を家畜同然に扱う「世界奴隷化計画」という人類狂気プランを実行に移している。

第三次大戦は、その総仕上げだと思うが、
パイクは、イルミナティ・エージェントと異教徒の間で起こると示唆している。

イルミナティ・エージェントとは、当然アメリカだと思うが、
敵対する意見相違の国とは、どこなのだろうか?現実に即して考えてみた。

現在のアメリカは、
・ドルの衰退によるドル基軸通貨制度の崩壊の危機、
・6500兆円もの累積財政赤字問題
・2016年に迎える自国の石油枯渇問題
の国家崩壊の危機ともいえる問題に直面している。

しかし、そんな瀕死のアメリカが、
いままでと同様ンあ覇権国として君臨する方法が、ひとつ残されている。
それは、
・ドル基軸通貨制体制の維持と、
・中東・カスピ海周辺諸国の石油・天然資源の所有
を行うことである。

しかし、その実現に立ちはだかっている国がある。中国だ。
つまりアメリカは、中国を消滅させるか、
親米反ロの傀儡政権を樹立し、ドル圏にならない限り
アメリカの消滅は確実なのである。

さらに、いまのままアメリカが黙っていても
中国のGNPは、2018年にアメリカを抜き世界一になるとされている。(エコノミスト紙)

シオニストたちにとって屈辱的なのは、
奴隷や家畜対象である「中国人」が、自分達のかわりに、覇権大国になることだ。

多くのアメリカ国民は戦争に反対だが、
自分たちの欲に取り憑かれたユダヤ悪魔経のイルミナティたちは、
是が非でも戦争に向かわざるを得ないのだ。

ちなみに、覇権国から脱落したロシアも、
「アメリカ憎し、中国怖し」の考えのため
米中で戦争を起こし、両国が共倒れになることは、願ってもないことなのである。


■アメリカが仕掛ける 対中国との第三次大戦のシナリオ

基本的には、03年から05年に仕掛けた、
旧ソ連のグルジア、ウクライナ、キリギスのカラー革命を真似るのではないかと思います。

時期としては、
早ければ2015年に起きるといわれている、中国のバブル崩壊にあわせるのではと思う。

戦略プロセスとしては、

中国の経済が、バブル崩壊のシグナルを出し始めます。

アメリカは、日本と欧州企業に
「戦争をするから中国から撤退せよ!」と繰り返し警告を出します。

中国から外資が全部引き上げた時点で、
米欧は一斉に、対中国への金融経済テロを実行します。
例えば、ドルや米国債のディフォルトなどです。

そして、中国にバブル崩壊が起き、国内の混乱と政府への打撃が深刻化します。

ここで、かねてからアメリカCIAやモサドが買収などで仕込んでいた
香港や台湾のNPOやNGOが国際的なマスコミを使って報道を繰り返し、
中国国内では、中国共産党や軍部の不満分子(例えば江沢民派)が傀儡救世主として現れ、
都市部では、ツイッターやFaceBookなどで若者層が。
地方都市や農村部では貧民層、中産階級を巻き込んだ大規模な民主化デモを仕掛けます。
最終的には、数億人規模のデモで、共産党内部に大混乱を起こします。

そして、台湾が独立宣言を行います。
中国は即座に台湾への侵攻を開始します。

アメリカは、これを口実に参戦、北京を攻略・制圧。
中国に親米反ロの新たな傀儡民主政権が樹立します。

ユーゴスラビアや旧ソ連諸国のアメリカの動きをみると、
大体このようなシナリオを考えているかと思います。



以下おまけ


●2012年、中国経済はいよいよバブル崩壊か!世界経済の新たな震源地に ノーベル経済学賞Pクルーグマン博士分析より

●温州で工場経営者が次々と夜逃げ=中国経済の不吉な前兆

●中国造船企業、受注激減で相次いで倒産「将来2、3年のうちに半分が消える」

関連記事



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【「反日運動」の元凶!中国中央宣部の恐るべき実態!元北京大学・集国標氏告発】へ  【ギブミーチョコレートのお金も日本が出していたという事実 】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。