その他

【 その他 】 記事一覧

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

安倍晋三が今後どこへ進むかの アメリカの指示書をご紹介

その他

石原慎太郎の「尖閣購入発言」のお膳立てをし、日中関係の悪化と安倍政権誕生によるナショナリズムの高揚が「日米同盟の健全性維持のために死活的に重要な数項目の政策目標を達成する絶好の機会である」と記したヘリテージ財団の「クリングナー論文」。

こちらをお読みいただければ、今年1年、日本政府がいかに米国の指示通りに動いてきたか、そして日中間の対立が深まることが米国の「政治的目的を達成する絶好の機会」であるとして、笑いをかみ殺している様子が、手に取るようにお分かりいただけるかと思う。

ヘリテージ財団レポート
(”BACKGROUNDER” 第2743号(2012年11月14日発行))
「米国は日本の政治的変化を利用して同盟を深化させるべきである」
ブルース・クリングナー(ヘリテージ財団アジア研究所北東アジア上席研究員)

【レポート原文はこちら(英文)】

●要約

 時期は定かでないが、来年、再び日本国民に政界再編の機会が訪れる。3年前に民主党が政権を握った時、多くの国民は、そうした改革がすぐに行われると思っていた。しかし、民主党は選挙公約を具体的に実行して改革を実現することができず、結果的に、政権交代を求めた日本国民の要求は満たされないままとなっている。

 世論調査に従えば、保守系の自民党が次期総選挙で第一党になり、党首の安倍晋三元首相が日本の次期首相に選ばれることになりそうだ。安倍氏の外交姿勢が保守的であり、日本国民のあいだに中国への懸念が広がりつつあるという状況は、米国政府にとって、日米同盟の健全性維持に死活的な数項目の政策目標を達成する絶好の機会である。

Abstract: On December 16, the Japanese people will once again have an opportunity to reshape their nation’s political landscape. To many, such reform seemed imminent three years ago, when the Democratic Party of Japan (DPJ) swept into power. Yet the DPJ was unable to turn campaign promises into concrete reforms, and as a result, the Japanese public’s desire for political transformation remains unsatisfied. Polls indicate that the conservative LDP will gain a plurality and choose LDP President and former Prime Minister Shinzo Abe as Japan’s next prime minister. Abe’s conservative foreign policy views and the Japanese public’s growing concern over China provide an excellent opportunity for Washington to achieve several policy objectives critical to the health of the U.S.–Japan alliance.

●キー・ポイント

①2009年の総選挙によって日本の政権交代は実現したが、民主党は選挙公約を具体的に実行して改革を実現することはできなかった。結果として、政権交代を望む日本国民の声は根強く残っているが、どの政党も国民の信頼をほとんど得ていない。

①The 2009 elections may have changed Japan’s political leadership, but the DPJ was unable to turn campaign promises into concrete reforms. Consequently, the Japanese public’s desire for political transformation persists, and there is little public confidence in any political party.

②日本の次期首相は、景気の低迷、膨れあがる公債残高、少子化、高まりつつある中国と北朝鮮からの安全保障上の脅威、そして薄れゆく国際的影響力など、いくつもの難題に直面する。

②The next Japanese leader faces several daunting challenges: a stagnant economy, staggering public debt, deteriorating demographics, growing security threats from China and North Korea, and fading international influence.

③中国の地政学的な挑発が続いていることを受けて、日本国内にナショナリズムが台頭しつつある、その影響は、日本の政界再編に、またおそらくは来る総選挙にも及ぶ可能性がある。

③China’s continued geopolitical aggression is fueling a rising nationalism throughout Japan, reshaping the Japanese political landscape and, potentially, the coming election.

④世論調査に従えば、保守系の自民党が次期総選挙で第一党になり、党首の安倍晋三元首相が次期首相に選ばれることになりそうだ。

④Polls indicate that the conservative LDP will gain a plurality and choose former Prime Minister Shinzo Abe as Japan’s next prime minister.


⑤安倍氏の外交姿勢が保守的であり、日本国民のあいだに中国への懸念が広がりつつあるという状況は、米国政府にとって、日米同盟の健全性維持に死活的な数項目の政策目標を達成する絶好の機会である。

⑤Abe’s conservative foreign policy views and the Japanese public’s growing concern over China provide an excellent opportunity for Washington to achieve several policy objectives critical to the health of the U.S.-Japan alliance.

●本文

 3年前、民主党は、50年間続いた自民党政権がもたらした政治的停滞に対する国民の怒りに乗じて政権を奪取した。しかし、その喜びもつかの間だった。民主党は、財政の実情からその非現実的経済公約を放棄せざるを得ず、中国と北朝鮮からの脅威の高まりを受けて、甘い外交姿勢を転換させるに至った。経験不足と不祥事に悩まされ、民主党は自民党と同様に政治的無能をさらけ出し、矢継ぎ早の首相交代という轍を踏んだ。実際、民主党初の首相は1年を経ずに辞任し(後任は15か月しかもたなかった)、有権者は民主党に背を向け、自民党の参議院での復権を許した。

Three years ago, the Democratic Party of Japan (DPJ) swept into power, riding a wave of public anger over the political stagnation created by 50 years of uninterrupted rule by the Liberal Democratic Party (LDP). The euphoria was fleeting, however. Fiscal realities forced the DPJ to abandon its unrealistic economic promises, and growing threats from China and North Korea promoted the party to reverse its naïve foreign policy. Plagued by amateurism and wracked with scandals, the DPJ proved to be as politically inept as the LDP and suffered a similarly rapid turnover of prime ministers. Indeed, within a year, the DPJ’s first prime minister had resigned (the second prime minister lasted only 15 months), and voters turned on the party, returning control of the upper house to the previously discredited LDP.

 民主党はその失策によって、次期衆院選で総理大臣のポストと衆議院の過半数を失うことがほぼ確実である。選挙の日程はまだ確定していないが、2013年8月末までには実施されるはずである(訳注:本稿の発行日は11月14日)。野田佳彦首相は、解散日の設定を可能な限り先延ばしにして、瀕死の民主党をどうにか立て直そうとするだろう。自民党は、このような時間稼ぎに対抗して、立法府運営の膠着を武器に選挙の早期実施を余儀なくさせようとするはずである。

As a result of its failed agenda, the DPJ will almost certainly lose the lower house and prime ministership during the next lower-house election. Though the exact date of the election remains uncertain, it must be held before the end of August 2013. Prime Minister Yoshihiko Noda will avoid setting a date as long as possible, hoping to—somehow—resurrect his moribund party. In response to such delay, the LDP will threaten legislative stalemate to force an earlier election.

 世論調査に従えば、保守系の自民党が次期総選挙で第一党になり、党首の安倍晋三元首相が日本の次期首相に選ばれるという見通しが強い。安倍氏の外交姿勢が保守的であり、日本国民のあいだに中国への懸念が広がりつつあるという状況は、米国政府にとって、日米同盟の健全性維持に不可欠な数項目の政策目標を達成する絶好の機会である。

Polls indicate that the conservative LDP will gain a plurality and choose LDP President and former Prime Minister Shinzo Abe as Japan’s next prime minister. Abe’s conservative foreign policy views and the Japanese public’s growing concern over China provide an excellent opportunity for Washington to achieve several policy objectives critical to the health of the U.S.–Japan alliance.

 米国政府は長きにわたって、日本が自国の防衛により大きな役割を担うこと、さらに海外の安全保障についてもその軍事力・経済力に見合う責任を負担することを求めてきた。日本が防衛費支出を増大させ、集団的自衛権行使を可能にし、海外平和維持活動への部隊派遣に関する法規を緩和し、沖縄における米海兵隊航空基地代替施設の建設を推進することになるとすれば、米国にとって有益なことである。

Washington has long pressed Japan to assume a greater role in its own defense while adopting overseas security responsibilities commensurate with its military and economic strength. It would be beneficial for the United States if Japan were to increase its defense spending, enable collective self-defense, adopt less restrictive rules of engagement for forces involved in overseas peacekeeping operations, and press forward on building a replacement U.S. Marine Corps airbase on Okinawa.

●日本の有権者は依然として強力なリーダーシップを求めている

 2009年の総選挙によって日本の政権交代は実現したが、民主党は選挙公約を具体的に実行して改革を実現することはできなかった。結果として、政権交代を望む日本国民の声は根強く残っているが、どの政党も国民の信頼をほとんど得ていない。依然として、最も支持を集める候補者は「無所属」である。こうした幻滅から生じた政治的空白に乗じようとしているのが、橋下徹大阪市長の「日本維新の会」である。

●Japanese Electorate Still Longing for Leadership

Although the 2009 elections may have changed Japan’s political leadership, the DPJ was unable to turn campaign promises into concrete reforms. Consequently, the Japanese public’s desire for political transformation persists, and there is little public confidence in any political party: The most popular candidate remains “none of the above.” This disenchantment has created a political vacuum that Osaka Mayor Toru Hashimoto is seeking to exploit with his Nippon Ishin no Kai (Japan Restoration Party—JRP).


●民主党

 野田首相が党首を務める民主党は破滅寸前である。まもなく奈落に真っ逆さまとはつゆ知らず、空中に立つコヨーテ(訳注:漫画のキャラクターWile E. Coyote)のようだ。民主党は存続するだろうが、マスター・プランが大失敗であることが判明して足かせとなるのも、コヨーテと同じである。

 尖閣諸島を巡る日中の対立が問題となったのは2010年だが、その頃には、すでに民主党は公約に掲げていた外交および安全保障政策を放棄していた。例えば、民主党はもはや日米同盟を批判することはせず、対中融和、米国抜きの東アジア・コミュニティの創設、そして米海兵隊の普天間飛行場の沖縄県外移設も提唱しなくなっていた。民主党は、対抗すべき自民党の外交政策を事実上受容してしまったのである。

 民主党の経済公約も似た運命をたどった。例えば、2009年の選挙戦で民主党は高齢者への年金および医療給付の増額、ならびに4年間の増税回避を公約に掲げたものの、選挙に勝利した後に給付の約束を反故にしたばかりか、野田首相は2011年にならないうちから消費税を5%から10%に倍増することを提案するようになっていた。また、追加徴税分は全額社会保障制度の安定化に充当し、政府部門を拡大する目的には使用しないことを約束した。

 不人気の増税法案を推し進めることで、野田氏は民主党政権の墓穴を掘った。川内博史民主党議員が述べたように、「[自民党政権下での]年金問題と社会保障に対する国民の不信と民主党の提案があったから、民主党は政権に就けた。[それが今や]民主党が自民党と化してしまった」のである。

●Democratic Party of Japan.

Like Wile E. Coyote standing in mid-air, blissfully unaware of his impending plummet, Prime Minister Noda is ruling over a party teetering on the brink of disaster. The DPJ will survive, but the party, like Wile E., will be hobbled with its master plan, which has proven to be a colossal failure.

By the time of Japan’s confrontation with China over the Senkaku Islands in 2010, the DPJ had jettisoned the foreign and security policies on which it had campaigned. For instance, the party no longer criticized Japan’s alliance with the United States, nor did it advocate embracing China, creating an East Asian Community without Washington, or moving the U.S. Marine Corps airbase at Futenma off of Okinawa. The DPJ, for all intents and purposes, had embraced the foreign policy of its LDP rival.

The DPJ’s economic promises would meet a similar fate: During the 2009 campaign, for example, the DPJ pledged that it would increase pension and medical benefits for the elderly and avoid any tax increases for four years. Yet after winning the election, the DPJ abandoned its benefits pledge, and by 2011, Prime Minister Noda was proposing to double the consumption tax from 5 percent to 10 percent. He also promised that all of the additional revenue would be devoted to stabilizing the troubled social security system and not to increasing the size of the government.

By pushing the unpopular tax, Noda dug the DPJ’s political grave. As DPJ Diet Member Hiroshi Kawauchi stated, “the public’s distrust of pensions and health care [under the LDP] and our proposals were what brought us to power [but now] the DPJ has turned into the LDP.” Aside from its continued loss of public support, the DPJ is also suffering from defections in its ranks: Over 70 lawmakers have fled the party, citing differences with Noda over raising the consumption tax or resuming operations at the Oi nuclear power plant.


●野田首相の驚くべき大胆さと有能さ

 野田首相の支持率は急落しているが、皮肉なことに、野田首相が、実際に指導する勇気を持った日本の指導者として例外的な存在であることは明らかである。野田首相は、自民党・民主党の5人の前任者よりはるかに有能だった。

 野田首相が2011年3月の地震、津波、そして原発事故という3つの惨事の直後に就任したことを考慮すると、その業績は見事と言わざるを得ない。国民がさらなる原発事故の発生を恐れたため、日本の電気消費量の30%を供給していた原発のすべてを停止することになったのである。

 野田首相の政治的手腕もまた予想をはるかに超えていた。例えば、2012年初頭に、日本のメディアは彼の政治的短命を予測したが、野田首相は政敵に打ち勝ち,物議を醸した法案の採決を押し切ることができた。さらに、民主党内部からの激しい抵抗と野党の議事進行妨害に直面しながらも、消費税増税法案を成立させることに成功した。また、日本が以前から約束していた武器輸出原則の緩和を実現し、米国政府を説得して二国間防衛協定を改定して米海兵隊普天間飛行場代替施設建設問題の進展という在沖縄米軍5基地返還の前提条件を切り離すことができた。

●Noda: Surprisingly Bold and Effective.

Noda’s plummeting approval rating is ironic since he has proved to be an anomaly: a Japanese leader with the courage to actually lead. He has been far more effective than any of his five predecessors from either major party.

Noda’s accomplishments are even more impressive considering that he assumed office shortly after the March 2011 disaster trifecta of earthquake, tsunami, and nuclear catastrophe. Public fear of additional nuclear disasters led to the shuttering of all Japan’s nuclear reactors, which had supplied 30 percent of the country’s electricity.

Noda also proved to be far more politically adept than expected. In early 2012, for instance, the Japanese media predicted his imminent political demise, yet he was able to outmaneuver his political opponents and push through controversial legislation. Furthermore, despite fierce opposition from within his own party as well as an obstructionist opposition party, Noda won approval for the consumption tax increase. He also implemented Japan’s long-promised relaxation of arms export principles and convinced Washington to alter a bilateral defense agreement by delinking required progress on construction of the Marine Corps’ Futenma Replacement Facility prior to the United States returning five military bases on Okinawa.

●不人気なポピュリスト、小沢

 日本の政治の未来を語る際に驚くほど言及されない人物が、元民主党代表の実力者、小沢一郎氏である。「壊し屋」の異名を持つ小沢氏は、昔から、自らの当選確率を上げるためには自らが参画した政党や政策を見捨てることも厭わなかった。事実、小沢氏の唯一の一貫したイデオロギーは、その時点で有権者に最も人気がある選択肢であれば、中身がどうあれ頑なに信奉するということである。

 しかし、小沢氏の人気も、選挙への影響力とともに、衰弱の一途を辿っている。現時点でもなお49人の国会議員の支持を得ているとはいえ、この取り巻きの多くは次期衆院選で落選すると見られている一年生議員である。そのため、小沢氏は目下資金と支持集めに奔走している。同氏が新たに結党した「国民の生活が第一」は、次の選挙では10議席しか獲得できないかもしれない。

●Ozawa: The Unpopular Populist.

One political name that is surprisingly absent from discussion of Japan’s political future is former DPJ leader and kingmaker Ichiro Ozawa. Known as “the destroyer,” Ozawa has a long history of abandoning parties or policies he once championed if doing so increased his electability. In fact, Ozawa’s only consistent ideology has been to believe strongly in whatever is most popular with the voters at the moment.

But Ozawa’s popularity, along with his ability to influence elections, is dwindling. Although he still boasts the support of 49 Diet members, many of these allies are first-term lightweights expected to lose their seats in the coming election. Consequently, Ozawa is now scrambling for money—and relevance. His newly formed People’s Life First Party may end up with only 10 seats after the next election.


