スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←国益で一番重要なのは通貨価値  通貨価値を失った国は衰えていく インフレ日本の最期は →エイズウィルスの真実と嘘ーエイズウィルスは生物兵器として人工的に作られた
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

政治

いまだからこそ思い出す 真の侍議員 石井紘基

 ←国益で一番重要なのは通貨価値  通貨価値を失った国は衰えていく インフレ日本の最期は →エイズウィルスの真実と嘘ーエイズウィルスは生物兵器として人工的に作られた

アメリカの戦争屋(ジャパンハンドラー)の傀儡政権=安倍晋三ファシスト政権が発足してから、日本国内は、反民主主義と国益の流失、議員の品格低下が止まない。そんな時、議員としては稀有の存在だった 真の侍 石井紘基を思い出さざるを得ない。



石井は「爆弾発言議員」と呼ばれてた。政界と民間の裏事情を暴露し、不正を正し一般市民たちの奴隷を解放しようと活躍していた。マスコミや属議員たちは「石井はタブーとされる裏事情(爆弾)をどんどんと国会へ持ち込み、発言(爆発)して混乱させる人だ」と議員不適合者と流布していたようだ。

(ウィキペディアから転載)

議員活動としては、主に日本の政府支出の無駄使いに関して、フィールドワークを持っていた。国会議員が持つ権限を使った徹底的な調査で、税の無駄や政府の不正の追及をしていた。そのため、「国会の爆弾発言男」と呼ばれていた。1997年11月、衆議院で防衛庁調達実施本部背任事件を追及し、マスコミをリードし、東京地検の強制捜査にまで発展させた。東洋通信機だけでなく、年間約2兆円にのぼる防衛庁の装備品発注予算が長期にわたって不正に使われていたことがわかった。

2000年には、映画「バトル・ロワイアル」に関して「青少年に悪影響を与える」として国会で取り上げ、上映に反対し規制を働きかけようとした。オウム真理教については「オウムは統一教会をラジカルにしたもの」、「オウムが行く前に統一教会が、ロシアに進出していました。ところが、そういう連中がどうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった」と発言している。

一環して、石井がアピールしていたのは以下の通りである。
・天下り会社(石井紘基の調査で約3000社もあることがわかった)を整理し、国が支出した資本や増えすぎた資産を回収し、国民に還元する。
・石井紘基が代表を務める「国民会計検査院-国会議員の会」は、かつて、天下り会社の整理と会計検査機能強化のための法案を発表した。
・国と地方自治体の系列企業(天下り会社)が占めている膨大な仕事を民間の中小企業に吸収させる。
-------------------------------------------------------

活躍ぶりはたくさんありますが、特に国税を無駄使いしていることを強く指摘し、国民がいろいろな税金の納付で苦しめられており、国民を国と社会と会社の奴隷から解放しようと努めていました。
そんな矢先、石井議員は2002年10月25日、世田谷区の自宅駐車場で右翼の男に刺殺されました。
その殺人事件における謎な出来事があったのですが、現在の東電の出来事を国が隠していることをみれば、当然、あることを秘密にするため暗殺されたと断言してよいでしょう。なぜなら、犯人が「頼まれて殺した」と告白しているからです(次のユーチューブの動画の最後に注目してください)。
「秘密のあること」というのは、次の情報が詳しく説明されている(内容を信じる信じないはお任せします)

官僚の利権構造からオウム真理教、統一協会と幅広く日本の闇を国会で追及してきた石井紘基氏は、原発利権をも調査していた。

石井紘基氏暗殺事件に関して、つぎのような不審点がある。
・事件から6日前の10月19日、石井議員は「車に追われている」と言って知人のところへ駆け込んでいた。
・同月23日、石井議員が何者かにリンチに遭った様子で帰ってきた、と妻が話している。
・事件後、石井議員が病院へ運ばれる時、妻が救急車に乗せてもらえなかった。
・石井議員の手帳と、鞄の中身の資料が押収品目録から消えている。手帳があったと遺族側から何度も警察に申し出ても、調査してもらえなかった。
・事件当日は、28日に国会で質問する資料を委員長に提出しに行く日だった。その書類の中身は、体制が崩壊するほど重要な資料だった。しかし、その書類は鞄の中から消えていた。
・運転手が、事件後倒れている石井議員の後ろにしゃがんで、自分の携帯電話でどこかへ電話していた。本人は自動車電話から車両部にかけたと言っている。
・救急車が到着する前に既にパトカーが何台も狭い路上に止まり、なかなか救急車が入れなかった
・伊藤白水は殺害を依頼され、3000万円と1500万円の報酬を2回に分けてもらっている。
石井紘基氏暗殺事件の究明委員会会長である江田五月議員は次のように発言している。
「石井さんが追及しようとしていたことが、時の権力の中枢に大変な打撃になるようなものであった、ということですね」

石井紘基氏は、三菱マテリアル(株)大宮総合整備センターの地下施設に保管されている放射性廃棄物が劣化ウランであり、この劣化ウランが米国から輸入され、その製造元は確認できず、その輸入通関書類がないという事実を把握していた。劣化ウランの存在から、濃縮ウランの製造に日本政府と電力会社が深く関与している疑いを強め調査をすすめていた。

石井紘基氏が「米国ユーセック社からのOEMで東京電力が濃縮ウランを生産している証拠」を掴んだ可能性を否定できない。
 -------------------------------------------------------
石井議員は「日本病」という日本が崩壊しないかと将来の日本を懸念しながら、国と民間の不正を正そうと奮闘しておりました。
それはテレビのドキュメンタリーにてまとめられております(マスコミが作っているのですから、一部操作されているシーンはありますが、大半以上は事実と理解してよいです。最後のシーンに犯人が「頼まれて殺害した」と告白しています)。
長い動画ですが、昭和平成の侍を感じさせてくれます。 石井議員が支援していた橋本龍太郎元首相が暗殺されたことも忘れてはなりません。
さらに小渕恵三元首相 中川昭一財務大臣も暗殺されたことを忘れてはなりません。
ほかにもおりますが、国を懸けて、国民を守るためにネカティブ組織と闘い、暗殺された議員はたくさんおります。
今、国を懸けて国民を守ろうとしている議員は山本太郎議員です。
新潟県の泉田知事、静岡県の川勝知事、そしてボシティブな知事・市町村の長、議員たちがおります。かってダムから自然と国民を守ろうとした田中康夫元議員や政界から離れた元議員たちがおります。みなさん命を懸けて、国民を守ろうとしています。

http://ameblo.jp/z777x888/entry-11652233008.html
関連記事



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【国益で一番重要なのは通貨価値  通貨価値を失った国は衰えていく インフレ日本の最期は】へ  【エイズウィルスの真実と嘘ーエイズウィルスは生物兵器として人工的に作られた】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。