更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 11

【  2013年10月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

悪政競う自民党  農業潰しがヒートアップ!  

暮らし

2013.10.29 (Tue)

 自民党は、減反政策を見直し、各種補助金を廃止すると言い出しました。反面、大規模農家は「育成」し競争力をつけるだそうです。一見、もっともらしいようにも聞こえますが、とんでもない政策です。日本の農業を潰してしまって、何故、将来の日本があるというのでしょうか。補助金制度が、農家の活力を削いでいるとか、やる気のない農家をつくり出している、甘やかしているなどという主張がありますが、とんでもないことです。農家...全文を読む

PageTop▲

アメリカが指名する「将来の日本国総理大臣」による異色本

その他

2013.10.28 (Mon)

 この「『活米』という流儀」という本は、 米国で安全保障論を専門に学んだ副大臣経験者が書いたという点で、異色な本である。日本の安全保障についていかなる考えを持っている人でも、この本の主張に同意するかは別にしても一読の価値はある。著者である長島昭久は、自ら「リアリズム」という米国の安全保障の理論枠組みが、自分の立脚点である、とこの本で述べている。リアリズムというのは、世界というのは世界を統一して管理す...全文を読む

PageTop▲

秘密保全法制の問題点(日本弁護士連合会)

その他

2013.10.28 (Mon)

 秘密保全法制は、具体的に何か問題なのでしょうか。 ◆プライバシーの侵害報告書では、「特別秘密」を取り扱う人のプライバシーを調査し、管理する「適性評価制度」というものが提案されています。 調査項目は、住所や生年月日だけでなく、外国への渡航歴や、ローンなどの返済状況、精神疾患などでの通院歴…等々、多岐に渡ります。秘密を取り扱う人というのは、国家公務員だけではありません。地方公務員も当然に含まれますし、一部...全文を読む

PageTop▲

ゴールドマン・サックスやクレディ・スイスなどが 金を売る理由

その他

2013.10.28 (Mon)

 ゴールドマン・サックスやクレディ・スイスなどのユダヤ資本系・欧米金融資産家たちの金の売る理由は概ね共通しています。クルーグマン、ルービニなどの米民主党とFRBの御用学者、金融資本の支配下にあるほとんどのマスメディアが挙げる理由もほぼ同じです。日本でも、日経新聞、欧米の通信社をソースにするほとんどのマスコミ、独自の分析力を持たない末端の中小企業である先物業者のアナリストたちが、長いものには巻かれろとい...全文を読む

PageTop▲

"金融界のスノーデン"が内部告発 これが米ドル崩壊シナリオ

政治

2013.10.23 (Wed)

 ●世界銀行元内部者~ドルは価値がない。クラッシュ目前(1)●世界銀行元内部者~ドルは価値がない。クラッシュ目前(2)世界銀行の元上級顧問が米国財政の内幕を"暴露"した。発言が話題になっているのは、世銀で法律部門の上級顧問を務めていたカレン・ヒューズ-氏。最近はロシアのテレビ番組に出演し、「なぜ米政府機能が停止したのか」を解説した-。世界の注目を集めている。内容はこんな調子だ。「オバマケアや債務上限の問題...全文を読む

PageTop▲

世界の富を買い占める中国投資有限責任公司というヘッジファンド

政治

2013.10.21 (Mon)

 中国の外貨準備高は世界最大で、現在3兆6600億ドル(約360兆円)です。この金額は、日本の3倍近い規模があり、中国を除く世界のヘッジファンド総運用資産(2兆4100億ドル)を凌駕しています。この巨額の外貨準備は、輸出と為替介入によって積み上げてきたものです。アメリカに金を貸すことでアメリカの個人消費を支えてきた中国ですが、これが中国の輸出を牽引し高度成長を可能にしました。日本の高度経済成長のモデルを参考にした...全文を読む

PageTop▲

新潟県の泉田知事を 山上秀明東京地検特捜部長の毒牙にかけてはならない

その他

2013.10.18 (Fri)

 原発立地県の知事は命がけだ。「20人の識者が見た『小沢事件』の真実」の佐藤栄佐久インタビューから次の標的として特捜検事は間違いなく新潟県知事を狙っていると警告するここ数年の政治家小沢一郎の失墜については、「前半は間違いなく権力謀略によって遂行されたが、後半は支持者は彼を追い詰めた」という認識だ。何より、小沢自身が震災復興の前面に岩手県の政治家として前面に立たなかった(というか、「視える政治」として...全文を読む

PageTop▲

アメリカ国家崩壊で 米地方分権自治の優等生 テキサス州の独立が現実味 

政治

2013.10.17 (Thu)