●自民党

 先月の総裁選の結果、自民党は安倍晋三氏を新総裁に選出した。世論調査では、石破茂元防衛大臣、石原伸晃自民党幹事長に次ぐ3位であったため、安倍氏の勝利は驚きを持って迎えられた。第一回投票の結果、安倍氏は、地方支部役員や党員にはるかに高い人気を博す石破氏に次いで二位となった。国会議員のみが投票する決選投票で、安倍氏は派閥政治と人間関係のあやによって勝利を収めた。

 石破氏が自民党総裁に選出されていたとしたら、来る総選挙での自民党の勝算は高まっていたかもしれない。安倍氏は国民には依然として非常に不人気である。有権者は、安倍氏が総理在任わずか1年で突然無責任とも取れる辞任の仕方をしたことに、まだ怒っているのだ。実際、2007年の参院選と2010年の衆院選における自民党の惨敗の責任を彼に求める声も大きい。

 2012年の総裁選における勝利の後、安倍氏は、尖閣諸島に関して中国に対して毅然とした態度を取ること、米国との同盟を強化すること、そして日本がより大きな安全保障上の責任を引き受けることを宣言した。これらの問題に対する安倍氏の姿勢は、日本国内におけるナショナリズムの広がりと同調するものである。しかし、一部の有権者は、日本の最大の貿易相手国である中国に対して、安倍氏が度を超した対決姿勢を取ることを懸念している。

 こうした懸念に道理がないわけではない。安倍氏は、前回の首相任期中、第二次大戦において日本軍がアジア女性を慰安婦として強制連行したことを否定し、また歴史教科書への日本の戦中行動の過小表記を可能とする法案成立を強行したことで、中国および韓国との関係に緊張を招いている。しかし一方で、安倍氏は、前任者の小泉純一郎氏がしたような靖国参拝を行わず、自身の最初の公式訪問先を中国とすることで自制を示している。

 2012年の総裁選で勝利を収めた後、安倍氏は前述の懸念を和らげようと、次のように発言している。

 「尖閣を巡る中国の様々な動きに対して、我々は、まずは、この尖閣、領海をしっかりと守っていくという意思を示していきたいと思います。その上において、私は6年前に総理に就任した際、最初の訪問国として中国を選びました。それは日中関係が極めて重要であるからです。日本は中国に投資をし、輸出をし、利益を上げています。中国の成長は日本の成長に必要です。同時に、中国も日本の投資によって、雇用を作り、日本から日本しかできないような資本財、半製品を輸入して、それを加工して、輸出をしています。言わば、お互いに切っても切れない関係ですね。そのことを認識しながら、両国は国境を接しています。世界中どこもそうですが、国境を接している国、様々な国益がぶつかる場合がありますね。国益がぶつかっても、今言ったようにお互いがお互いを必要としているという認識、これは戦略的に考えながら、そういう事態をコントロールしていこうと。この考え方に今も変わりはありません」

●Liberal Democratic Party.

During last month’s party elections, the LDP selected Shinzo Abe as its new president. Abe was a surprise victor since he had been third in the polls behind former Defense Minister Shigeru Ishiba and LDP Secretary-General Nobuteru Ishihara. Abe came in second in the first round of voting behind Ishiba, who was far more popular among local party officials and members. During the run-off election—in which only Diet members could vote—Abe won due to a combination of factional politics and personal chemistry.

Had the party chosen Ishiba as its president, the LDP might have bolstered its prospects in the forthcoming general election. Abe remains very unpopular with the public; voters remain angry about his abrupt and perceived irresponsible resignation as prime minister after only one year in office Indeed, many blame Abe for the party’s poor showing in both the 2007 upper-house and 2010 lower-house elections.

After his 2012 selection as party president, Abe pledged to stand up to China over the Senkakus, to strengthen the alliance with the United States, and to have Japan assume a larger security role. Abe’s positions on these issues are attuned to a growing Japanese nationalism. However, some voters are concerned that Abe could go too far in pushing confrontation with China, which is Japan’s largest trading partner.

Such fears are hardly irrational: During his tenure as prime minister, Abe strained relations with China and South Korea by denying that during World War II, Asian women were forced into sexual slavery by Japanese imperial forces and by pushing legislation that enabled school textbooks to downplay Japan’s wartime actions. Yet Abe showed restraint by not going to the controversial Yasukuni Shrin[5] as his predecessor, Junichiro Koizumi, had and by making his first official visit to China.

Following his victory in the September 2012 LDP elections, Abe sought to allay such concerns, remarking:

We must show our will to firmly protect our territorial waters and the Senkaku islands in the face of China’s actions. That said, when I took office as prime minister six years ago, I visited China first because the Japan–China relationship is very important. Even if our national interests clash, we should acknowledge that we need each other and control the situation while thinking about things strategically. My stance on this has not changed

●日本維新の会

 政府の停滞と効率の悪さに対する国民の怒りを追い風に、橋下徹市長率いる日本維新の会が日本の政治システムに揺さぶりをかけている。カリスマ性のある橋下市長は、決断力と、地方行政レベルではあれ、真の改革を遂行する能力を持ち合わせている。赤字財政を克服し、教員の業績要求水準策定にあたって労働組合の抵抗を乗り切るなど、橋下氏の業績は華々しい。国政進出に照準を定めた今、橋下氏は日本の政治体制の抜本的改革を公約している。

 橋下氏の政策構想は、多くの点でティー・パーティーに類似している。米国におけるティー・パーティー運動と同じく、橋下氏は既成政党に対する民衆の反感とまでは言えないとしても、民衆の幻滅の波に乗っている。ただ、米国のティー・パーティー運動が非公式組織の下からのつながりを原動力としていたのに対し、橋下氏の場合は、大部分は1人の人間の個人的訴求力に頼って支持を集めるトップダウン方式を取っている。実際、政治評論家は、橋下氏のことを「日本のロス・ペロー」と呼んでいる。

 政党が政策やイデオロギーの違いを鮮明にしない日本の澱んだ政治体制を混乱させることで、橋下氏は変革者として歓迎されるかもしれないが、より具体的な外交および内政の問題について詳細な説明を余儀なくされた場合、彼の評判はどのように変わるだろうか?ある政治評論家の言うように、「今は目新しさも手伝って旬の人としてもてはやされているかもしれないが、実際にやらせてみたら、国民はどう反応するだろうか?」

 来る選挙に向けてどの程度有力な候補者を立てられるかが、橋下氏にとって大きな試金石となるだろう。自身のアウトサイダーとしてのイメージを損なわないために、自民党や民主党から離反した議員を多数迎えることはできないが、かと言って候補者に選挙資金を自ら賄うように求めている以上、“アウトサイダー”候補者を300人も探すには大変苦労することだろう。

 東京から地方への政治的権限の移譲という橋下氏の分権化方針は地元大阪においては人気を博していても、その他の地方で共感を得ているとは言い難い。民主党や自民党に対する支持は低いものの、政府機能を東京から地方に移管することで問題が解決すると考える有権者は少ない。さらに、特に改憲など、橋下氏の政策の中には非現実的と見られるものもある。

●Japan Reformation Party.

Driven by public rage against a stagnant and ineffective government, Mayor Horu Hashimoto’s upstart party is rattling Japan’s political system. The charismatic mayor is decisive and capable of implementing genuine change, albeit at the local level. Hashimoto’s record is impressive: As mayor, he reduced deficit-burdened budgets and overcame labor union resistance to impose teacher performance requirements. Now, with his sights set on the national political stage, Hashimoto is promising a radical overhaul of Japan’s political system.

In many respects, Hashimoto’s initiative is akin to a one-man Tea Party. Like the U.S. Tea Party movement, Hashimoto is riding a wave of popular disenchantment, if not disgust, with the established political parties. But whereas the American Tea Party was driven by a bottom-up amalgamation of informal organizations, Hashimoto is offering a top-down plan that is gaining converts that are due, for the most part, to the personal appeal of one man. In fact, pundits have referred to Hashimoto as the “Japanese Ross Perot.”

By disrupting the stagnant Japanese political system—a system in which parties do not provide ideological or policy differences—Hashimoto could be a welcome change, but how will Hashimoto be regarded once he is forced to articulate more detailed foreign and domestic policies? As one pundit opined, “he may be the popular new flavor of the month, but how will people react once they taste it?”

A major test for Hashimoto will be how strong a roster of candidates he can field for the election. He cannot include too many established politicians defecting from the LDP or DPJ, lest he risk his “outsider” image, but he could be hard-pressed to find 300 viable “outsider” candidates, particularly as he is requiring all candidates to provide their own funding.

Hashimoto’s decentralization theme—shifting political power from Tokyo to the prefectures— though popular in Osaka, has not resonated with the rest of the country. Though there is little public support for either the DPJ or the LDP, few voters see problems being remedied by transferring governmental responsibilities to the countryside. Moreover, some of Hashimoto’s proposals—notably, changing the constitution—are seen as unrealistic.

●支持の薄れ

 2012年中頃の時点では、日本維新の会の支持率が民主党と自民党の両方を凌駕している世論調査もいくつか見られたものの、夏以降の調査の結果は、日本維新の会が近い将来において国政の場で大きな役割を担う能力を備えているかという点に疑念を抱く有権者が増えていることを示唆している。

 また、橋下氏と他党から維新の会に合流した国会議員のあいだに摩擦も生じている。自民党から日本維新の会に移った松浪健太衆院議員は「橋下氏の独裁は許されない」として同党の外交および安全保障政策の策定は所属国会議員が主体となって行うべきだと主張したが、これに対し橋下代表は「僕が方針を出す」と発言して同党の政策決定を一手に担う考えを示した。

 最近発表された橋下氏の外交方針のいくつかは世論の批判を浴びている。日本人の国民感情と相容れない政策がいくつもあることを考えれば、そのような批判は驚くに値しない。例えば、現在日本が主権を主張する竹島(独島)に関しての韓国との共同管理や、日本が管理する尖閣諸島における領有問題の存在を認めて国際司法裁判所で解決するべきという主張はひどく不人気である。

 党内の不和に、物議を醸す橋下氏の姿勢が相まって、日本維新の会の当初の勢いは失速し、支持率は減少に転じている。直近の世論調査によれば、日本維新の会は民主党とほぼ並んでいるが、両党は自民党の後塵を拝す状況となっている。同様に選挙予測も当初の100~130議席から70~100議席に下方修正され、直近では40~70議席に留まっている。

●Fading Enthusiasm.

Some mid-year polls had the JRP surging ahead of both the LDP and the DPJ. Since the summer, however, polls have indicated that an increasing number of voters harbor doubts about the JRP’s near-term ability to become a major player on the national stage. Furthermore, there has been friction between Hashimoto and some of the Diet members who defected to the JRP. Kenta Matsunami, who left the LDP to join the JRP, advocated that Diet members should take the lead in setting the party’s foreign and security policies, declaring that Hashimoto’s “dictatorship won’t be tolerated.” Hashimoto fired back that he retained sole control over the party’s platform.

Several of Hashimoto’s recent diplomatic positions have drawn public criticism. Such disapproval, however, is hardly surprising, as several proposals are out of step with popular Japanese sentiment. For example, Hashimoto advocated taking joint control, along with South Korea, of the disputed Dokdo/Takeshima Islands; Japan currently claims sole sovereignty over this territory. Hashimoto’s view regarding the Senkaku Islands is equally unpopular: The mayor has argued that the Japanese-controlled Senkaku Islands should be declared a territorial dispute with China and taken to the International Court of Justice for resolution

As a result of both intra-party friction and Hashimoto’s controversial positions, the party’s initial momentum and popularity first slowed and is now declining slightly. Most recent surveys put the JRP roughly even with the DPJ; however, both parties trail significantly behind the LDP. Similarly, election predictions have fallen dramatically: Initial estimates predicted that the JRP would win 100–130 Diet seats, numbers that were subsequently revised downward, first to 70–100 seats and most recently to only 40–70 seats.


●政治の震源地は大阪か北京か?

 日本維新の会は衆院選に大きな影響を及ぼすだろうが、はるかに大きな要因となりそうなのは中国の強硬姿勢である。自民党、とりわけ安倍総裁は中国に対して毅然とした態度を取る可能性が高いと有権者に見られているため、日中関係の緊張が高まる状況は、自民党に恩恵をもたらすものと考えられる。したがって、野田首相は総選挙を可能な限り先延ばしして、中国と韓国との対立関係を改善しようとするだろう。

 尖閣問題では、橋下氏もメディア露出の機会を奪われ、また外交面での経験不足がさらされた結果、損害を受けている。橋下氏は安倍自民党総裁を凌ぐような強硬姿勢を取れないため、日本国民のナショナリズムが台頭する状況は、橋下氏に不利に働く。また、橋下氏には、より具体的な外交政策を策定するために年長の政治家を助言者として迎えるつもりもないようである。

●A Political Tsunami from Osaka…or Beijing?

Although the JRP could have a major impact on Japan’s lower-house election, Chinese assertiveness is likely to be an even greater factor. Specifically, high bilateral Japanese–Chinese tensions could benefit the Liberal Democratic Party, as the electorate regards the LDP, and Abe in particular, as more likely to stand up to Beijing. Therefore, Noda will attempt to delay calling the general election as long as possible, in part to calm Japan’s confrontations with China and South Korea.

The Senkakus dispute has also hurt Hashimoto, as it took media attention away from his campaign and highlighted his lack of foreign policy experience. A growing Japanese nationalism puts Hashimoto at a disadvantage since he cannot “out-Abe Abe.” Nor does Hashimoto appear to be interested in drawing in elder statesmen as advisers to define a more detailed foreign policy.


●ナショナリズムの台頭

 中国の地政学的な挑発が続いていることを受けて、日本全国にナショナリズムが台頭しつつある。その影響は、日本の政界再編に、またおそらくは来る総選挙にも及ぶ可能性がある。ただし、このような変化はほぼ対中国に限定されており、より広い意味での軍国主義の復活を示すものではないことに注意するべきである。

事実、中国の好戦的な態度は日本を従来の自己満足から目覚めさせ、戦後の極端な平和主義を放棄しようとする機運を有権者のあいだに拡大する契機となっている。こうした変化は、世代交代の産物でもある。戦禍を直接体験し、軍国主義を最初に拒絶した戦中世代が少なくなっているのだ。

 結果的に、日本政府は、中国の領土拡張主義に対抗し、軍備を増強しようという機運を強めている。2010年の尖閣事件における中国政府の強硬で傲慢に映る態度を受けて、日本は新たな防衛戦略を採る方向に傾いた。世論調査によれば日本国民の70~80%が中国に対して否定的なイメージを持っていると答えたという。民主党は、政権の座に就いてから、外交および安全保障の分野でより保守的な政策を取り入れており、今や主要政党はすべて米国との強固な同盟関係を支持している。

 ナショナリズムの覚醒する過程で、日本の軍事的脆弱性に対する国民の懸念が膨らんでおり、今や有権者は中国に対抗しうる強い指導者を求めている。世論調査によると、回答者の25%が軍備増強を支持しており、2009年の14%、1991年の8%から増加を見せている。防衛費支出の増加や集団自衛権および部隊派遣に関する法規解釈の緩和といった長年の懸案事項についても、大衆の姿勢は受け入れようとする方向に以前より傾いているかもしれない。

 しかしながら、こうした改革が実施されたとしても、日本は、同盟国が攻撃を受けた場合に同盟国の防衛に参加できるようになるだけであり、アジア地域のメディアはまくし立てるように警告を発しているが、軍国主義の復活ののろしを意味するものではない。世論の右傾化は、日本国内では前例のない水準であるが、広く認識されているほどには、重大かつ危険なものではない。「ナショナリズム」ということばから大日本帝国の負のイメージが呼び起こされるが、日本は、他国が既に有する標準的ナショナリズムを獲得しているに過ぎず、それも最近中国において広範に見られた暴力的な反日抗議行動に比べれば、はるかに非好戦的なものである。

 少数派を除けば、日本を軍国主義化し、米国との関係を絶つことを提唱する政党は国内に存在しない。安倍氏は、むしろ日本の安全保障政策を規定する法規に適度な改変を求めるとともに、引き続き日米同盟を堅持しようとするだろう。安倍氏は好んで中国と対抗しようとする姿勢を見せるが、中国政府と良好な関係を維持する重要性も理解している。

 さらに、日本のナショナリズムに関して論じる場合、安倍氏の政治家としての経歴を切り離して考えることが重要である。日本の戦中行動に関する安倍氏の修正主義的発言は実に厄介であり、同氏がそうした発言に基づいて行動したり、首相として再びそのような発言をしたりすれば、不必要に地域の緊張を煽ることなるだろう。日本がアジア太平洋地域で有力な指導的地位を築くためには、断つ必要のある政治的関係もあるだろうが、安倍氏は無神経に乱暴を働くような行動は慎むべきである。

 ただ、安倍氏は、前回の首相任期中にはおおむね挑発的行動を慎んだ実績があるので、米国政府としては、不必要に歴史を書き換えることに政治力を費やすことがないよう、非公式に助言するのが賢明だろう。

●Rising Nationalism.

