更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 03

【  2014年01月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

新興国通貨危機問題の裏側

政治

2014.01.28 (Tue)

 アメリカは過去にドル安やドル建て資産(米国株、ドル債権)が値崩れしそうになると新興国通貨や国債などを攻撃して、リスクオフでマネーを米国に集めることでそれを回避することに成功してきました。今回もQE縮小でドルのレパトリが起こり、新興国から米国にドルの巻き戻しがおこっているというシナリオを描きたいようです。そのため、1990年代後半のアジア危機との類似点が指摘されています。しかし、当時に比べて、新興国は外貨...全文を読む

PageTop▲

アメリカ 日本に「余剰プルトニウム返却せよ」と要求(共同通信)

その他

2014.01.28 (Tue)

 共同通信が「日米原子力協力」の今後を予見するかのような重大記事を掲載した。このことは都知事選の争点になってしまった「脱原発」の実現可能性に大きな影響を与えるのでここでお知らせしたい。それは日本がアメリカから預かっている余剰プルトニウムの取り扱いに関する記事である。◆プルトニウム:米国 日本に提供の300キロ返還要求毎日新聞 2014年01月26日 19時49分(最終更新 01月26日 21時52分)核物質や原子力施設を...全文を読む

PageTop▲

金地金不正操作めぐるドイツの復讐

政治

2014.01.23 (Thu)

 ロンドンやニューヨークなどで行われている金地金の国際市場と、世界的な為替市場において、米欧の大手銀行が、談合による相場の不正操作を、何年(何十年?)も前から続けていた疑いが濃くなり、EUや英米の政府当局が捜査を行っている。 (How London's gold and silver price benchmarks are 'fixed')1月16日、ドイツ政府の連邦金融監督庁(Bafin)のケーニヒ長官がフランクフルトで行った講演で「金地金と為替の国際市場...全文を読む

PageTop▲

市民から市民へ 脱原発運動における主役の交代劇としての都知事選

政治

2014.01.22 (Wed)

 さる14日に細川護煕元首相が急遽、都知事選出馬を小泉純一郎元首相とともに表明して今日で一週間。陣営は未だに主な公約を出していないが、脱原発派の市民グループが態度表明を行い始めた。原発国民投票などを呼びかけていた、ジャーナリストの今井一(いまいはじめ)氏のツイートによると、脱原発市民運動は今回の都知事選、細川支援グループと、宇都宮支援を表明するグループに二分されつつある。今井氏によれば、細川氏を推す...全文を読む

PageTop▲

【TTP】モンサントGMO種子特許訴訟 最高裁判決は 農家が一方的に敗訴

暮らし

2014.01.16 (Thu)

 アメリカ最高裁は、遺伝子組み換え種子特許と、畑が故意ではなく、モンサント製品によって汚染された農家を訴える同社の資格に関する巨大バイオテク会社モンサントの主張を支持した。農芸化学企業の遺伝子組み換え種子の特許に対する強引な主張に異議を申し立てることを狙った、 2011年の「有機種子栽培者・事業者団体」と他の80人以上の原告による対モンサント訴訟を却下した、月曜の連邦控訴裁判所判決に、最高裁判所は手を触れ...全文を読む

PageTop▲

アメリカの帝国主義的政策とアジア“回帰”

政治

2014.01.15 (Wed)

 ウォール・ストリート・ジャーナルの編集者連中は大半の連中よりひどい。彼等はワシントンの帝国主義的政策を支持している。連中は「力は正義なり」を奉じている。1月2日、”沖縄における勝利”という見出しの下、彼等はこう書いている。“…日本の当局は、戦略的に重要な沖縄にある航空基地をアメリカ軍が移転するのを容認するのだ”“これは、地域における脅威の再発に対する、民主的現実主義の勝利だと考えよう。”アメリカの駐留こそ...全文を読む

PageTop▲

靖国カルト集団による 満州国化する日本

その他

2014.01.13 (Mon)

 8日の京大人文科学研究所長、山室信一教授の「『満州国化』する日本」という談話には引き込まれた。皇帝、国歌、国旗を揃えていても満州は立派な傀儡国家だった。それをつくりあげた功績者の一人が現首相の祖父だ。そして、孫は、祖父が外国に傀儡国家を設立したのに見習って、日本を宗主国が取り戻すのをお手伝いして、完璧な傀儡国家にしようとしている。と、何度も繰り返し書いてきた。つまり、日本の完全満州化推進中だと。「...全文を読む

PageTop▲

アメリカに洗脳された元東大教授が主導する民法改正の狙い

政治

2014.01.06 (Mon)

 日本ではいま、年次改革要望書に代わって登場した、日米経済調和対話という新しい枠組みと、TPP交渉という、アメリカ主導の対日経済政策が進められています。農業関税分野がもっぱら取り上げられるTPP交渉に国民の目が釘付けになっている間に、日米の間では重要なアジェンダが進行中です。それが民法改正の議論です。民法改定は、アメリカに迎合する法務省官僚によって推し薦められており、日本の民法(具体的には総則と債権...全文を読む

PageTop▲

TPPのISDS条項は最悪 シェブロンが環境汚染裁判で95億ドル支払いで結審 しかし悪徳弁護士を雇い入れ逃亡 

政治

2014.01.06 (Mon)

 ...全文を読む

PageTop▲

前月     2014年01月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

日々

Author:日々
遮莫つまり、それはどうでもよいということなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。