更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08

【  2013年07月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

貿易の面から、日本国内の雇用創出に最も貢献している国は、中国がダントツの1位である

政治

2013.07.08 (Mon)

 かつて日本にとって最大の貿易相手国はアメリカでしたが、しかしそれもいまは昔の話であり、ここ数年、日本にとって最大の貿易相手国は中国です。ところが、この問題について、経済学者や金融アナリストなどの紋切型同盟は、まったく事態を正確に把握していません。彼らは、貿易を国の問題として考えるばかりで、つまり黒字であるか、赤字であるかという貿易収支の面から考えるだけで、これを雇用の面からは捉えてきませんでした。...全文を読む

PageTop▲

どれだけ大手メディアの取材を受けても 私の声はいつも編集され その真意が伝わらない。(フィフィ)

政治

2013.07.05 (Fri)

 エジプト情勢が見えてこないのは、マスメディアがまともな解説を紹介しないからだ。どれだけ大手メディアの取材を受けても、私の声はいつも編集されその真意が伝わらない。私への取材は公平を見せるための形に過ぎない。使命感より目先のマンマを優先せざるを得ない記者には同情する。過密なスケジュールの中、なんとか他局の会議室を借りて一時間以上の取材をしてオンエアはたったのふたこと。しかも全く意味のないボヤキを放送で...全文を読む

PageTop▲

米・英・カナダ・豪・NZ・英語圏5カ国の盗聴傍受組織 エシュロンの恐怖

政治

2013.07.03 (Wed)

 写真は三沢基地(青森)のエシュロン受信基地。 『エシュロン』とは、世界中の電話、電子メール、ファクシミリ、短波無線、海底通信ケーブル、衛星通信を傍受する秘密作戦名です。英米など英語圏5カ国が参加する通信傍受(盗聴)機関「エシュロン」を調べてきた欧州会議エシュロン特別委員会は、「エシュロンによる通信傍受は人権やプライバシーを侵害する」という最終報告書を賛成多数で可決した。(7月4日 What New より)■エ...全文を読む

PageTop▲

世界王者の女性ボクサーは元脱北者 奇跡の陰に悲惨な現実

政治

2013.07.03 (Wed)

 2月24日の満月の夜、22歳のチェ・ヒョンミさんは韓国の首都ソウルで、韓国市民17人と共に大統領就任祝賀行事に参列した。同国で11人目の大統領に就任する朴槿恵氏が任期5年の門出を祝うために選んだ18人は、新大統領誕生の25日午前0時に合わせて普信閣(宝物指定)の鐘を突いた。 2004年に北朝鮮から家族と一緒に逃れ、「脱北女子ボクサー」として有名になったヒョンミさんにとって、この式典は記念すべき出来事だったとブルー...全文を読む

PageTop▲

エドワード ・ スノーデンの声明 (trought WikiLeaks)

政治

2013.07.02 (Tue)

 (要約)1 週間前、私の身の安全と自由が脅威にさらされていたことが明らかになった後、香港を後にしました。その後、いままで会ったことがない友人や多くの方に身を委ねました。彼の私に寄せる信頼は、私の人生の中で最高のものであり、とても感謝しています。今後は、彼らの信頼に応えたいと思っています。オバマ大統領は、私の保護支援した国家に対して、圧力を加えないよう公言しました。しかし裏では、副大統領に真逆のことを...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年07月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

日々

Author:日々
遮莫つまり、それはどうでもよいということなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。