China’s continued geopolitical aggression is fueling a rising nationalism throughout Japan, reshaping the Japanese political landscape and, potentially, the coming election. It is important to note, however, that this shift is occurring almost exclusively with regard to China; it does not signal a broader return of Japanese militarism. Indeed, China’s bellicose actions have snapped Japan out of its usual complacency and triggered a greater willingness among voters to abandon the nation’s post-war extreme pacifism. This shift is also the product of generational change, as the wartime generation that knew first-hand the ravages of war and first rejected militarism is passing away.

Consequently, Tokyo is now more willing to confront Chinese expansionism and strengthen its military. Beijing’s assertiveness and perceived arrogance during the 2010 Senkakus incident led Japan to adopt a new defense strategy. Polls show that 70 percent–80 percent of Japanese now have a negative view of China. Since assuming power, the DPJ has adopted more conservative foreign and security policies, and all major parties now support a strong alliance with the United States.

As part of its nationalistic awakening, public concerns about Japan’s military vulnerability are increasing, and the voters now favor a strong leader willing to push back against China. Polls show that 25 percent of respondents support increasing Japan’s military strength, up from 14 percent in 2009 and 8 percent in 1991. The populace may also be more amenable to long-overdue changes such as increasing defense spending, and adopting a less constrictive interpretation of collective self-defense and military rules of engagement.

Those changes, however, would merely enable Japan to defend its allies if they were attacked; despite breathless warnings from regional media, such reforms would not constitute a green light for resurgent militarism. The public’s shift to the Right, though unprecedented by Japanese standards, is less significant and dangerous than widely perceived. Though “nationalism” conjures up negative images of Imperial Japan, the country is simply adopting more of the standard nationalism of other countries—and certainly a far less aggressive strain than was exhibited by China during recent widespread violent anti-Japanese protests.

Fringe elements aside, no domestic party is advocating for the creation of a militaristic Japan that severs its ties with the United States. Abe will instead seek modest changes in the rules governing Japan’s security policy while remaining committed to the alliance with the United States. Abe favors standing up to China, but he also understands the importance of maintaining good relations with Beijing.
Furthermore, it is important to decouple Abe’s prior political history from any discussion of Japanese nationalism. Abe’s revisionist historical statements on Japan’s wartime actions are indeed troubling and would needlessly exacerbate regional tensions—if he acts on them or restates them as prime minister. If Japan is to become a more effective leader in the Asia–Pacific, some political crockery needs to be broken, but Abe should refrain from acting like a bull in the geopolitical china shop.

During his term as prime minister, however, Abe did largely refrain from provocative actions, and the United States would do well to counsel him privately not to expend his political capital on needlessly rewriting history.


●予想される選挙結果

 与党民主党は次期総選挙で大敗を喫し、その敗北によって権力の座を追われるだろう。2009年に下野した自民党が第一党に躍り出る。自民党の選挙運の大逆転劇は、野党時代に成し遂げた業績ではなく、民主党の政権運営の失敗によるところが大きい。

 自民党は第一党になるものの過半数には届かず、連立相手の確保に奔走しなければならないだろう。結果的に、弱小政党が政策決定に関して議席数に不釣合いな影響力を行使しうる状況が生じる。鳩山政権においては、社民党が民主党に大きな影響力を及ぼすことができたが、その時と同じようなシナリオが展開されることになる。自民党が公明党との協力関係を維持することは間違いないだろう。しかし、自民党が行動を共にするのは、民主党か(不満を抱えて離党した者が対象になるか、あるいは左派分子を排除し、その分規模を縮小した中道政党が対象になるか)、それとも橋下氏の日本維新の会と連携するかという重要な点は、依然としてはっきりしていない。

 2012年前半の時点では、安倍氏が橋下氏との蜜月関係を強調していたため、自民党と日本維新の会の連携は確実だと思われていた。7月には、橋本氏が、阿部総裁誕生の暁には維新は自民党と連携することになるだろうと発言している。しかし、9月下旬になると、橋下氏は会見で、来る選挙において安倍総裁および自民党と対決する考えであると発言した。将来の連立の可能性を否定する意味であるのか、それとも最終的に連携した場合の見返りを釣り上げようとしているだけなのか、その真意はいまだ謎である。

 橋下氏が自民党との連立政権に参加するとしても、改革を提唱するアウトサイダーとしての彼のイメージを損なうことがないような立ち回りが必要になるだろう。自民党と日本維新の会は政策が一致していない。自民党は原子力発電および消費税増税の両方を推進する立場であり、維新の会はその両方に反対する立場である。したがって、連立政権の最終的な構成がどうなるかは、各党の獲得議席数次第である。

●Likely Election Results.

The ruling DPJ is poised to lose big in the next election—a defeat that will knock the party out of power. The LDP, discredited in 2009, will become the largest of Japan’s political parties. The LDP’s dramatic reversal of electoral fortune is due less to anything positive the party has accomplished during its time in opposition than it is to what the DPJ has failed to do during its time in office.

Though the LDP will have a plurality, it will not win enough seats to secure a majority, thereby forcing it to scramble for coalition partners. Consequently, minor parties could secure disproportionate influence on policymaking—a scenario similar to the one that unfolded during Hatoyama’s stewardship, where the Social Democratic Party was able to wield considerable influence over the DPJ. The LDP will certainly retain its partnership with the Komeito Party. One major question, however, remains unclear: Will the LDP join with the DPJ—either disaffected defectors or a slimmed-down centrist party that jettisoned its leftist elements—or with Hashimoto’s JRP?

Earlier this year, an LDP–JRP coalition had seemed assured because Abe had highlighted his special relationship with Hashimoto. In July, Hashimoto said, “If Mr. Abe is elected party president, [the JRP] would join a coalition with the Abe LDP.” But in late September, Hashimoto told reporters that due to policy disagreements with the LDP, “when elections come, we will do battle with [Abe and the LDP.]” Whether he was signaling no potential future alliance with the LDP or simply raising the price for an eventual coalition remains another mystery.

If Hashimoto joined a coalition with the LDP, he would have to do so in a way that does not compromise his image as an outsider advocating reform. The LDP and JRP have policy differences: The LDP favors nuclear power and the consumption tax, while JRP opposes both. Therefore, the final composition of the coalition will depend on the number of legislative seats that each party wins.


●政策実行力が上向く可能性

 日本の次期首相は、景気の低迷、膨れあがる公債残高、少子化、高まりつつある中国と北朝鮮からの安全保障上の脅威、そして薄れゆく国際的影響力など、いくつもの難題に直面する。

 予想通り自民党が総選挙で勝利すれば、衆参両院における優位を確定し、過去数年にわたって民主党と自民党とが各院を支配することで生じていた「ねじれ国会」の状態を解消することができる。そうなれば、次期首相は政治的駆け引きに邪魔されずに政策を実行できるようになる可能性が高くなる。しかし、どの程度成功するかは、安倍氏が有能な人材を登用できるか(前回のような「お友達内閣」ではなく)、ならびに明確な政策ビジョンを策定できるかどうかにかかっている。

 民主党が既に当初の計画を破棄し、自民党の政策を採用しているので、安倍氏が総理就任後に日本政府の政策方針を変更することはないだろう。新たな指導者の誕生によって、政策の変更ではなく、むしろ政策の加速がもたらされるだろう。この違いは重要である。

●Potentially Improved Policy Implementation.

The next Japanese leader faces several daunting challenges: a stagnant economy, staggering public debt, deteriorating demographics, growing security threats from China and North Korea, and fading international influence.

If the LDP wins the general election as expected, it could have authority in both houses of parliament, eliminating the “twisted Diet” of the past several years where control was split between the LDP and DPJ. This scenario improves the potential for the new prime minister to implement policies without being hindered by political gamesmanship. The degree of success, however, depends on Abe’s choosing capable people (and not a “cabinet of cronies” as he did during his first term) and defining a clear policy vision.

Once in office, Abe would not alter the direction of Japanese policies, since the DPJ already reversed its original plans and adopted LDP policies. Rather than a change in policy, the new leadership could bring about an acceleration in policy—an important distinction.


●米国政府の行動指針

 日本が安全保障分野で新たに採用したプラグマティズムの効果を高めるため、米国は以下のような行動をとるべきである。

1.他国に頼るばかりでは、日本が自国の海外利権を守り続けることは不可能であるということを明確にすること。日本政府は、国際的安全保障上の責任の負担を、大国としての地位に見合った水準まで引き上げるべきである。例えば、日本はシー・レーン(海上交通路)防衛の取り組みを強化することが可能である。

2.自国および同盟国の安全保障上の要求を十分に満たせるように、防衛費の増額を日本政府に促すこと。

3.日本が緊急時において同盟国を防衛することができるよう、集団的自衛権の解釈を緩和することを勧告すること。日本の自衛隊海外派遣隊が同盟国の資源をいたずらに消費するのではなく、効果的な貢献を行うことができるよう、日本政府は海外派遣についてもより現実的な法規を採択するべきである。

4.沖縄の普天間飛行場代替施設の建設について具体的な進展を見られるように日本政府に圧力をかけること。次期首相は支援を約束するだけでなく、日本政府の公約の履行に取りかかるべきである。

5.日韓の軍事・外交分野での協力拡大を奨励すること。例えば、情報共有に関する二国間協定である軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結すれば、共通の脅威に対する同盟国の抑止力および防衛能力を強化することができる。

6.日米韓三国間の軍事協力を拡大すること。三国は平和維持作戦、テロ対策、核兵器拡散防止対策、麻薬対策、対潜水艦軍事行動、地雷除去、サイバースペース防衛、ならびに人道的支援および災害対応作戦について合同遂行の可能性を模索するべきである。

7.西太平洋地域において米軍の強力な前方展開兵力を維持すること。当該兵力は日本および韓国の軍事組織と緊密に統合するべきである。それによって同盟国共同の防衛力が調うだけではなく、日本の軍国主義の復活に歯止めがきかなくなるのではないかという韓国の懸念も和らげられる。

8.太平洋において米国の同盟国を確実に支援することを表明すること。米国政府は、引き続き相互防衛条約の不可侵性を確認するだけではなく、中国の不安を取り除こうとする取り組みを強調することをやめ、その代わり、米国が行動を起こすのは、中国の脅迫の試みが度を増すことに不安を覚えるアジア諸国から要請があった場合であることを中国側に明確に伝えるべきである。

9.安倍氏に、自身の修正主義的歴史観を押し通そうとしないよう非公式に助言を行うこと。安倍氏が提言するように、日本の戦中行動に関する過去の政府声明を撤回するようなことがあれば、東アジア地域に長きにわたってくすぶっている反感を不必要に刺激する事態になるだろう。むしろ日本政府は、韓国人の感情を満足させ、戦略地政学的な利益のためにこの地域にくすぶる憤りを利用しようとする中国の活動を終息に向かわせるような内容に、その償いと謝罪の声明を見直すべきである。

●What Washington Should Do

・The United States should reinforce Japan’s new national security pragmatism by:

・Making clear that Japan cannot continue to rely solely on others to defend its overseas interests. Tokyo should accept greater international security responsibilities commensurate with its status as a major nation. Japan could, for example, enhance efforts to defend sea lines of communication.

・Urging Tokyo to increase defense spending to fully meet national and allied security requirements.

・Recommending that Japan implement a less restrictive interpretation of the theory of collective self-defense to enable it to defend allies in times of crisis. Japan should also adopt more realistic rules of engagement to enable overseas Japanese security deployments to make effective contributions rather than draining allied resources.

・Pressing Tokyo to make tangible progress toward building the Futenma Replacement Facility on Okinawa. The next leader should go beyond mere words of support and instead begin to fulfill Tokyo’s commitments.

・Encouraging greater South Korean–Japanese military and diplomatic cooperation. For example, implementing the bilateral GSOMIA intelligence-sharing agreement would enhance allied deterrence and defense capabilities against common threats.

・Increasing trilateral U.S.—South Korea—Japan military cooperation. The three countries should explore the potential for joint peacekeeping missions, counterterrorism, counterproliferation, counternarcotics, anti-submarine warfare, minesweeping, cyberspace protection, and humanitarian assistance and disaster response operations.

・Retaining robust forward-deployed U.S. military forces in the Western Pacific. These forces should be closely integrated with their South Korean and Japanese counterparts. This not only provides for common allied defense; it would also quell any South Korean fears of unconstrained resurgent Japanese militarism.

・Expressing unambiguous support for U.S. allies in the Pacific. Washington should not only continue to affirm the inviolability of our bilateral defense treaties, but also de-emphasize efforts to reassure China and instead make clear to Beijing that the United States is taking steps at the request of Asian nations that are worried by greater Chinese attempts at intimidation.

・Privately counseling Abe not to push his revisionist history agenda. Retracting previous Japanese government statements on Japanese wartime actions, as Abe has recommended, would needlessly inflame long-simmering regional animosity. Instead, Japan should revise its statements of atonement and apology in ways that will satisfy Korean sensitivities and end efforts by the PRC to exploit regional resentments for geostrategic gain.


●結論

 皮肉なことに、中国および北朝鮮はうかつにも地政学的状況を自らの不利な方向へ導いてしまったようである。中国が「平和的台頭」の体裁を取り繕わなかったこと、また北朝鮮がオバマ大統領の差し伸べた対話の機会を拒絶したことから、日本国民は、民主党政権の外交政策の甘さに嫌気を催すようになった。その結果、日本政府と国民のいずれもが、この地域の脅威に対する国の無防備さを強く自覚するようになった。

 この無防備さに対処する第一歩は、日米同盟の再評価という形ですでに進行中のようである。次の段階としては、日本が自国の防衛のみならず、国際安全保障問題への取り組みについてもより大きな責任を負担する意欲を強めることである。こうした新しい動向は、米国の安全保障上の目標と合致するものであるから、米国としてもこうした動きを後押しするべきである。

 日本の直面している難局を次期首相が切り抜けられるどうかは、アジア太平洋地域における米国の権益にとって極めて重要な問題である。近年の日本は、力の弱い指導者が続いて身動きが取れない状況に陥っている。日本の次期首相が主導権を握って、大胆な改革に着手しなければ、日出ずる国は黄昏を迎えることになるだろう。

●Conclusion

Ironically, China and North Korea have inadvertently altered the geostrategic landscape to their disadvantage: By allowing the façade of a “peaceful rising” to slip and by rejecting President Barack Obama’s extended open hand of dialogue, Beijing and Pyongyang, respectively, have soured the Japanese public on the DPJ’s naïve foreign policies. As a result, both the Japanese government and the Japanese people perceive a greater national vulnerability to these regional threats.

