スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←世界の富を買い占める中国投資有限責任公司というヘッジファンド →ゴールドマン・サックスやクレディ・スイスなどが 金を売る理由
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

政治

"金融界のスノーデン"が内部告発 これが米ドル崩壊シナリオ

 ←世界の富を買い占める中国投資有限責任公司というヘッジファンド →ゴールドマン・サックスやクレディ・スイスなどが 金を売る理由
●世界銀行元内部者~ドルは価値がない。クラッシュ目前(1)

●世界銀行元内部者~ドルは価値がない。クラッシュ目前(2)


世界銀行の元上級顧問が米国財政の内幕を"暴露"した。

発言が話題になっているのは、世銀で法律部門の上級顧問を務めていたカレン・ヒューズ-氏。
最近はロシアのテレビ番組に出演し、「なぜ米政府機能が停止したのか」を解説した-。
世界の注目を集めている。内容はこんな調子だ。

「オバマケアや債務上限の問題だけでなく、さらに根深い理由がある。それは深刻な通貨-問題です」

「ドル紙幣は、財務省ではなくFRBが発行している。FRBは意図的に米政府に大量の-借金をさせ、その金利でうまい汁を吸ってきた。それが米財政の巨額赤字の原因になった-」

「中央銀行は、対価として提供するゴールドがないにもかかわらず、ドルを売っている。-これは完全に詐欺だ」

「民間の銀行が発行している紙幣に対する信用は失われつつある」
「実際、BRICs諸国は、金本位制での貿易を始めようとしている。これが国際準備通-貨としての米ドルを崩壊させることになる」


<インタビューで気になる発言続々>

要するに、中央銀行が金資産などの裏付けがないまま札を刷りまくって金融緩和を続けた-せいで、紙幣への信頼は薄れ、ドルは基軸通貨として崩壊の危機にあるというのだ。

「ヒューズ女史は世銀の法律部門に20年にわたって勤務する間に多くの秘密を知り得た-そうで、それを今年の夏に"内部告発"して職を追われた。彼女の話をすべてうのみにす-ることはできませんが、世銀を離れ、自由な立場になったことで、暴露話が過激化するの-ではないかとみられている。"米国金融界のスノーデン"と呼ぶ人もいるほどです」(金-融関係者)

なかなか興味深い女性だが、インタビューでは、こんな気になる発言もあった。

「オバマ政権が発表している失業率は捏造だ」
「共和党も民主党もメディアも邪悪な勢力(金融やグローバル企業)に買収されている」
「邪悪な勢力は第3次世界大戦を引き起こそうとしている。なぜなら、戦争が起きれば儲-かるからだ」


 トンデモ系の陰謀論にも聞こえるが、あながちデタラメとは思えない世の中になっている-のが恐ろしい。
関連記事



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【世界の富を買い占める中国投資有限責任公司というヘッジファンド】へ  【ゴールドマン・サックスやクレディ・スイスなどが 金を売る理由】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。