スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ウィキリークスの逆襲始まる 世界富裕層の租税回避2000兆円の秘密ファイル公開スタート →エドワード ・ スノーデンの声明 (trought WikiLeaks)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

政治

ハーバード大も金融危機で破産する!冒険投資家ジム・ロジャーズの論説が痛快で面白い!

 ←ウィキリークスの逆襲始まる 世界富裕層の租税回避2000兆円の秘密ファイル公開スタート →エドワード ・ スノーデンの声明 (trought WikiLeaks)


2013 年 6 月 某日 ジムロジャース・ブログから抜粋
日本は非常に深刻な問題がある。それは”巨大な債務水準”。
統計からは、人口の減少も加わって、恐ろしい未来を予測している。
さらに、安倍氏の登場は、災害などの復興に重きを置いているようだが、
危惧するのは、彼の財政政策により、世界でも強い通貨である「円」を、
台無しにする可能もあることだ。
http://jimrogers-investments.blogspot.jp/


投資家であり、経済評論家のジム・ロジャーズは、最近では日本の上昇相場を予測したことで有名だ。
彼のブログでは、アメリカ人としてアメリカをザクザク斬っています。

ご存知のように、アメリカ人は外国の銀行口座を開く事ができなくなりました。
愛国者法の下に、税務官僚たちが金持ちを縛り上げているようです。
例えば、HSBCで既に持っている口座も解約を迫られ、
泣く泣くシティ・バンクなど国内銀行の口座へ移さなくてはいけないようです。
アメリカ人投資家の立場から、この辺りのことも、アメリカの空気が変わった事を述べています。

さらに、ハーバード大やスタンフォード大などの大学も、
金融危機で数年後に潰れてしまう可能性を述べています。
日本の大学でも、数十億円を金融スワップに手を出して損失を出しましたが、
本場アメリカの大学は、数千億円規模の損失を出していると指摘しています。

ちなみに、アメリカで社会問題となっている教育ローン(卒業したら1000万円ぐらいの借金が残る)は、
自己破産しても該当されないらしく、最悪の制度らしいです。
日本でもオリコなどの金融機関がここ数年で同じ事をやっていますね。
アメリカの大学へ行ってMBAなどを取得しても、明るい未来は約束されていません。

中国が世界覇権国になるということも詳しく説明してくれていますが、
金価格も、彼は1年ぐらい前から国際金価格は、1200ドルまで調整が入るとずっと話していましたが、
現在ではその通りになっています。

先頃開催された、イギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、ロシア、日本と欧州委員会首相が集まったG8サミットですが 、
会談の話題は
「腹黒い富裕層が、タックスヘイブンや租税回避を利用して海外に蓄財しているお金を、各国が協力して奪い返す」ための話合いだったようです。
アメリカの外国口座の封鎖処置もkのひとつなのでしょうか。

G8サミットでは「Japan」という単語はおろか、「アベノミクス」などという単語はひとつも見ることがなかったようです。
自国の国益を最優先する各国首脳の話合いなので、
世界での存在感がない日本のことは、後回しなのは当然ですよね。




関連記事



記事一覧  3kaku_s_L.png 政治
記事一覧  3kaku_s_L.png 暮らし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ウィキリークスの逆襲始まる 世界富裕層の租税回避2000兆円の秘密ファイル公開スタート】へ  【エドワード ・ スノーデンの声明 (trought WikiLeaks)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。