The first step in addressing this vulnerability seems already to be underway in the form of renewed appreciation for the U.S.–Japan alliance. The next step would be a greater willingness by Japan to assume greater responsibility for its own defense as well as addressing international security concerns. The United States should encourage this new trend, as it is consistent with America’s own national security objectives.

Whether the next prime minister can weather the storms facing Japan is a question of critical importance to America’s interests in the Asia–Pacific. In recent years, Japan has been hamstrung by a series of weak leaders. Japan’s next leader must take charge and institute bold reforms, lest the land of the rising sun fade into the sunset.
スポンサーサイト

▲PageTop

靖国カルト党首安倍晋三は、戦後70年の日本で何を壊すつもりだろうか

その他

1.戦争(=積極的平和)
「平和」が放送禁止使用語だそうなので、こう書いておくが、
為政者の暴走を抑止するためにこそある憲法を無視し、独自の解釈で、
集団的自衛権の行使を国民に説明せず、アメリカ議会で、夏までの法整備を確約した国の宰相がいるそうだ。かわいそうな国だなあ、と思う。
まあ、平和憲法、九条がある限りムリなので、いかなる独裁的首相もこれだけは、尊守してきたのであるが、戦後70年ついにその帳は破られようとしている。
しかも、パートナーはアメリカであり、その集団自衛に加担することが主たる目的である。早速、ケヴィンが大喜びし、マケインが「中東へ行ってもらおう。軍事行動もしてもらいたい」とアナウンスしている。(法的整備は、法案すら出されていない。)
ここまでして、一生懸命、アメリカの先行的(専守という)防衛(攻撃してくる恐れ、疑いのあるところは、先んじてやっつける。イランが典型事例。)に加担しようとしているのであるから(当然戦争に巻き込まれるだろう。中東テロにはすでに巻き込まれ、初めて日本人2名が中東で「処刑」された。)それに水を差す「平和」は、禁止、「積極的平和」と言ってもらいたい。


◆歴代自民党首相の集団的自衛権と憲法九条に関する国会答弁
<安倍晋三>
・日米の軍備の双務性を高めるためには集団的自衛権の行使が必要
・兵站は戦争でない。紛争地域への弾薬輸送を行うべき
・憲法9条では、日本に無関係な紛争地域への参戦は禁じられていない

<岸信介>海外派兵ができるかどうかだが、これはできない
<田中角栄>他国への武力攻撃を阻止する集団的自衛権の行使は、憲法上許されない
<鈴木善幸>日本には平和憲法がある。個別的自衛権であり、集団的自衛権はない
<中曽根康弘>日本の防衛は、憲法の範囲内で自衛のために必要最小限度で行う。集団的自衛権は憲法が許さない
<小泉純一郎>集団的自衛権は、従来から憲法上許されない

2.食
結局、ファーストフード、ファミレス、コンビニ弁当は、
日本の食を壊してしまった。というか、その出口になった。
消費者が注意する、ワケのわからない食べ物は、
いかに表示を消すか、だけが逃げ道である。
上の3つの事例は、表示を消す。つまり、出口となる。
現実には、「給食」も出口になっているらしい。

3.エネルギー
なぜ治らないのか?直らないのか?
原価総括方式という、経営者なら決して手放せない麻薬。
3.11の過酷事故を経験しても直らなかった。
国が壊滅しても直らない、ということが明らかになった。

4.交通
戦後50年の集大成が、リニアというカタチで実現しようとしている。
・総事業費9兆円。(当面、東京ー名古屋間)
・東京・名古屋間の286キロのうち86%の246キロがトンネル
・水枯れの可能性、処分方法の決まらない膨大な建設残土、
・迂回路をやめ、直路掘としたためウラン鉱床二ぶつかる、
・1日に1700台ものダンプカーが12年も走る村、
・10年以上も続く騒音と振動と土ぼこり、喘息、生活と交通阻害、
・生態系の劣悪化、45本以上掘られる「土を搬出するためのトンネル」のために発生する膨大な量の立ち退き等々。

5.言論の自由、民主主義の壊滅。
報道の自由ランキングが、下落し続けている。世界のトップ10に入っていたのが、どんどん落ち、60位以下に低下している、特定秘密保護法の公布、施行で、さらに落ちるであろう。
それにも増して、全国放送ネット、全国紙の、目に余る積極的自粛には、アベシも遺憾の意を表明している。
教科書の検閲は、日本だけでなく、海外の教科書にも干渉し始めている。

6.Haunted, Revisionist, Demon,
壊滅しようとしているのは、実は、「歴史」そのものである。
歴史修正主義、戦犯の無効、慰安婦、虐殺はあたかもなかったのごとくにしようとしている。大切なのは、国民ではなく、「英霊」。
この壮大な妄想は、どのような結末を迎えるのであろうか?
一応ご本人の、タイムスケジュールは以下のようになっている。
・今年の夏までに、集団自衛権行使のための法的整備。
(本人も、法律違反であることは知っているので、法律の方を変える。
憲法は、国民投票が必要で変えられないので、独自解釈で行く)
・来年夏の参院選後に改憲。
この一年で、準備万端整う。

以下、おなじみの。
・原子力核燃サイクル(もんじゅFBRー六ヶ所村再処理工場)推進。
・集団自衛権行使による、積極的平和主義。(秘密保護法、兵器禁輸は解除)
・国連常任理事国入り。(フランス、アメリカにはお願い済み)
・徴兵制、国防軍、軍法会議。
決断方式は、閣議決定ー強行採決(秘密保護法で立証)
発表は、海外でまず公表、約束する「国際公約方式」。
「国内公約は守ったことがない」が・・・
おかしいじゃないかという国民は、
「有識者会議」と「経済政策、これしかない」で、圧殺する。
アベシに、最後の超えられない一線はあるのか。
ある。田母神氏を公認しない、有識者に入れない。それだけだ。

北川高嗣FaceBookより

▲PageTop

日本人は猿に支配されたら、団結して抵抗するより  国民こぞって木登りの練習を始める民族である

その他

日本人は猿に支配されたら、団結して抵抗するより
 国民こぞって木登りの練習を始める民族である

(「逆境に生きた日本人」 鈴木 敏明著)

ドキュメンタリーに定評のある佐高信が、「安倍晋三の10の大罪」というのを書いている。
誰でも、10や20すぐに思いつくが、何をピックアップしているのだろう。

佐高信「安倍晋三の10の大罪」
1 アベノミクスというニセ札の発行
2 消費税増税、法人税減税のアベコベ
3 "安倍の秘密を守る法"の強行採決
4 御用作家らによるNHK支配
5 アメリカに屈服してTPP参加
6 屈辱の「主権回復の日」を祝う"琉球処分"
7 オリンピック参加のための"福島処分"
8 朝鮮学校の「無償化」を拒む罪
9 96条改変等の改憲志向
10こわれたブレーキの公明党を共犯者に

安倍政権は「タカ派」ではなく「バカ派」と断じる中で、特に、竹中平蔵批判に、舌鋒を極めている。
佐高は竹中を「政商」ならぬ「学商」だといって、そのがめつさを指摘している。竹中が規制緩和と称して非正規雇用を拡大した責任者だということはよく知られているkiが、竹中にはこれを推進する個人的な動機もあった。金儲けである。竹中は規制緩和で人材派遣会社が儲かるように条件を整えてやると、自分自身が大手人材会社の役員になって、一億円の年収を稼ぐようになった。

佐高信のいうタカ派のトップ3は、石原慎太郎、猪瀬直樹、安倍晋三である。ツートップは凋落しており、最後に残った、バカ派のツートップが、安倍晋三と、ラナーズアップ(4位)の橋下徹である。(「いま日本はタカ派ばかり」佐高信)

・トップは石原慎太郎。
老害醜悪タカ。八十を超えた老人が日本に害悪をまき散らしているとし、その無責任な言動ぶりは「耄碌したヒットラー」。
・次は猪瀬直樹。
これはもう没落して過去の人。「ちゃっかり便乗タカ」小泉や石原に取り入って一人前の顔をするようになった「権力の道化」。
・三番手は安倍晋三。
もはやお呼びでないご都合主義の御坊ちゃん」。安倍は自ら政権放棄し過去の人となったが、あろうことか菅官房長がパンドラの箱を開けてしまい、復活して総理大臣になってしまった。

安倍が第一次政権をほっぽりだしたいきさつは誰でも知っている。
「ボクちゃん、ぽんぽん痛いの」といいながら、つねに中途退場の恐怖におびえていた「中途不安タカ」。その見立てはどうやら甘すぎたようだ。

北川 高嗣FBより

▲PageTop

岸 信介 - 佐藤栄作 ー 安倍晋三  CIAの手先家系図秘話【この祖父にしてこの孫あり】

その他


【この祖父にしてこの孫あり】

 ① 岸 信介はアメリカのエージェントだった

 インターネット上でもというか,もちろん,きちんとした文献にもとづく話題でもあるが,「岸 信介とCIA」「岸は同盟者ではなく,(アメリカの)エージェントだった」という記述が,同じ典拠によって大々的に披露されている。2007年10月中の話題であった。
 1) 『週刊文春』2007年10月4日号

 『週刊文春』2007年10月4日号は,「岸 信介はアメリカのエージェントだった!」と題する特集を組んだ。この特集が特筆されるのは,岸 信介元首相がこれまでいわれていた「CIAの同盟者」ではなく,「CIAのエージェント(代理人,スパイの意味)」だったと断定していることである。同特集は,ミューヨーク・タイムズの現役記者,ティム・ウィナーの著書 “LEGACY of ASHES,The History of the CIA” (『灰の遺産-CIAの歴史』2007年6月発行)から,岸がCIAのエージェントだったとする部分を引用している。引用部分はつぎの部分である。

 「米国がリクルートしたなかでもっとも有力な二人のエージェントは,日本政府をコントロールするというCIAの任務遂行に協力した」。「(そのうちの1人)岸 信介はCIAの助けを借りて日本の首相となり,与党の総裁となった」。「岸は新任の駐日米国大使のマッカーサー二世にこう語った。もし自分の権力基盤を固めることに米国が協力すれば,新安全保障条約は可決されるだろうし,高まる左翼の潮流を食い止めることができる,と」。
 出所)左側画像は,http://hikosaka.blog.so-net.ne.jp/2007-09-02

 「岸がCIAに求めたのは,断続的に支払われる裏金ではなく,永続的な支援財源だった。『日本が共産党の手に落ちれば,どうして他のアジア諸国がそれに追随しないでいられるだろうか』と岸に説得された,とマッカーサー2世は振り返った」。「岸は,米国側の窓口として,日本で無名の若い下っ端の男と直接やりとりするほうが都合がいい,と米国大使館高官のサム・バーガーに伝えた。その任務にはCIAのクライド・マカボイが当たることになった」(注=CIA側の窓口となったビル・ハッチンソンもクライド・マカボイも日本共産党が発表した在日CIAリストには載っていない)

 「CIAの歴史」は同書の序文によれば,匿名の情報源も伝聞もない,全編が一次情報と一次資料によって構成された初めてのCIAの歴史の本である。重要なのは,岸 信介が児玉誉士夫と並んで,CIAが日本政府をコントロールするためにリクルートしたもっとも有力なエージェントと指摘していることである。そのために,CIAは岸に巨額の金を注いだと指摘している。

 つまり,安倍前首相がもっとも敬愛する祖父,岸 信介はあの無謀な戦争を指揮した戦犯であるだけでなく,売国の政治家だったことがあらためて裏づけられたことになる。岸は1952年7月,追放解除者を集めて,自主憲法制定を旗印に日本再建連盟を結成する。 

 2) 自主憲法とはなにか

 あの悲惨な戦争体験から13年しかたっていない時期に,岸 信介首相(当時)はこんな発言をしている。朝日新聞の縮刷版によると,1958年10月15日付の夕刊の1面に,「憲法9条廃止の時」という記事が載っている。米国NBCの記者のインタビューに,岸は「日本国憲法は現在海外派兵を禁じているので,改正されなければならない」「憲法9条を廃止すべき時は到来した」と言明している。

 これが自主憲法の中身である。安倍前首相(これは2007年時点の記述)のいう「戦後レジームからの脱却」も,これと同じである。まさに,自衛隊を米軍の身代わりとして海外で戦争させようというものにほかならない。米国の長年の願望である。 

 なぜ,鬼畜米英と叫んだ戦争中の指導者が,米国の手先になったのか。その秘密を解くカギが最近発売された,柴田哲孝『下山事件-最後の証言-完全版』(祥伝社文庫,2007年)にある。柴田哲孝の祖父(柴田 宏)が勤めていた亜細亜産業の社長で戦前の特務機関である矢板機関の矢板 玄(くろし)の証言に,その秘密が書かれている。以下,矢板証言の注目部分を引用する。
  
☆ 岸を釈放したウィロビー ☆
(佐藤栄作は,兄岸 信介の件で来たのではないか。岸 信介を巣鴨プリズンから出したのは,矢板さんだと聞いているが)。--「そうだ。そんなことがあったな。だけど,岸を助けたのがおれだというのはちょっと大袈裟だ。確かに佐藤が相談に来たことはあるし,ウィロビーに口は利いた。岸は役に立つ男だから,殺すなとね。しかし,本当に岸を助けたのは白洲次郎と矢次一夫,後はカーンだよ。アメリカ側だって最初から岸を殺す気はなかったけどな」。

 注=東条内閣の閣僚で,戦争指導者の1人であり,A級戦犯容疑者として逮捕された岸の釈放については,昨〔2006〕年9月22日付「赤旗」の「まど」欄が,「GHQ連合国軍総司令部のウィロビー少将率いるG2(参謀部第2部)の『釈放せよ』との勧告があった」ことを紹介している。ウィロビーは,直轄の情報機関として,キャノン機関や戦後も暗躍した矢板機関をもっていた。 

☆ 秘密工作の全容の解明を ☆

 ② 安倍晋三のオジイチャンの秘話-CIAの手先となった岸 信介-

 つぎは『オフイス・マツナガのブログ』( http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50454697.html )の記述である。

 --CIAが「同盟者」である岸 信介に総選挙で資金を流し,てこ入れしたことは,すでに春名幹男『秘密のファイル下 -CIAの対日工作-』(共同通信社,2000年)が,くわしく指摘している。それによると,マッカーサー2世大使(マッカーサー元帥の甥)は1957年10月,秘密電報を国務省に送っている。そこには,つぎのように書かれている。
 
 つぎの総選挙で自民党が負ければ,「岸の立場と将来は脅かされる」。後継争いに岸が負けた場合,「憲法改正などの政策遂行は困難となる」。さらに,「岸は米国の目標からみて最良のリーダーである。彼が敗北すれば,後任の首相は弱体か非協力的,あるいはその両方だろう。その場合,日本における米国の「立場と国益は悪化する」。

 マッカッサー大使はさらに岸を援助する提案をしている。その中身について,同書は,「結論からさきにいえば,つぎの総選挙で中央情報局(CIA)の秘密資金を使って岸を秘密裏に支援すべきだ,という提案」だとしている。しかし,同書はCIAが具体的にどのような工作が行われたのかは明らかではないとしている。

 今回の『週刊文春』2007年10月4日号は,岸へ渡されたCIA資金は1回に7200万円から1億800万円で,いまの金にして10億円ぐらいと指摘しているが,その金が選挙対策としてどう使われたかは触れていない。  

 CIAの汚いカネで日本の政治が歪められたというこの問題は,戦後日本の最大の暗部である。CIAの秘密工作の全容を明らかにすべきである。外国から選挙資金をもらうことは,公選法や政治資金規正法や当時も外為法に違反する犯罪行為でもある。『東京新聞』(10月3日付)で,斎藤 学(精神科医)が,週刊文春の記事が事実なら大変なことだと思うのだが,「他誌も新聞も平然としている」と疑問をなげかけている。
 ※ 以上,文責・本山 洋(オフイス・マツナガ外部ライター)

