更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 09

【  2014年08月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

ラジオは日本語を守る最後の砦 日本に必要なのは美しい日本語だ(久米宏)

その他

2014.08.31 (Sun)

 放送関係の雑誌に、パーソナリティの久米宏氏が「メディアと日本語」に関して書いていた。以下抜粋してみる。私は、TBSに入社して、ラジオで28年、テレビで18年、トータル46年間も放送に携わってきた。入社から10年間はラジオだけを、途中からテレビに携わるようになった。テレビで話すようになって、自分の言葉を伝えるために、我が儘を言って、実験的なことをいくつか行った。通常、ニュースや情報番組では、テレビカメ...全文を読む

PageTop▲

いまだからこそ 日本の政治は 高齢化に即した政策転換を

政治

2014.08.30 (Sat)

 アメリカでは、4、50十代の人が人生の問題で悩んでいると「それ、ミッドクライシス(中年の危機)ではないか」と指摘されるようだ。いまの日本も、経済成長から安定期に入り、人間でいう「中年の域」に差し掛かっている。体力や気力も落ちてきとり、若い頃のように、いくらがんばっても高度成長期(青年期)のような成長は見込めないと感じる。さらに、原発やダムなど、成長期に無茶をしたツケは、いま頃になって回ってきている...全文を読む

PageTop▲

二十一世紀における「戦後責任」について(大沼保昭)

政治

2014.08.09 (Sat)

 「靖国」問題、「慰安婦」問題などは、首相の靖国参拝、尖閣や竹島などの領土問題、政治家の発言や、中国、韓国での裁判判決などをきっかけに、しばしば再燃している。その度に中国や韓国では反日感情が高まり、日本ではそれの反発からか反中・反韓感情が高まる。欧米や東南アジアでは、こうした報道がなされるたびに、「戦争責任を認めようとせず、謝罪もしていない日本」という不正確な日本のイメージが一人歩きし、日本への批判...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年08月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

日々

Author:日々
遮莫つまり、それはどうでもよいということなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。