更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02

【  2013年01月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

けんかのやり方で見る各国の国民性=「日本は米に殴ってもらう」

暮らし

2013.01.19 (Sat)

 かつてインターネットで、世界各国の国民性をけんかに例えたものが出ていた。以下はその内容。 アメリカ人:殴りたいやつを殴る。 イギリス人:アメリカが殴ったやつを殴る。 ロシア人:自分の悪口を言ったやつを殴る。 フランス人:殴られたら殴り返す。 日本人:殴られたら、アメリカに殴り返してもらう。 イスラエル人:自分を殴りたいと思っている奴を殴る。 韓国人:殴られたら、アメリカと合同演習をする。 北朝鮮人:誰かに...全文を読む

PageTop▲

日本の治安の良さと 日本政府が封印した凶悪暗殺犯 (2万体検視監察医日記より)

暮らし

2013.01.07 (Mon)

 テレビや新聞は、連日のように凶悪事件報道を行っている。そのせいか、我々は知らず知らずのうちに、体感治安感が高まり、「日本の治安は悪く、年々凶悪犯罪が増えている。警察は犯罪者をどんどん捕まえてくれ」という認識をもたされている。しかし本当に日本は、テレビや新聞での報道されているような犯罪大国なのだろうか。実は、2011年の日本国内の殺人事件認知件数は1051件である。この数はアメリカの10分の1、EU...全文を読む

PageTop▲

インテリジェンス力 それは生き残るための術である(佐藤優)

政治

2013.01.02 (Wed)

 私の両親の人生には、戦争が色濃く影を落としている。太平洋戦争の狭間で、父は二十歳のとき、母は十四歳のときに、一度死んだという意識を強く持ったという。その後の人生は、二人にとって余生だったようだ。母からは、「きちんとした教育を受けていると判断力がつく。国は国民を騙す。国に騙されないようにするためには、自分自身で身分の身を守るしかない」と話した。彼女は、沖縄戦で逃げ惑う中、隠れ潜んだガマの中に、東京外...全文を読む

PageTop▲

前月     2013年01月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

日々

Author:日々
遮莫つまり、それはどうでもよいということなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。