 ③「『集団的自衛権』報告書 行使ありきの危うさ」(『東京新聞』2014年5月16日「社説」)
 話題はいきなり半世紀以上もあとのいまに移る。岸 信介の外孫に当たる安倍晋三が2012年12月,2度目の首相の地位に就いてから,この世襲3代目のお坊っちゃま宰相は,祖父も大いに寄与してきた「戦後体制(レジーム)」が気にいらない。どうしても,戦前・戦中のファシズム体制への郷愁を,本気で実現させようとしている。そのもっとも典型的な事象が,集団的自衛権行使のできる国,いいかえれば,安倍晋三流の「ふうつの・美しい国」になりたいという欲望の実現させられている。

 しかし,この国を囲む国際政治環境は,戦前・戦中とは完全に異なっている。敗戦以前の日本は鬼畜米英とののしった国々と戦争をして,完全に敗北した。そのために,敗戦以後から21世紀のいままで,日本国中に米軍基地が陣どっており,軍事的には実質,アメリカ国の半植民地状態という〈ありさま〉である。

 おまけに「思いやり予算」なども,この米軍基地のためにたっぷり支出していながら,この在日米軍を,けっして「思いどおりにはできない〈番犬〉」として飼わされている始末もある。この番犬のために,国家予算のうちあれこれで都合,4千億円に近いお手当を気前よく仕送りしてやっている。たとえば,沖縄の米軍基地の将兵たちの宿舎は,自衛隊員の官舎の質素さ(貧弱さ)に比較したら,豪邸に映ること間違いない。

このような日米安保条約体制のもとで--しかもこの安保条約を1960年に改定したときの首相が岸 信介であったが--,集団的自衛権行使のできる国にしたところで,米軍の褌担ぎ部隊の役目を果たさせられる以上のものには,けっしてなりえないことは,目にみえている。そもそも,集団的自衛権というものの由来もしっておく必要が,ここではある。そこで,この5月16日の東京新聞「社説」の主張(批判)を聞いてみたい。

  ☆「『集団的自衛権』報告書-行使ありきの危うさ」☆
 「出来レース」の誹(そし)りは免れまい。安倍晋三首相に提出された報告書を「錦の御旗」に,集団的自衛権の行使容認に踏みきることなど断じて許されない。

 報告書を提出したのは “有識者” らでつくる「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」だ。第1次安倍内閣で設けられ,第2次内閣でも再開された安倍首相の私的諮問機関である。

 報告書では,政府が憲法違反としてきた「集団的自衛権の行使」を認めるよう,憲法解釈の変更を求めた。集団的自衛権の行使も「自衛のための必要最小限度」の枠内という理屈だ。

 a)「大国の介入を正当化」--集団的自衛権とはたとえば,米国に対する攻撃を,日本が直接攻撃されていなくても反撃する権利である。政府は国際法上,権利を有しているが,その行使は憲法9条で許される実力行使の範囲を超える,との立場を堅持してきた。
 この権利は,報告書が指摘するように,1945年の国際連合憲章起草のさい,中南米諸国の求めで盛りこまれた経緯がある。安全保障理事会の常任理事国に拒否権が与えられ,発動されれば国連の安全保障措置が機能しない懸念があるとして,中小国が集団で防衛しあう権利を認めさせたのだ。

 しかし,国連に報告された行使の事例をみると,米国などのベトナム戦争,旧ソ連のハンガリー動乱やプラハの春への介入など,大国による軍事介入を正当化するものがほとんどだ。このような「戦争する」権利の行使をいま,認める必要性がどこにあるのか。

 補注)この指摘,集団的自衛権行使の問題に関する由来をしれば,安倍晋三のようにこの自衛権の行使にひどく執着する態度は,大国「風」の軍事方針に近づいて悪用だけされる危険性:問題性があるが理解できる。現在の日本は大国,それも軍事大国ではない。それでも大国風に軍事行動がしたいのか? それは,違う。アメリカに利用されるだけの集団的自衛権行使になることは,いまからたやすく予想できるのである。

 北朝鮮がアメリカ向けにミサイルを発射したとき,これは日本上空は通過しない。北極圏を飛んでアメリカに向かう。このとき,日本はただちに北朝鮮に向かい,自衛権を集団的に発動するというのか? 安倍晋三という男,ともかく,戦争がやりたいらしい。それもとくに北朝鮮と……。北朝鮮なら勝てるなどと思いこんでいるのか?
 
 しかし,考えてもみよ。アフガニスタンやイラクのような戦争を東アジアで起こしたら,いまのところ平和的に過ごせげいるこの地域は,もうお陀仏である。日本とて,お陀仏にはならなくても,政治・経済・社会に大打撃を受けること必定である。

 いったい,この男,なにを考えているのか? おもちゃの兵隊や軍隊が戦争ゴッコをするのとは,わけが違うことくらい,「大国日本」の最高責任者として認識できていないというのか?

 中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発が現実的な脅威だとしても,外交力を駆使して解決するのが筋ではないのか。軍事的な選択肢を増やしたとしても,軍拡競争に拍車を掛ける「安全保障のジレンマ」に陥るのが落ちだ。

 b)「正統性なき私的機関」--戦争放棄と戦力不保持の憲法9条は,第2次世界大戦での310万人に上る尊い犠牲のうえに成り立つことを忘れてはなるまい。その9条にもとづいて集団的自衛権の行使を認めないのは,戦後日本の「国のかたち」でもある。

 1981年に確立したこの憲法解釈を堅持してきたのは,ほとんどの期間政権に就いていた自民党中心の歴代内閣にほかならない。憲法解釈じたいは内閣法制局が担ってきたが,国民に選挙で選ばれた国会議員と政府が一体で30年以上積み上げ,国会での長年の議論を経て「風雪に耐えた」解釈でもある。それを一内閣の判断で変えてしまっていいはずがない。

 もし,集団的自衛権を行使しなければ,国民の命と暮らしを守れない状況が現実に迫りつつあるというのであれば,衆参両院での3分の2以上の賛成による改正案発議と国民投票での過半数の賛成という96条の手続に従い,憲法を改正するのが筋である。

 補注)ものごとの〈筋〉とは無縁の世界に生きているのが,いまの首相である。民主党に政権を奪われる前,1年ほど首相を務めたときこの男,よほどくやしい思い出を残しているらしい。こんどこそは,ということで,自党の圧倒的な国会勢力を背景に,自分の欲望を乱暴にも一気に実現させているつもりである。

 そうした正規の手続を経ない「解釈改憲」が許されるのなら,憲法は法的安定性を失い,憲法が権力を縛るという立憲主義は形骸化する。それでは法の支配という民主主義国家共通の価値観を,共有しているとはいえない。

 安保法制懇のメンバー14人は外務,防衛両省の元事務次官,国際政治学者ら外交・安全保障の専門家がほとんどだ。憲法という国の最高法規への畏敬の念と見識を欠いていたのではないか。

 補注)「安保法制懇(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)」の有識者構成は,以下の成員である。安倍晋三の賛同者ばかりであって,なかには,アメリカ国の家来みたいな人物も含まれている。
 岩間陽子 政策研究大学院大学教授
 岡崎久彦 特定非営利活動法人岡崎研究所所長・理事長
 葛西敬之 東海旅客鉄道株式会社代表取締役会長
 北岡伸一 国際大学学長・政策研究大学院大学教授
 坂元一哉 大阪大学大学院教授
 佐瀬昌盛 防衛大学校名誉教授
 佐藤 謙 公益財団法人世界平和研究所理事長(元防衛事務次官)
 田中明彦 独立行政法人国際協力機構理事長
 中西 寛 京都大学大学院教授
 西  修 駒澤大学名誉教授
 西元徹也 公益社団法人隊友会会長(元統合幕僚会議議長)
 細谷雄一 慶應義塾大学教授
 村瀬信也 上智大学教授
 柳井俊二 国際海洋法裁判所長(元外務事務次官。右上写真)
  出所)写真は,http://www.nonsolofole.it/?p=256428

 そのうえ,集団的自衛権の行使容認をめざす安倍首相への同調者ばかりである。バランスのとれた議論などできるわけがない。そもそも,この “有識者” 懇談会の設置に法的根拠はない。

 補注)つまり,安倍晋三のお友達=支持者だけが集められた懇談会である。このような会議をもって日本国の将来に重大な影響を与える中身を相談(懇談)させるなどといった政治手法は,独裁者の好むやり方に等しいものでしかない。手前味噌,牽強付会,我田引水,唯我独尊,夜郎自大,マッカーサー流にいえば「12歳のニッポン少年による政治」……。
 首相は記者会見で,今後実現を検討すべき具体例として,邦人輸送中の米艦船防護や,国連平和維持活動(PKO)の他国部隊が武装勢力に襲われたさいの自衛隊による「駆けつけ警護」を挙げた。

 国民の命と暮らしを守る方策を検討するのは当然だ。しかし,現行憲法の枠内でも可能とされるこれらの事例と,憲法解釈の変更を前提とする報告書の事例とは,あまりにも懸け離れている。混然一体とした例示で,集団的自衛権の行使容認の必要性を印象づけようとするのは姑息だ。

 c)「守るべきは平和主義」--首相は会見で「憲法の平和主義を守り抜く」「自衛隊が湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは,これからもけっしてない」とも述べた。これじたいは評価したい。ぜひ実践してほしい。

 補注)「けっしてない」と政治家がいったときは,絶対にけっして信用してはいけない。食言は政治家のつねであり,不可避・固有の政治的な体質である。集団的自衛権行使の問題を検討するならば,より現実的に考えねばならない。湾岸戦争やイラク戦争のときを思いだしたい。当時,もしも日本がアメリカとのあいだで集団的自衛権行使をする間柄であったならば,自衛隊がその湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加させられること」は当然であった。

 「憲法の平和主義を守り抜く」というのは,もう寝言のたぐいでしかになくなる。こんどはまさにそういう事態の発生を,いつも具体的に迎えることを覚悟しなければならない自衛隊3軍となるわけである。

 自衛隊の若者よ,辞めるならいまのうちだ。実際の戦闘部隊に配置されたら,命の保証もない。いまの自衛隊でも逃げると逃亡罪に問われる。下っぱの兵隊になればなるほど,1発の弾丸と同じ消耗品あつかいされる軍隊の現実を,いまからよく認識しておく必要がある。
 イラク戦争に駆りだされたアメリカ兵の相当数は,劣化ウラン弾の放射線障害を受けており,これが原因になる障害児も大勢生まれているが,アメリカ政府はこれを公にしていない。戦争は結局,悲惨と不幸をばらまく政治の延長である。兵士はその手駒にいいように使われて傷つき,殺される(死ぬ)。

 ベトナム戦争の帰還兵たちの不幸・不運・不満も,アメリカ社会にとっては大きな社会問題になっていたことを,よもや忘れたわけではあるまい。

 しかし,公明党や自民党の一部など与党内でも,解釈改憲という安倍内閣の政治手法に対する危機感が高まっているのも事実だ。カギを握るのは公明党である。戦後日本の「専守防衛」政策を根底から変えようとする安倍内閣に,政権内部からどう歯止めをかけるのか,日本の命運を左右する正念場と心えるべきである。

 補注)公明党が「カギを握る」のは,歯止めになりうる可能性をもつからなのか? 平和の党を自称するこの宗教政党,与党にへばりついていたいがために,結局,あってもなくてもなんの変わりもない,単なる自民党のオマケ政党になりはてている。それも,だいぶ以前から……。

 今日のニュースには,「創価学会,憲法解釈変更に反対 集団的自衛権協議影響も」(『朝日新聞』2014年5月17日)という見出しの記事も出ていた。この宗教団体に全面的に支持される公明党であるから,創価学会のいうことはすなおに聞くらしい。もともと「政教分離の原則」問題に危うく同居している公明党であるが,なぜ,いつも与党でいることを望んでいるかも,ついでに浮き彫りにするのが,このニュースである。

 ④ 小 括-岸 信介・東條英機・安倍晋三の影が,

この21世紀において,三つ巴に重なるような,この陰湿なる日本的光景
日本が昭和16〔1941〕年12月8日に始めた大東亜戦争(太平洋戦争)のとき,首相は軍人の能吏ではあったが,まともな政治家としての資質をまったく欠いていた東條英機が就いていた。その戦争を完全に負け戦にしていた途中でも,なお首相の座に執着していた人物である。敗戦後,いわずとしれたA級戦犯になった1人である。おかげで昭和天皇の首がつながったが……。

 岸 信介はA級戦犯になっても,敗戦後に落ち着いた時期になってからは,アメリカの手先になって使える(仕える)人物だと認定されていた。もっとも,戦後に駐日米国大使になるライシャワーなどは,敗戦させた日本の占領管理のなかでは,昭和天皇を「パペット(操人形)に使える(有用だ)」という認識を,それも学問的な立場--『日本研究』の視点--から,早くも戦争中に提唱していた。

 安倍晋三も,集団的自衛権の行使を実現させて「日本の政治史に残る」首相になりたいらしい。だが,アメリカ側からみれば「出すぎたまね」をする日本の総理大臣が出てきた,困ったもんだくらいにしか観ていないはずである。オレたちのいうとおりに日本はしたがい,黙って付いてくればいいと,この程度にしか観ていないのである。「余計なことするな」というのが,あちらさんの正直な気持である。

 米日関係のなかで首根っこをアメリカに抑えられているこの日本国が,いかに対米関係を維持・構築しながら,うまく国際環境のなかで生きていくのかという問題意識で考えるとき,安倍晋三の今回における政策決定は,あまりにも浅薄であり近視眼的である。別のいいかたでいえば,粗暴であり無知でもある。

 彼は,自分の欲求と国家のなすべき事項との混濁をはげしく生起させている自分の意識というものが,under control されていないのである。もっとも本当のところでは,アメリカに under control されていること〔← 日本・自民党・ABE Sinzou などが〕のほうは,間違いなくたしかであるが……。
出所)http://grevo.blog51.fc2.com/blog-entry-37.html

 安保法制懇の成員も成員たちである。とくに大学教員である人間が,14人中8人もいるが(名誉教授も含むらしいから,後段では学識経験者は9人とある),政府の単なる提灯もちになっている。その程度の役割なら果たせるような,本当は,その「学識が疑われる先生たち」である。

 彼らは本気でこの日本国の利害得失(最適・最善・最上の国家利益と国民福祉)のためを考えて,その懇談会に参席しているのか? このお坊っちゃま首相にでも,なんとか審議会に呼ばれたら,唯々諾々と応じて,この首相が喜ぶ結論を出すだけの能(脳)しかもちあわせていない人たちである。

 ⑤ 参 考-「集団的自衛権巡る論点は」
   (NHK NEWSWEB 2014年5月15日22時27分から引用)
 集団的自衛権の行使をめぐって,安倍総理大臣が設置した有識者懇談会は5月15日,憲法解釈を変更し,行使を容認するよう求める報告書を提出しました。戦後日本の安全保障政策の大転換となりえる議論が本格化することになりそうです。

 ★-1 安保法制懇とは。政府の有識者懇談会は,正式名称を「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」といい,安倍総理大臣の私的諮問機関として議論を続けてきました。メンバーは14人で,座長は柳井俊二元外務事務次官,座長代理が北岡伸一国際大学学長で,経歴をみますと学識経験者が9人,元官僚,元自衛官が4人,財界人が1人となっています。
補注)柳井俊二(写真は前掲)はアメリカ・スクールの元外交官であり,日本の国益よりもアメリカ志向でしかものごとを考えることができない人物である。
 全員がこれまでに発表した論文などのなかで,集団的自衛権の行使を容認することにいずれも肯定的な意見を明らかにしています。