 テキサス州へようこそテキサス州に余計なちょっかいは出さないでくれるかな1:テキサス州の住人は武器を隠し持ってる2:もし君が誰かを殺したりしたら、殺しちゃうぞ3:テキサスの人間は銃撃戦が大好き。これはテキサス州の伝統4:テキサス州には刑務所が120か所ある。滞在を楽しんでくれアメリカのなかで財政破綻が続く、デトロイトやカリフォルニア州などと比べて、テキサス州は最も、経済、産業など堅調な州のひとつです...全文を読む

PageTop▲

2015年1月 巨大な金融経済の大崩れで 世界は震撼する

政治

2013.10.17 (Thu)

 世界は新しい段階に入った。 これで、これまで、アベノミクスで浮かれ騒いでいた、経営者、投資家、自営業者たちが、「あれ。おかしなことになってきたな」と慌てだした。エセ金融専門家たちは、「日本株の 第4派の大きな上げの波が始まりますよ」と、5月23日の1400円の暴落のあと、やせ我慢で言ってのけた、金融ライターも、今は、内心、恥じて、虚勢を張るしかないだろう。 アメリカの株と債券(国債)が、小さな暴落...全文を読む

PageTop▲

金相場からみる 国際金融資本家たちの思惑 共通の利害はドルの価値温存

その他

2013.10.11 (Fri)

 世界の資本は、国際金融資本家たちが独占しています。 国際金融資本家を代表する、債券投資家にしろ、株式投資家にしろ、ゼロサム・ゲームの金融市場で、ポートフォリオこそ違うが、オンライン・トレーディングゲームというカジノをやっています。かれらにとって共通の利害はドルの価値の維持です。ドルが暴落したら、株でも債券でもリスク回避は分散しても望めません。アメリカの財政問題でドルが暴落すれば、彼らは首をくくるし...全文を読む

PageTop▲

常軌を逸した米国の政治劇、ドル基軸体制終焉へ(1)

その他

2013.10.11 (Fri)

 オバマ大統領・民主党はメンツにこだわる一方で、健全財政に対する認識が欠落しているため、結局のところ落としどころは名ばかりの歳出削減策でお茶を濁して、政府機関の運営を再開、債務上限を引き上げることになる可能性が高い。これでは目先のデフォルトは避けられても、本当の財政問題の改善にはつながらず、いずれ行き詰まる。その時までにはさらに不均衡は拡大しており、その調整圧力は一段と大きくなる。既に株式バブルは限...全文を読む

PageTop▲

国際金融資本家たちが守るドル

政治

2013.10.11 (Fri)

 ◆国際金融資本家たちは、世界の資本を独占しています。 かれらはゼロサム・ゲームの金融市場で毎日のようにカジノをやっています。債券投資家にしろ、株式投資家にしろポートフォリオこそ違えぞ、大量に印刷されたドルが元手のゲームです。ドルが暴落したら、株でも債券でもどのように分散しても同じです。かれらにとって共通の利害はドルの価値の維持です。アメリカの財政問題でドルが暴落すれば、彼らは飛びます。PIMCOなどのヘ...全文を読む

PageTop▲

TPP交渉ニッポン やはりコメ、麦、牛豚肉・・農産5項目守れず! 最後は食品添加物、保険制度、医薬品、著作権など全てに

その他

2013.10.10 (Thu)

 インドネシア・バリ島で開かれていた環太平洋経済連携協定(TPP)の首脳会合がきのう8日(2013年10月)閉幕した。年内妥結の目標を確認したが、「大筋合意」には至らなかった。いったい何がどうもめているのか。「朝ズバッ!」が林芳正農水相に細目を聞いたが、答えは「公表できません」だった。◆内閣官房も農水相も「細かいことは公表できません」「知的財産」ではアメリカと新興国がぶつかっている。日本はいわずと知れた農業だ。...全文を読む

PageTop▲

軍事費削減の米国 無人偵察機や対潜哨戒機を日本に配備(ワシントンポスト)

その他

2013.10.05 (Sat)

 ●Agreement will allow U.S. to fly long-range surveillance drones from base in Japan来年の春、アメリカ空軍が長距離無人偵察機のグローバル・ホーク2、3機を日本へ配備すると日米当局者は語ったようだ。グアムのアンダーセン空軍基地には配備済みだが、そこからだと距離がありすぎ、東アジアを偵察する場合、その活動内容が制約されてしまうからだという。12月には新型の対潜哨戒機P-8(ポセイドン)も日本へ持ち込むほか、航...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年10月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

日々

Author:日々
遮莫つまり、それはどうでもよいということなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。