更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 01

【  2014年12月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

暮らし

2014.12.29 (Mon)

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算案について、新規国債の発行がゼロになる見通しであると述べた。旧西ドイツ時代も含め新規国債の発行の停止は46年ぶり。今後ドイツは無借金で財政をまかなえることになる。ドイツ連邦政府の2013年度の歳出は約3078億ユーロ(約42兆4200億円)だった。これに対して歳入は2855億ユーロとなっており、財政赤字は223億ユーロである。14年度は財政赤字が67億ユー...全文を読む

PageTop▲

小保方さんの「STAP細胞」は 巨大利権団体に潰された

その他

2014.12.23 (Tue)

 小保方さんが『 STAP細胞 』が作れなくて理研を追いだされる段取りとなっているようですが、ノーベル賞=ロスチャイルドの利権である『 iPS細胞 』を優先させ、だれでも簡単に作成できて安価で病気が治りまくる『 STAP細胞 』を封印する段取りのような気がしますね・・・『 STAP細胞 』で簡単に病気が治っちゃったら、毎年38兆円以上も税金からボッタクってる病院、医者たちが食いっぱぐれちゃいますもんねwちなみに、税収が約4...全文を読む

PageTop▲

スノーデンの警告 Dropboxは捨てろ」「FacebookとGoogleには近づくな

政治

2014.12.22 (Mon)

 エドワード・スノーデンによると、プライバシーを重視する人は、Dropbox、Facebook、Google等の人気サービスには近寄らない方がよいらしい。スノーデンは今日(米国時間10/12)、New Yorker Festivalの中でリモートインタビューを受け、プライバシーを守るために、何がわれわれにできるかについていくつか質問に答えた。最初の回答は、政府方針の改革についてだった。自分には「隠すものは何もない」という立場を取る人々に対して...全文を読む

PageTop▲

あきらめた時、民主主義は錆びついていく(世田谷区長 保坂展人)

その他

2014.12.22 (Mon)

 安倍晋三首相の「奇襲戦法」は功を奏し、長期政権の足場を築いたことは間違いないでしょう。総選挙で自民党は291議席を獲得し、公明党の35議席とあわせて326議席と、衆議院で3分の2を占める巨大与党になりました。ただ、結果から読み取れるのは、それだけではありません。まず、史上最低の投票率52.66%。有権者の半数しか投票に行かなかったという現実です。事前の世論調査で「与党圧勝」が伝えられたことも影響し...全文を読む

PageTop▲

国際金融危機とアベノミクスの行方

政治

2014.12.19 (Fri)

 世界が大きく変わろうとしている。懸念される要因はひとつ。それは、エネルギーポートフォリオの激変による地政学の変化だ。日本は唯一、この流れに反している国だ。客観的に、未来の国益、世界の持続性という視点から行っているに過ぎない。具体的に、特定の政権、政治団体、組織を支持したり、無下に叩いたりすることは一切無いが、これらかの国際金融危機とアベノミクスの行方を占ってみたいと思う。中東の石油が要らなくなった...全文を読む

PageTop▲

原油価格暴落で貿易黒字を出す機会も アベノミクスによる円安でチャラに

政治

2014.12.14 (Sun)

 アベノミクスは、デフレ脱却、金融緩和政策としては異論がない。ただし、ある点において欠陥があり、今後さらに失速していくと思う。アベノミクスの成功指標は明示されている。コアCPI(生鮮食品を除く総合物価指数)の数値目標(2%)に達するまで、無限金融緩和するとしている。この中心課題であるエネルギー問題は、需要や地政学の変化などと同調し、激変しながら、日本経済におびただしい影響を与えている。現在、原油価格の下...全文を読む

PageTop▲

この国はどこに向かってうくのか(鈴木邦男・想田和弘対談より)

その他

2014.12.12 (Fri)

 この夏、全国で公開中の映画、想田和弘監督の『選挙2』。ある地方議会選挙の様子を通じて、日本の政治の、そして社会の「今」を焙り出す内容に、 注目が集まっています。自民党圧勝との報道が続く参院選を経て、この国はどこに向かっていくのか。私たちは、それに対して何ができるのか。想田監督と、連載コラム「愛国問答」でおなじみ鈴木邦男さんとの対談から考えます。鈴木 邦男(すずき・くにお)1943年福島県に生まれる...全文を読む

PageTop▲

アベノミクスだけでは復興できない 再生のカギはデフレ脱却・業界再編・女性活用

暮らし

2014.12.10 (Wed)

 家電業界は顧客無視の独りよがりの技術開発にふけった挙句低価格競争に陥った産業で日本代表でも何でもない技術の意味を勘違いしている◆日本はプレイヤーが多すぎる韓国は1997年の国家破産の時に産業政策として1業種1メーカという大胆な政策をとった結果経済規模では日本の五分の一において1社あたりの国内マーケットは日本よりも大きくなった◆日本は不幸の連鎖トヨタが性能の向上分だけ価格を上げて協力企業や素材メーカーにも分...全文を読む

PageTop▲

家計、企業、政府の破綻を狙う安倍政権

その他

2014.12.07 (Sun)

 相変わらず実質賃金が下がり続ける中で、さらに急速な物価上昇が続いており、私達の勤労家計を圧迫窮乏化しています。■日本株価は単に円安に連動。実際は下落強欲ごろつき政権が始めた、アベノミクスとやらの中軸である、黒田日銀の異次元金融緩和によってとどめなき円安が進んでいるためです。ごく一部の者たちは株価が上がっていると喜んでいるようですが。下の図を御覧ください。株価ドル建て(グラフは田村秀男氏によるものです。)マス...全文を読む

PageTop▲

高倉健

暮らし

2014.12.02 (Tue)

 高倉健が死んだ。高倉は福岡で育ち、父は炭鉱夫の取りまとめをしてした軍人だったという。自身は、マージャンや賭博などしなかったが、仁侠映画を中心に活躍。くやくざ役を好演し、ストイックなイメージを確立した。さて話は少し脱線し、やくざの話になる。YAKUZAは、海外でもとして認識されて久しい。日本のヤクザとして代表的なのは山口組だろう。ここまで拡大したのは、三代目の田岡一雄の采配があったからだと思う。田岡が行っ...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年12月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

日々

Author:日々
遮莫つまり、それはどうでもよいということなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。