 ★-2 報告書とは。報告書は,日本をとり巻く安全保障環境はいっそう厳しさを増しているとして,日本の平和と安全を維持するためには従来の憲法解釈では十分に対応できないとしています。そのうえで,憲法上認められる必要最小限度の自衛権のなかに集団的自衛権の行使も含まれると解釈すべきだとして,憲法解釈を変更し,集団的自衛権の行使を容認するよう求めました。
 補注)この「憲法上認められる必要最小限度の自衛権のなかに集団的自衛権の行使も含まれると解釈すべきだ」という解釈そのものは,実際における戦争法規としては,なんでもかんでも自衛権行使を許すことになる,いうなれば,打ち出の小槌になる必然性がある。
 いざとなれば「必要最小限度の自衛権」など,際限などないかたちと方向性でもって,いくらでも・いかようでにでも「必要最小限」の拡大(拡張)解釈がなされることは,火をみるよりも明らかである。
 この種の事実は歴史が過去において繰り返し実証してきている。ここまでみえすいた「必要最小限度」論は,いわゆるグレーゾーンの解釈と絡めば,それこそいくらでも拡延されていく運命にある理屈なのである。

 ★-3 集団的自衛権をめぐる論点。憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認については,さまざまな論点があります。主なものとして,
 ◇ 論点1.憲法解釈の変更という手続きをとることの是非,
 ◇ 論点2.行使を容認した場合に歯止めが効くかどうか,
 ◇ 論点3.今の解釈で認められている個別的自衛権や警察権でどこまで対応できるのか,
という3点が挙げられます。

 ◇ 論点1.--憲法解釈の変更という手続をとることの是非について,慶應義塾大学の小林 節名誉教授は,「集団的自衛権の行使容認という実質的な憲法改正を解釈の変更でおこなうことを許せば,将来,憲法を土台から壊し,権力者だったらなんでもできるという独裁国家を生むおそれがある。集団的自衛権の行使を容認したいのなら,堂々と憲法改正を提起して,国民的な論争を経て,国民投票で可決してもらうのが筋だ」と批判しています。
 一方,有識者懇談会のメンバーの1人で駒澤大学の西 修名誉教授は,「いまの憲法はそれぞれの国の固有の権利である自衛権を否定しているわけではなく,その自衛権の1つである集団的自衛権の行使のしかたを議論していくことは立憲主義に反しない。現代は,憲法で国家権力を制約するだけでなく,国家に積極的な役割を果たさせることが求められる」と話しています。

 ◇ 論点2.--行使を容認した場合に歯止めが効くかどうかについては,行使を容認した場合に歯止めが効くかどうかについて,自衛隊のイラク派遣当時,内閣官房副長官補を務めた,元防衛官僚の柳澤協二さんは,「集団的自衛権を行使してほしいという他国から要請されて助けないとなったら,政治的なダメージは計りしれないため,結局,集団的自衛権は歯止めが効かない」。

 「自衛隊は発足以来,1人の戦死者も出さなかったが,集団的自衛権の行使が容認されれば,そうした犠牲を強いることになるという認識が必要だ。こうしたリスクやデメリットもすべて考慮して議論すべきだ」と指摘しています。

 一方,駒澤大学名誉教授の西 修さんは,「報告書では,国際法上の縛りにくわえ,『日本の安全に重大な影響を及ぼす可能性がある』といった条件を定めている。その範囲でしか行使できないようにすれば,歯止めになる。さらに,必要最小限の行使を容認していくのであり,政府,国会,国民それぞれが歯止めの在り方を議論していくべきだ」と話しています。

 補注)こういう歯止め論については,以下のように指摘しておく。戦争事態が発生というときはたいがい,関係国が興奮状態になってしまうときでもある。だから,上の説明はまともな説明になりえず,視野狭窄の,それも近視眼的な解釈である。この歯止め論は,ただもっともらしく語るけれでも,実は現実をごまかしながら,しかもひたすら楽観的に期待する話でしかない。

 さきほども指摘したように「必要最小限の行使を容認していく」のだとはいっても,実際の場面に遭遇したときは,この必要最小限といわれる範囲は,結局,どこまでも拡大されていくほかなくなる。

 なせに「敵がいての・敵国があっての話である」。たいていは「攻撃は最大の防御だ」という要領で敵・敵国が攻撃してくるのに対して,その相手国側において「必要最小限の行使を容認していく」という対応(応戦の方法)は,〈戦争話〉に関していえば,あまりにも非現実的な想定である。いざとなったとき措置される「必要の最小限」というものの水準は,実際においては「狂躁的に最大化する」ことを覚悟しておくほかない。ここではともかく,もっと現実的に議論せよといっておかねばなるまい。

 大東亜戦争の範囲がどこまで戦線を拡延していったか,もう一度思いだしておいたほうがよいのではないか。おまけに戦争などおっぱじめたら,経済のほうも大混乱させられること必至である。

 どういう大混乱かは,上記の戦争において発行された国債(戦時債権)が,敗戦後,完璧に紙屑になったという歴史的事実からもたやすく想像できる。こんなことで歴史に学ぶことにはしたくないが,それでもまたぞろ,同じような愚を繰りかえしたいかのような幼稚な政治家が出てきた。

出所)http://www13.ocn.ne.jp/~seiroku/kousai.html
これらは敗戦によって「紙切れ同然」となった。償還
期間は10年間と説明されている。昭和26年~に償還?

 ◇ 論点3.--いまの解釈で認められている個別的自衛権や警察権で,どこまで対応できるのかについて,たとえば,報告書で示された事例のうち,公海上で攻撃されたアメリカの艦船を自衛隊が守るケースなどは,個別的自衛権で対応できるという指摘があります。
 安全保障が専門で,流通経済大学教授の植村秀樹さんは,「報告書には,日本が対応する必要がない事例や,個別的自衛権でも対応できる事例が含まれている。国民が集団的自衛権の行使容認を受け入れやすい事例を並べている印象があり,結論ありきで,世論をミスリードするおそれがある」と指摘しています。

 補注)安保法制懇は,すでに指摘されているように,あくまで安倍晋三の私的懇談会である。ここで,一国の大事である戦争法規問題を相談させ議論させ,自分の好むような「結論がさきにありき」の議論をさせるのは,出来レースもいいところであり,ひどくみえすいている。

 いうなれば,国家運営を私物化しているのが,現在の首相である。彼はすでに,退任すべきに値する十二分の事由を自分で提供している。この国では,独裁者が首相の座を占めて政治をやっているのではない。民主主義の基本理念を勘違いしているのでなければ,あえて無視しているごとき人間に,この国の首相を務める資格はない。

 一方,安全保障が専門で,拓殖大学海外事情研究所教授の川上高司さんは,「日本をとり巻く安全保障環境は激変しており,領海領空をめぐる争いや,北朝鮮の弾道ミサイルなどの脅威が日に日に増している。ほかの国が日本を守ってくれているのに,日本がほかの国を守れない現状はあらためていかなければならない。日米同盟を強化するためにも,集団的自衛権の行使容認は早急に必要だ」と指摘しています。

 補注)この安全保障の専門家だというこの教授は,日米軍事同盟関係の歴史的本質を,まともにわきまえたうえで,ものをいっているようには受けとれない。こういう人間のいうことを真に受けていたら,アメリカ軍の支援(褌担ぎ)だけをやらされる自衛隊3軍の立場だけは,確実にさらに深刻化(=発展)するのが関の山である。

 イラク戦争のとき日本の自衛隊はこの「褌担ぎ」の役目もろくにできなかったから,これを反省してこれだけでもきちんとできる軍隊になりたいということなら,理解できなくもない。だが,前述にも説明されていたように,集団的自衛権を主導し,行使する国は以前から「軍事大国のほうだけ」と相場が決まっていた。

 そうではなく,日本自身がその自衛権をアメリカ側に発動させる場面というのは,想定としては可能性がありえなくもないけれども,ほとんどありえないとみておいたほうが順当である。仮に,北朝鮮との悶着が発生したとき,どの国の軍隊がまずさきに作戦行動するかといえば,米軍に決まっている。そのとき自衛隊3軍は,この米軍にいいように使われる,協力させられるのがオチである。

 またいえば,この逆の順序・関係・布陣で「日・米軍が行動する」ということは,ほとんどありえない。以上が集団的自衛権行使としてもっとも可能性の高い予想例である。

 こうした補注の議論を踏まえていう。となればしょせんは,なんのために集団的自衛権を行使できる日本国になりたいというのか,まだまだ不可解な点を残している。アメリカの子分・舎弟格としてこの親分・ボスに仕える日本の自衛隊になりたいというのであれば,論理がいちばんすっきり通る。だが,このためにといって挙げる「集団的自衛権行使のための理由」なのであれば,この日本国の対米従属性をただ再確認させられ,さらにもっと自縄自縛の自衛隊3軍になっていくに過ぎない。

 最後にもう一度いいたい。自衛隊勤務の若者よ,これからは早くこの軍隊を辞めて,命の安全性が高い職業に転換したほうが賢明である。アメリカの手先たちの政治家の命令一下,戦地に派兵され,戦場に放りだされて,紛争のなかでの戦闘などで命など落としたら,あなた方の人生にとっては,なにも面白くないことになる。家族も悲しむ。

 「尊い命」などと「死んでからいわれる」よりも,生きていてこそ,この尊い命の価値が発揮できるはずである。だいたい「尊い命」など口にする人物たちが,いったいどのような範疇の人間たちであり,そしてしかも安全地帯からそう叫んでいることを,注意してみなければいけない。

「政治(戦争)論」カテゴリの最新記事
落合信彦が安倍晋三をボロクソに批判し,「幼稚と傲慢」の首相である核心(シンゾウ部)を痛撃

籾井勝人会長の本心,皆様のNHKは安倍晋三様の指示するとおりに経営いたします
「アベノミクス」はもう賞味期限切れ,施政方針演説ではまともに触れず,こんどは軍隊ごっこでオモチャの兵隊に遊びたい日本国首相「アベノミリタリー・ワールド」
安倍晋三に,なかにし礼の反戦・抵抗意識が,まともに理解できるか?

東京大空襲に関する分析-空襲の実際,その戦災の悲惨-
海野十三と桐生悠々-日本空襲を描いた小説家と防空演習を「嗤った」ジャーナリスト-
満洲引き揚げ者としての日本帝国臣民(なかにし礼),敗戦後「日本」における天皇・天皇制の立場
「暗愚の首相」がいざなう「戦前体制的な暗黒世界」,戦後レジームよりも「戦前風の全体国家主義が大好きな安倍晋三」,日本を滅ぼす「過去の亡霊的首相」の徘徊
慰安婦問題を全面否定する「歴史無知・史実否認」の安倍晋三に嵌められた朝日新聞社のうかつ-『ZAITEN』3月号 中村洋子のルポ記事など-
「邦人の保護」という安倍晋三の口先発言は,日本国民から信用されていない。

http://blog.livedoor.jp/bbgmgt/archives/1003032658.html

▲PageTop

アメリカは誕生して以来、平和だったのはわずか21年間に過ぎないという驚くべき結果。

その他

◆アメリカは、その歴史のうち93% - 239年中222年間が戦争していた

2011年に、Daniosはこう書いた。

年ごとの、アメリカ戦争年表を作成してみたところ、大変に興味深いことがわかる。アメリカ合州国が1776年に建国されて以来、235年の存在のうち、214年間、戦争をしてきた。言い換えれば、アメリカがいかなる戦争もしなかったのは、わずか21年に過ぎないのだ。

これを見やすく並べてみよう。

* 1776年以降のどの年でもとりあげてみれば、アメリカがその歴年のうち何らかの戦争を行っている可能性は91%だ。

* 本当に平時の大統領といえるものは一人もいない。それどころか、アメリカ大統領全員、厳密に言って、“戦争大統領”と見なすことができる。

* アメリカが10年間、戦争をしなかったことはない。

* アメリカが5年間、戦争をせずにすごした唯一の時期(1935-40)は、大恐慌の孤立主義時代だ。

* * *
アメリカの戦争を図にするとこうだ。

アメリカの主要な戦争の、年ごとの年表は下記の通りだ。
****
年ごとのアメリカの主要戦争年表(1776-2011)

