スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←日本に襲いかかるアメリカの罠 ― アメリカが仕掛ける新たな戦略的攻勢 →日本を舞台にした 戦争利権屋と武器商人たちにによる 日本の集団的自衛権の閣議決定に対する記者会見
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

政治

イスラエルに侵略されるパレスチナと 米国に搾取され続ける日本 どちらも独立が許されないという点では同じだ(フィフィ)

 ←日本に襲いかかるアメリカの罠 ― アメリカが仕掛ける新たな戦略的攻勢 →日本を舞台にした 戦争利権屋と武器商人たちにによる 日本の集団的自衛権の閣議決定に対する記者会見

この70年、イスラエルに土地を奪われ抵抗を続けるパレスチナと、米国に搾取され続ける日本。どちらも独立を許されないという点では似通っていて哀れで、悲しくなる。

イスラエル軍によって包囲され逃げ場のないパレスチナの図

ハマスはパレスチナの代表ではない。むしろ攻撃の口実になる都合のいい存在。ガザは軍隊を持たないので、これは戦争とは呼ばない。


イスラエル兵に訴える少女


兵士に向き合いう子供のに関するツイートすると、子供を矢面に立たせてと言う方々がいますが、弾圧と虐殺の地域ってもう成人男子がいないんですよ、本当に。パレスチナの若者は抗議の為にヘブライ語まで習得するそうだ。

一方で、イスラエルはに日本叩きに熱心だ。
これは、今に始まったわけでない。米国各地に慰安婦像を設置する在米韓国人団体をユダヤの団体が支援してきたし、彼らは日本の人権侵害を、ナチに例えて度々日本への批判を繰り返している。ようするにロビー活動が上だけだ。

15日の国連人権規約委員会でイスラエルの委員が日本の韓国・朝鮮人への差別的デモを指摘。人種差別を処罰する法整備を進めるかどうかをただした。この他、死刑制度や男女機会均等も従軍慰安婦問題も議題となる見通し。
ヘイトスピーチに対策迫る=国連人権規約委の対日審査

しかし、そんな抗日活動をするイスラエルを、なぜ日本政府は支援表明しているのだろうか。
何度も言うがパレスチナ問題は宗教対立ではない。本質をボカす便利な表現に過ぎない。これは侵略。ウイグル問題と同じ。自治区への弾圧を止め、人権と自由を保証しない限り問題は解決しない。石油や資源の利権保持の為に弾圧を支援する大国や見て見ぬ振りする国際社会が自治区の声を聞かないのが問題。
関連記事



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本に襲いかかるアメリカの罠 ― アメリカが仕掛ける新たな戦略的攻勢】へ  【日本を舞台にした 戦争利権屋と武器商人たちにによる 日本の集団的自衛権の閣議決定に対する記者会見】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。