更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2012 081234567891011121314151617181920212223242526272829302012 10

【  2012年09月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

アルバート・パイクの予言 第三次世界大戦は、中国のバブル崩壊と同時に、アメリカが中国に侵攻か!!

政治

2012.09.27 (Thu)

 軍人、弁護士、作家として活躍していたアルバート・パイクは、 1857年、秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)に登り詰めた。KKK団を創設、そして「黒い教皇」と呼ばれるようになった。1871年、彼は、イタリア建国の父ジュゼッペ・マッチーニ宛にこれから起こりうる恐るべき「未来計画」書簡を送った。手紙には、 「世界を統一するためには、今後3回の世界大戦が必要である」と書いてあり、 「1回目はロシア...全文を読む

PageTop▲

「反日運動」の元凶!中国中央宣部の恐るべき実態!元北京大学・集国標氏告発

政治

2012.09.15 (Sat)

 元北京大学副学長・集国標氏によると90年代末に突如として起こった中国の「日本」と「日本人に対する憎悪の感情」は、実は中国中央宣伝部(中宣部)の指揮により行なわれていたことが、明らかになった。「反日運動」のきっかけは、ごく些細なある出来事がきっかけで、個人的感情のもつれだったという。1998年11月、江沢民国家主席がはじめて訪日した。中国は、将来的な自国経済飛躍をはかるために、日本と中国との関係を盤...全文を読む

PageTop▲

中国国防省の脅しと戦後最大の危機

政治

2012.09.12 (Wed)

 中国国防省の耿雁生報道官は以下のような発言をして日本を脅してきています。『われわれは事態の推移をよく注視し、相応の措置を取る権利を留保する』『日本はさまざまな口実を使って軍拡をして、釣魚島(尖閣諸島)問題でいざこざを起こしてきた。中国の政府と軍隊の領土・主権を守る決意と意思は固く揺るぎない。』この発言のポイントは「留保する」という部分です。これは外交的用語であり、この外交的言葉の次には、外交・民間...全文を読む

PageTop▲

石井紘基を念う。

その他

2012.09.09 (Sun)

 2009年7月21日、民主党が政権を取った時の公約が1)ムダづかい/天下りとムダづかいをなくし、税金を国民の手に取り戻します。国の総予算212兆円を全面組み替え。国民生活を立て直す財源を生み出します。2)年金・医療/年金、医療、介護の不安をなくし、生活を安定させます。「年金通帳」で消えない年金。後期高齢者医療制度は廃止します。3)子育て/子育ての心配をなくし、みんなに教育のチャンスをつくります。1人あた...全文を読む

PageTop▲

日本の有罪判決率はなぜ高いのだろうか

暮らし

2012.09.07 (Fri)

 冤罪事件の本を読んで、日本の有罪判決率が99.8%を越えていることを知ったときは、いくら警察が優秀とはいえ、ちょっと高すぎるなと思った。調べてみると不起訴処分が多いとわかって納得したが、その時デイビッド・T・ジョンソンの「アメリカ人のみた日本の検察制度」を読んだのでその感想を中心に書いてみたい。■検察官の判断、その実態19年度の犯罪白書が法務省から発表されているが、その中の「第2編 犯罪者の処遇」で起訴...全文を読む

PageTop▲

前月     2012年09月       翌月

Menu

最新記事

プロフィール

日々

Author:日々
遮莫つまり、それはどうでもよいということなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。