1776 - アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、第二次チェロキー戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1777 - アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、第二次チェロキー戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1778 - アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1779 - アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1780 - アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1781 - アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1782 - アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1783 - アメリカ独立戦争、チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争
1784 - チカマウガ戦争、ペナマイト・ヤンキー戦争、オコニー戦争
1785 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1786 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1787 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1788 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1789 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1790 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1791 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1792 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1793 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1794 - チカマウガ戦争、北西インディアン戦争
1795 - 北西インディアン戦争
1796 - 大規模戦争無し
1797 - 大規模戦争無し
1798 - 擬似戦争(対仏海上戦)
1799 - 擬似戦争
1800 - 擬似戦争
1801 - 第一次バーバリ戦争
1802 - 第一次バーバリ戦争
1803 - 第一次バーバリ戦争
1804 - 第一次バーバリ戦争
1805 - 第一次バーバリ戦争
1806 - サビーネ遠征
1807 - 大規模戦争無し
1808 - 大規模戦争無し
1809 - 大規模戦争無し
1810 -アメリカ、スペイン領西フロリダを占領
1811 - テカムセの戦争
1812 - 米英戦争、テカムセの戦争、セミノール戦争、アメリカ、東フロリダのスペイン領アメリア・アイランドや他の部分を占領
1813 - 米英戦争、テカムセの戦争、ピオリア戦争、クリーク戦争、アメリカ、領土を西フロリダ中に拡張
1814 - 米英戦争、クリーク戦争、アメリカ、フロリダ内で領土拡張、海賊掃討作戦
1815 - 米英戦争、第二次バーバリー戦争、海賊掃討作戦
1816 - 第一次セミノール戦争、海賊掃討作戦
1817 - 第一次セミノール戦争、海賊掃討作戦
1818 - 第一次セミノール戦争、海賊掃討作戦
1819 - イエロースント遠征、海賊掃討作戦
1820 - イエロースント遠征、海賊掃討作戦
1821 - 海賊掃討作戦 (上の注を参照)
1822 - 海賊掃討作戦 (上の注を参照)
1823 - 海賊掃討作戦、アリカラ戦争
1824 - 海賊掃討作戦
1825 - イエロースント遠征、海賊掃討作戦
1826 - 大規模戦争無し
1827 - ウイニベイゴ戦争
1828 - 大規模戦争無し
1829 - 大規模戦争無し
1830 - 大規模戦争無し
1831 - サック・インディアン、フォックス・インディアン戦争
1832 -ブラック・ホーク戦争
1833 - チェロキー・インディアン戦争
1834 - チェロキー・インディアン戦争、パウニ・インディアン領作戦
1835 - チェロキー・インディアン戦争、セミノール戦争、第二次クリーク戦争
1836 - チェロキー・インディアン戦争、セミノール戦争、第二次クリーク戦争、ミズーリ-アイオワ国境戦争
1837 - チェロキー・インディアン戦争、セミノール戦争、第二次クリーク戦争、オセイジ・インディアン戦争、バックショット戦争
1838 - チェロキー・インディアン戦争、セミノール戦争、バックショット戦争、ヘザリー・インディアン戦争
1839 - チェロキー・インディアン戦争、セミノール戦争
1840 - セミノール戦争、アメリカ海軍、フィジー諸島侵略
1841 - セミノール戦争、アメリカ海軍、マッキンー島、ギルバート島と、サモア侵略
1842 - セミノール戦争
1843 - アメリカ軍、中国と衝突、アメリカ軍、アフリカ海岸を侵略
1844 - テキサスのインディアン戦争
1845 - テキサスのインディアン戦争
1846 - 米墨戦争、テキサスのインディアン戦争
1847 - 米墨戦争、テキサスのインディアン戦争
1848 - 米墨戦争、テキサスのインディアン戦争、カイユース戦争
1849 - テキサスのインディアン戦争、カイユース戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い
1850 - テキサスのインディアン戦争、カイユース戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、ユマ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、ピット・リバー遠征
1851 - テキサスのインディアン戦争、カイユース戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、ユマ戦争、ユタのインディアン戦争、カリフォルニアのインディアン戦争
1852 - テキサスのインディアン戦争、カイユース戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、ユマ戦争、ユタのインディアン戦争、カリフォルニアのインディアン戦争
1853 - テキサスのインディアン戦争、カイユース戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、ユマ戦争、ユタのインディアン戦争、ウォーカー戦争、カリフォルニアのインディアン戦争
1854 - テキサスのインディアン戦争、カイユース戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い
1855 - セミノール戦争、テキサスのインディアン戦争、カイユース戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、ヤキマ戦争、ウィナス遠征W、クリッキタット戦争、ピュージェット・サウンド戦争、ローグ川戦争、アメリカ軍、フィジー諸島と、ウルグアイを侵略。
1856 - セミノール戦争、テキサスのインディアン戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、ピュージェット・サウンド戦争、ローグ川戦争、ティンティク戦争
1857 - セミノール戦争、テキサスのインディアン戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、ユタ戦争、ニカラグアで紛争
1858 - セミノール戦争、テキサスのインディアン戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、モハーヴェ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、スポーカン-クール・ド・エイリーン-パルース戦争、ユタ戦争、アメリカ軍、フィジー諸島とウルグアイを侵略
1859 テキサスのインディアン戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、ペコス遠征、アンテロープ・ヒルズ遠征、ベア・リバー遠征、ジョン・ブラウン襲撃事件、アメリカ軍の対パラグアイ攻撃、アメリカ軍、メキシコ侵略
1860 - テキサスのインディアン戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアののインディアン戦争、パイユート戦争、カイオワ・コマンチ戦争
1861 -南北戦争、テキサスのインディアン戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、シャイアン作戦
1862 -南北戦争、テキサスのインディアン戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、シャイアン作戦、1862年、ダコタ戦争
1863 -南北戦争、テキサスのインディアン戦争、南西インディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、シャイアン作戦、コロラド戦争、ゴシュート戦争
1864 -南北戦争、テキサスのインディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、シャイアン作戦、コロラド戦争、スネーク戦争
1865 -南北戦争、テキサスのインディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、コロラド戦争、スネーク戦争、ユタ・ブラック・ホーク戦争
1866 - テキサスのインディアン戦争、ナバホ戦争、アパッチ戦争、カリフォルニアのインディアン戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い、スネーク戦争、ユタ・ブラック・ホーク戦争、レッド・クラウド戦争、フランクリン郡戦争、アメリカ、メキシコ侵略、中国と紛争
1867 - テキサスのインディアン戦争、ロング・ウォーク・オブ・ナバホ、アパッチ戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い、スネーク戦争、ユタ・ブラック・ホーク戦争、レッド・クラウド戦争、コマンチ戦争、フランクリン郡戦争、アメリカ軍、ニカラグアを占領し、台湾を攻撃。
1868 - テキサスのインディアン戦争、ロング・ウォーク・オブ・ナバホ、アパッチ戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い、スネーク戦争、ユタ・ブラック・ホーク戦争、レッド・クラウド戦争、コマンチ戦争、ウォシタ川の戦い、フランクリン郡戦争
1869 - テキサスのインディアン戦争、アパッチ戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い、ユタ・ブラック・ホーク戦争、コマンチ戦争、フランクリン郡戦争
1870 - テキサスのインディアン戦争、アパッチ戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い、ユタ・ブラック・ホーク戦争、コマンチ戦争、フランクリン郡戦争
1871 - テキサスのインディアン戦争、アパッチ戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い、ユタ・ブラック・ホーク戦争、コマンチ戦争、フランクリン郡戦争、キングスリー洞窟の虐殺、アメリカ軍、朝鮮侵略
1872 - テキサスのインディアン戦争、アパッチ戦争、ユタのブラック・ホーク戦争、コマンチ戦争、モードック戦争、フランクリン郡戦争
1873 - テキサスのインディアン戦争、コマンチ戦争、モードック戦争、アパッチ戦争、サイプレス・ヒルズの虐殺、アメリカ軍、メキシコ侵略
1874 - テキサスのインディアン戦争、コマンチ戦争、レッド・リヴァー戦争、メーソン郡戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1875 - メキシコでの紛争、テキサスのインディアン戦争、コマンチ戦争、東ネヴァダ、コルファクス郡戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1876 - テキサスのインディアン戦争、ブラックヒルズ戦争、メーソン郡戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1877 - テキサスのインディアン戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い、ブラックヒルズ戦争、ネズ・パース戦争、メーソン郡戦争、リンカーン郡戦争、サン・エリザリオ塩戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1878 - パイユート・インディアン紛争、バノック戦争、シャイアン戦争、リンカーン郡戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1879 - シャイアン戦争、シープイーター・インディアン戦争、ホワイト・リバー戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1880 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1881 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1882 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1883 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1884 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1885 - アパッチ戦争、東ネヴァダ遠征、アメリカ軍、メキシコ侵略
1886 - アパッチ戦争、プレザント渓谷戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1887 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1888 -アメリカの対ハイチ威嚇行動、アメリカ軍、メキシコ侵略
1889 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1890 - スー・インディアン戦争、第1騎兵隊とインディアンの小競り合い、ゴースト・ダンス戦争、ウンデット・ニーの虐殺、アメリカ軍、メキシコ侵略
1891 - スー・インディアン戦争、ゴースト・ダンス戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1892 - ジョンソン・カンティ戦争、アメリカ軍、メキシコ侵略
1893 -アメリカ軍、メキシコとハワイ侵略
1894 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1895 -アメリカ軍、メキシコ侵略、バノック・インディアン騒乱
1896 -アメリカ軍、メキシコ侵略
1897 - 大規模戦争無し
1898 - 米西戦争、リーチ湖の戦い、チペワ・インディアン騒乱
1899 -米比戦争、バナナ戦争
1900 -米比戦争、バナナ戦争
1901 -米比戦争、バナナ戦争
1902 -米比戦争、バナナ戦争
1903 -米比戦争、バナナ戦争
1904 -米比戦争、バナナ戦争
1905 -米比戦争、バナナ戦争
1906 -米比戦争、バナナ戦争
1907 -米比戦争、バナナ戦争
1908 -米比戦争、バナナ戦争
1909 -米比戦争、バナナ戦争
1910 -米比戦争、バナナ戦争
1911 -米比戦争、バナナ戦争
1912 -米比戦争、バナナ戦争
1913 -米比戦争、バナナ戦争、ニュー・メキシコ・ナバホ戦争
1914 - バナナ戦争、アメリカ、メキシコ侵略
1915 - バナナ戦争、アメリカ、メキシコ侵略、コロラド・パイユート戦争
1916 - バナナ戦争、アメリカ、メキシコ侵略
1917 - バナナ戦争、第一次世界大戦、アメリカ、メキシコ侵略
1918 - バナナ戦争、第一次世界大戦、アメリカ、メキシコ侵略
1919 - バナナ戦争、アメリカ、メキシコ侵略
1920 - バナナ戦争
1921 - バナナ戦争
1922 - バナナ戦争
1923 - バナナ戦争、ポウジー戦争
1924 - バナナ戦争
1925 - バナナ戦争
1926 - バナナ戦争
1927 - バナナ戦争
1928 - バナナ戦争
1930 - バナナ戦争
1931 - バナナ戦争
1932 - バナナ戦争
1933 - バナナ戦争
1934 - バナナ戦争
1935 - 大規模戦争無し
1936 - 大規模戦争無し
1937 - 大規模戦争無し
1938 - 大規模戦争無し
1939 - 大規模戦争無し
1940 - 大規模戦争無し
1941 - 第二次世界大戦
1942 - 第二次世界大戦
1943 - 第二次世界大戦
1944 - 第二次世界大戦
1945 - 第二次世界大戦
1946 - 冷戦 (アメリカ、フィリピンと韓国を占領)
1947 - 冷戦 (アメリカ韓国占領、アメリカ軍、共産党と戦う為、ギリシャ上陸)
1948 - 冷戦 (アメリカ軍、対共産党戦で、中国国民党を支援)
1949 - 冷戦 (アメリカ軍、対共産党戦で、中国国民党を支援)
1950 - 朝鮮戦争、ジャユガ蜂起
1951 - 朝鮮戦争
1952 - 朝鮮戦争
1953 - 朝鮮戦争
1954 - グアテマラでの秘密戦争
1955 - ベトナム戦争
1956 - ベトナム戦争
1957 - ベトナム戦争
1958 - ベトナム戦争
1959 - ベトナム戦争、ハイチ紛争
1960 - ベトナム戦争
1961 - ベトナム戦争
1962 - ベトナム戦争、冷戦 (キューバ・ミサイル危機;アメリカ海兵隊、タイで共産党と戦闘)
1963 - ベトナム戦争
1964 - ベトナム戦争
1965 - ベトナム戦争、アメリカるよるドミニカ共和国占領略
1966 - ベトナム戦争、アメリカるよるドミニカ共和国占領略
1967 - ベトナム戦争
1968 - ベトナム戦争
1969 - ベトナム戦争
1970 - ベトナム戦争
1971 - ベトナム戦争
1972 - ベトナム戦争
1973 - ベトナム戦争、第四次中東戦争で、アメリカはイスラエルを支援
1974 - ベトナム戦争
1975 - ベトナム戦争
1976 - 大規模戦争無し
1977 - 大規模戦争無し
1978 - 大規模戦争無し
1979 - 冷戦 (アフガニスタンでのCIA代理戦争)
1980 - 冷戦 (アフガニスタンでのCIA代理戦争)
1981 - 冷戦 (アフガニスタンとニカラグアでのCIA代理戦争)、第一次シドラ湾事件
1982 - 冷戦 (アフガニスタンとニカラグアでのCIA代理戦争)、レバノン紛争
1983 - 冷戦 (グレナダ侵略、アフガニスタンとニカラグアでのCIA代理戦争)、レバノン紛争
1984 - 冷戦 (アフガニスタンとニカラグアでのCIA代理戦争)、ペルシャ湾紛争
1985 - 冷戦 (アフガニスタンとニカラグアでのCIA代理戦争)
1986 - 冷戦 (アフガニスタンとニカラグアでのCIA代理戦争)
1987 - ペルシャ湾紛争
1988 - ペルシャ湾紛争、アメリカ、パナマ占領
1989 - 第二次シドラ湾事件、アメリカ、パナマ占領、フィリピン紛争
1990 - 第一次湾岸戦争、アメリカによるパナマ占領
1991 - 第一次湾岸戦争
1992 - イラク紛争
1993 - イラク紛争
1994 - イラク紛争、アメリカ、ハイチ侵略
1995 - イラク紛争、アメリカのハイチ侵略、NATOのボスニア、ヘルツェゴビナ爆撃
1996 - イラク紛争
1997 - 大規模戦争無し
1998 - イラク爆撃、アフガニスタンとスーダンへのミサイル攻撃
1999 - コソボ戦争
2000 - 大規模戦争無し
2001 - アフガニスタン対テロ戦争
2002 - アフガニスタンとイエメンで対テロ戦争
2003 - アフガニスタンとイラクで対テロ戦争
2004 - アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2005 - アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2006 - アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2007 - アフガニスタン、イラク、パキスタン、ソマリアと、イエメン対テロ戦争
2008 - アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2009 - アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2010 - アフガニスタン、イラク、パキスタンと、イエメン対テロ戦争
2011 - アフガニスタン、イラク、パキスタン、ソマリアと、イエメンで対テロ戦争; リビアでの紛争(リビア内戦)

こうした戦争の多くで、アメリカは攻撃側だった。Daniosは、戦争の中には防衛的なものもあったことを認めている。ただし、Daniosは、 戦争と見なすことのできる、CIAの秘密作戦や他の行動を除外している。
2011年以降に起きたものを更新しておこう。
2012 - アフガニスタン、イラク、ソマリア、シリアとイエメンで対テロ戦争
2013 - アフガニスタン、イラク、ソマリア、シリアとイエメンで対テロ戦争
2014 - アフガニスタン、イラク、ソマリア、シリアとイエメンで対テロ戦争、ウクライナ内戦
2015 - ソマリア、ソマリア、シリアとイエメンで対テロ戦争、ウクライナ内戦

更に4年間の戦争を足すことができる。
これにより、239年間のうち、222年間 - 93%の期間 - アメリカは戦争中ということになる。(正確な数について、言いだせばきりがないが、かなりの割合の時間、アメリカが戦争中であることは明らかで、間違いはない。)

事実、第二次世界大戦以後行われた大半の軍事作戦は、アメリカによるものだ。
また、アメリカの軍事支出は、それ以外の世界を全部合わせたより遥かに大きい。
世論調査で、アメリカが平和に対する第一番の脅威だと世界が考えても無理はない。

ソース
http://www.washingtonsblog.com/2015/02/america-war-93-time-222-239-years-since-1776.html
----------

▲PageTop

アベノミクスで恩恵を受ける人と、その正体とは?

その他

株価が上がって浮かれているそうですが、株価上昇で潤ウルオってるは日本国民の1%の金持ちと、外国人投資家だけで、一般庶民は全然潤ウルオっていない!
その証拠に、
1000万円から3000万円台の高級車が予約待ち状態くらい売れている!
しかし、
¥100万円台の軽自動車と100万円以下の中古車が売れているが、
200万円から400万円台の中堅層の車は不調で売れていない!
つまり、金持ちはより金持ちになり、貧乏人はより貧乏になっているのだ!

私たちは地獄行きの急行列車「アベノミクス号」に乗っている

首相自らが「この道しかない」と言って継続中のアベノミクス。「今年はその真価が問われる年」とメディアは言うが、もう結果は明らかだろう。つまり、アベノミクスはムードだけの“実質”が伴わない“改革”であり、私たちは「地獄行きの急行列車」に乗っているのと同じだ。

そもそも、金融・財政政策だけでは、経済は回復しない。すでにあらゆる数値がこのことを示しているのに、メディアはいつまで「ムード報道」を続けるのだろうか?

以下、アベノミクスの正体を見るために、ドルベース(ドルで見なければ実質はわからない)で、各種数値を捉え直してみた。

ドル円交換レート

各年の(年平均)(12月平均)を示す。
2011年(年平均)79.80円 (12月平均) 77.85円   
2012年(年平均)79.79円 (12月平均) 83.57円 
2013年(年平均)97.59円 (12月平均)103.51円 
2014年(年平均)105.94円(12月平均)119.31円 

*アベノミクスが始まる前から円安は始まっており、この4年間で円はドルに対して約50%も下落した。つまり、日本円の価値は大幅に下がった。このままいくと、円は国際通貨の中で「最弱の通貨」になりかねない。メディアが常套句で使う「円は安全資産」というのはウソだ。

株価

日経平均の各年12月の大納会終値とその日のドルと円の交換レート、ドルに換算した株価を示す。
2011年   8455円  76.94円 約110ドル
2012年 1万0395円  86.01円 約121ドル
2013年 1万6291円 105.15円 約155ドル
2014年 1万7451円 119.46円 約146ドル
*アベノミクスが始まった2012年12月、日経平均は1万0395円だったが、丸2年後の2014年12月は1万7451円となり、株価はなんと約7000円も上がった。しかし、ドル換算で見ると、2012年12月は約121ドルで2014年12月は約146ドルだから、わずか25ドル上がったにすぎない。
また、2014年の1年間だけを見ると、株価は円では1000円以上上がったが、ドルでは約9ドル下落している。アベノミクスで株価は上がり、日本経済は回復したと言われたが、ドルで見るとそうなってはいない。株価は、経済回復のバロメーターたりえていない。

日本の名目GDPの推移

SNA(国民経済計算マニュアル)に基づき円とドルベースで示す。
2011年 473.9兆円 5万9385億ドル
2012年 474.4兆円 5万9456億ドル
2013年 483.1兆円 4万9207億ドル
2014年 488.6兆円 4万7698億ドル(IMF推計)
※円ベースではほぼ横ばいだが、ドルベースでは大幅に目減りしている。とくに円安が進んだ2013年は、約1兆ドルも吹き飛んだ。

1人当たり名目GDP

SNA(国民経済計算マニュアル)に基づきドルベースで示す。
2011年 4万6175ドル
2012年 4万6531ドル
2013年 3万8644ドル
2014年 3万7539ドル(IMFの推定値)
※昨年末、内閣府が発表した2013年度の日本の1人当たりGDPは3万8644ドルで、OECD加盟国の中では19位。前年は13位。1人当たりのGDPが減少すると、最終的には社会保障の水準も低下する。2000年までは1人当たりのGDPが主要国中1位2位だったから、いまの日本は主要国の中でも「貧しい国」になったと言える。

企業の経常利益の推移

資本金10億円以上の大企業の経常利益(財務省の「法人企業統計」)を示す。( )内は各年をドルで換算したもの。
2011年 約23.9兆円 (約2995億ドル)
2012年 約25.9兆円 (約3246億ドル)
2013年 約34.8兆円 (約3566億ドル)
2014年----
*2013年度に「資本金10億円以上の大企業」は経常利益を前年比で約10兆円、約34%も上昇させた。しかし、ドルベースで見ると、ほとんど横ばいだ。企業業績の改善といっても、それは円に換算したときの為替益だけの話で、企業の収益力が上がったわけではない。

だから、リフレ派が望んだ業績が上がれば給料が上がる。設備投資が増えるは起こっていない。
しかも、「資本金1000万円未満の中小・零細企業」は、2013年度に平均マイナス2%の減益となっている。為替の恩恵を受けられないので、円ベースでもマイナスになった。

トヨタの売上高の推移

ここ4年間の3月年度決算より。
2011年3月 18兆9940億円(約2163億ドル)
2012年3月 18兆5840億円(約2329億ドル)
2013年3月 22兆0640億円(約2765億ドル)
2014年3月 25兆6920億円(約2632億ドル)
*トヨタは日本一の優良企業であり、日本経済全体の牽引車でもある。リーマンショックで落ち込んだものの、ここ2年間、売り上げを伸ばし、営業利益も2年連続で過去最高を更新している、しかし、国内販売の低迷を北米などの海外販売と円安による為替差益で補った結果だ。
日本の国内市場は、軽自動車しか売れなくなっている。

民間給与の推移

国税庁「民間給与実態統計調査」から、ここ4年間の推移を示す。( )内はドル換算。
2011年 平均年収409万円(約5万1253ドル)
2012年 平均年収408万円(約5万1134ドル)
2013年 平均年収414万円(約4万2422ドル)
2014年-----
*民間給与というのは、正社員・非正規社員も含めて民間企業に勤める人に昨年1年間に支給された給与の平均。2013年度は、正規は474万円、非正規は167万円である。
2012年と2013年を比較すると、円では7万円アップしているが、
ドルではなんと9000ドルほども下落。日本人の給料は、国際的に見て急激に下がっている。
また、厚生労働省の最新の『毎月勤労統計調査』(2014年12月調査)によれば、全労働者平均の実質賃金は16カ月連続で減少。10月の実質賃金はマイナス2.8%。

家計貯蓄率

内閣府発表の「家計貯蓄率」の推移は次の通り。
●2011年 +2,20%
●2012年 +1.02%
●2013年 -1.30%
2014年----
*内閣府が2014年12月25日に発表したところによると、2013年度の国民経済計算確報で、所得のうちどれだけ貯金に回したかを示す家計貯蓄率は●マイナス1.3%。貯蓄率がマイナスになるのは、ほぼ同じ条件で統計を比べられる●1955年度以降初めてのこと。
また、2014年「家計の金融行動に関する世論調査」(金融広報中央委員会)では、金融資産を保有していない世帯は38.9%と4割に迫っている。つまり、いまの給料では貯蓄ができない人が急増している。

消費者物価指数

ここ4年間の消費者物価指数の年平均(基準年=100)の推移を示す。
2011年 99.73
2012年 99.69
2013年 100.04
2014年 102.70
*2014年11月の消費者物価は2.7%上昇(前年同月比)で、これは18カ月連続。アベノミクスでは、消費税の増税もあって、デフレからインフレに転換した。しかし、実質賃金が上がらないなかでのインフレは生活を圧迫する。今後、給料が上がらなければ、デフレのほうがまだマシだったことになる。
 
長期金利の推移

新発10年国債流通利回りの末値(日銀)は、次の通り。
2011年 1.147%
2012年 0.860%
2013年 0.721%
2014年 0.658%
*新発10年国債利回りは、2015年 1月8日終値で0.285%を記録し、史上最低。しかし、この異常な低金利は、異次元緩和で日銀が国債を買い占め、実質的に国債市場がなくなってしまったから。
しかし、この異常低金利で円安がさらに進むと、キャピタルフライトが起こる。仮に国債利回りが0.5%で、円が5%下落すると、海外投資家のリターンは▲4.5%になるから、円はさらに売られ、日本の資産はバーゲンセール状態になる。

普通預金金利の推移

メガバンクの普通預金金利の平均は、ここ4年間ほぼ変わっていない。
2011年 0.02%
2012年 0.02%
2013年 0.02%
2014年 0.02%
*金利0.02%で、100万円を1年間預けると利息は200円にしかならない。しかも、ATMでお金を下ろすと、1回およそ100~200円の手数料を取られる。しかも、円安と実質賃金の低下が続いているので、銀行にお金を預けていると、どんどん目減りする。それなのに、日本人は忍耐強く貯金をしている。
アベノミクスはインフレを起こし、同時に金利を低く抑えることで実質金利を低下させれば、企業の設備投資を刺激するとしてきた。しかし、個人マネーはどんどん目減りしている。

日本の根本問題はデフレではない

このように見てくると、現在の日本の不況、経済衰退をアベノミクスのような政策で止めることは不可能ということがハッキリする。
日本の根本問題はデフレなどではなく、「人口減・少子高齢化」「国内産業の競争力喪失」「グローバル経済に不適合」「金融鎖国」というような構造的なことだからだ。

これは、第3の矢で解決していくしかないが、いまだにその矢は飛んでいない。つまり、アベノミクスがあろうとなかろうと、私たちはこの衰退を受け入れるしかないのだ。だから、そこに目を向けず、人工的なインフレで解決しようなどというのは、頭がお花畑である。
縮小する経済に合わせて、すべてをダウンサイズ(政府も民間も)するのが最善の方法だ。国家予算が史上最高などというのは本当にサイテーであって、これ以上のバラマキを止め、一刻も早く“小さい政府”になってもらわないと、私たちは助からない。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamadajun/20150109-00042119/

▲PageTop

養老孟司先生の言葉

その他

これからどうする

少し長く生きてきてわかったことがある。
「これからどうする」の答えだ。
それは簡単である。
逃げないことだ。
先送りしても、
いつかは解決しなければならない。
そうしたら上手く行くのか?
そんなことわからない。
やってみないとわからない。
人生そんなことだらけだ。
スマートな現代人は、
それを「無責任」と呼ぶ。
じゃあ、こちらからも質問する。
「あなたは、自分のやることすべてが読めているのかね」と。


養老孟司センセイの人生論は、
センセイの押しつけ感が強い。
しかし、白黒はっきりしていて、気持ちいい。

▲PageTop

2014年最優秀アート近代的芸術作品

その他

◆ジャン=リュック・ゴダール―『さらば、愛の言葉よ』
1
 ニューヨーク映画祭で高く評価された、名作映画として名を残すであろう本作品であるが、映画よりもむしろビデオアートに近い。非常に難解で何がテーマであるのかよく判らないのだが、どうやらゴダールの最近の飯の種のようだ。感覚的体験に訴えかける本作品は、3Dでしか味わえない最初の傑作と言えるだろう。

◆マシュー・バーニー―『リバー・オブ・ファンダメント』
2_e22
アメフトの特待生、モデル、有名人の夫など様々な顔を持つマシュー・バーニーは、コンテンポラリー・アートの代表的な作家の1人だ。普段意識されることのない国民的な強迫観念を擬人化する彼の作品は、アメリカの暴力的で野心的な側面や、上辺だけの実情を浮き彫りにする。ここでは神経症的なシステムが人々の生活を支配し、”自由”とはほど遠い暮らしを強いているのだ。

リバー・オブ・ファンダメントでは、”偉大な作家”であることに憑かれたアメリカの作家ノーマン・メイラーの翻案が試みられた。ここでは『エンシェント・イブニングズ』が取り上げられ、メイラーの経歴をオペラ風に仕立てつつ、古代エジプト支配階級のSM的な堕落とデトロイトの凋落に見る大衆主義者の劣化を描いた。

◆クリックホール
3_e23
アメリカの嘘ニュース配信サイト、オニオン(The onion)が立ち上げたパロディサイトであるクリックホールは、バズフィードのリスティクル(○○10選などの記事)やアップワーシーの見出しなどを皮肉っている。クリックホールのスタッフは、”くだらないリスト”というジョークが直ぐさま別の何かに姿を変化することをよく理解しているようだ。

その“別の何か”がマルチメディア・アートのプロジェクトで、”リンカーン記念館が思わず「Orz」と言ってしまう画像10選 ” や” 90年代の少年たちが大喜び! ビーニー・ベビーに詰め込んだクモの卵がついに孵化 ” などシュルレアリズム的ダダイズムに特化している。

何より素晴らしいのは、こうした皮肉に明確な対象がないことである。ただ単にふざけたアイデアをごちゃ混ぜにしただけのクリックホールの作品だが、理屈を無視すればすれるほど、”いいね!”の回数が増えて行くのだ。

◆ヒト・スタヤル ― 『見られない方法:どうでもいい説教じみた教育的展示(How not to be seen: A fucking didactic educational installation)』
4_e21
モンティ・パイソンの寸劇からタイトルの半分を拝借したこの動画作品とその周辺に設置された展示物は、デジタル画像の可能性を追求しつつも、政治や個人的な体験を掘り下げるための辛辣なユーモアが与えられている。スタヤルはテクノロジー嫌いの人騒がせ人間などではないが、作品の中では、自己監視社会で身を隠す戦略を論じながら、監視から逃れるために、人は自らを1ピクセル以下の大きさに縮めなければならなくなると主張している。

◆クリストフ・シュリンゲンズィーフ
5_e20
 本作品は滅多ないある種の”超大作”展示作品である。映画監督、舞台演出家、パフォーマンス・アーティスト、脚本家など多彩な顔を持つ、神秘のベールに包まれた芸術家の渾身の一作品だろう。

鑑賞者はプロジェクションとモニターに備え付けられたヘッドホンによって、総統地下壕を模した回転する台座が設えられた部屋に身を置くことになる。台座の上には双眼鏡が置かれている。これを使って部屋の壁のスクリーンに映される、ナチスがテーマの映像を垣間見ることができる。中でもヒトラー風の人物がナチスの1人に平手打ちを喰らわせる映像は印象的で、”不気味なびっくりハウス指人形”効果とでも呼びたくなる。

◆アチーブメンツ・イン・レトロスペクティブ
6_e15
近年は不特定のアーティストが参加するコラボ作品の当たり年だった。湾岸協力会議(GCC)に因んで他づけられた本グループは、無意味な式典、会議、テープカットなどを世界中で公演した。

彼らが制作した写真やオブジェクトは、本物のGCCメンバーが会合した際に見せびらかしあった高価だが見かけ倒しの装飾品をモチーフとしている。金の浪費、無駄な対話、劇場政治に焦点を当てたコンセプトシリーズであり、現状打破など頭にない指導者たちの姿を効果的かつ辛辣に表現した。

◆エドワード・マーシャル・シェンク&ブラッド・トロエメル―『キーズ1&2』
7_e0
「多様な審美眼を持つ広範なターゲット層に拡散される画像の作成」という目標を持つザ・ジョギングからのスピンオフ作品である。陰謀論のミームを目視基準として利用し、シェンクとトレメルは馬鹿馬鹿しくも恐ろしい、政治的な出来事と人物との間のナンセンスなリンクを創り出した。そして、このあからさまなパロディが右翼や陰謀論者たちにもてはやされるようになったという事実こそが、何よりも恐ろしいことだろう。

◆ハリド・ジャラール―『ノー・エグジット』
no title
パレスチナのハリド・ジャラールは、同地域に蔓延している人種差別的な状態へ向けて、先鋭的な政治作品を作り続けている。ニューヨークで開かれる個展のオープニングに出席するはずだった彼だが、イスラエルによる爆撃が開始されたことで断念することになった。そこから制作されたのが本作品である。

まず目に入るのは映像が映し出される小さなモニターだ。そして、大きな暗い部屋の中へ足を踏み入れると、巨大なプロジェクション画面にパレスチナ人犠牲者の名前が映し出される。スピーカーからはその名前を読み上げる機械的な音声が流れてくる。この作品によって、ジャラールは自身が最も精力的な活動家アーティストの1人であることを認めたのだ。

◆ジェン&ポール―『ワンストップ・ショッピング・スーベニア・シティ&チェルシー・バス・ツアー』
9_e10
ジェン・カトロンとポール・アウトローは、本プロジェクトまではパフォーマンス・アーティストとして知られていた。両者ともにポップな美的感覚の持ち主だったが、本バスツアーでは何もかもがまったく別の次元へと昇華されている。

アメリカの小売店スペンサーズ・ギフト的なショップには、精巧なコピー商品やリチャード・プリンスやダミアン・ハーストのような大物アーティストたちのフェイクが溢れている。これらのオリジナルのアート作品は、わずか1000円程度という超破格の値段で持ち帰ることができてしまう。またバスツアーに申し込めば、ジェンとポール自らがバスガイドを務めるギャラリー地区ツアーにも参加できる。なお、2人はまた実施することを約束しているので、見逃した方その動向を常にチェックしておこう。

◆『バーニング・フレッシュティバル』(レッドライト地区)10_e10
 バーニング・フレッシュティバルはニューヨークのロックアウェイで2日間開催された屋内の音楽フェスティバルだ。毎年恒例であり、どことなく危険で怪しげな雰囲気が漂う、オリジナリティに溢れるパーティをレッドライト地区の住人が催してくれる。同じことが繰り返されないためか、商業的な匂いなど皆無で、どこかニヒリスティックな感覚がある。ノイズ、テクノ、スポークン・ワード、パンク、ラップなど何でもアリだ。

今年のニューヨークの音楽シーンは、アートの全ジャンルの中でも最も目立たなかったと言えるだろう。手作り感は薄れ、同じような音楽ばかりが流行している。このイベントに参加したアーティストたちには、この状況を立て直そうという思いがあるのだ。

▲PageTop

テレビ業界で起きるかもしれない、7つのこと

その他

2015年、テレビは激変に見舞われるだろう。とは言ってもこれはテレビ関係者にとっての激変であって、一般から見ると、これが激変? という程度にしか感じられないに違いない。2015年のテレビの新たな動きは、ほとんど昨年がベースになる。実は昨年は、テレビ史上でもまれにみるビッグニュースの多い年だった。まず2014年のビッグニュースを振り返る。

◎ビッグニュース(1)見逃し視聴

テレビ局による見逃し視聴サービスが本格的に展開を始めた。

1月7日、日テレが「いつでもどこでもキャンペーン」という見逃し視聴サービスをスタート。ドラマ1本とミニ枠を含むバラエティー番組などを、放送後1週間、無料で配信した。後に、冒頭に15秒CMを2本つけた。

10月9日にはTBSも見逃し配信を開始。ドラマを4本、バラエティー番組を2本そろえた。再生回数はすぐに月間500万再生を超え、日テレを上回った。遅れは取ったがキラーコンテンツであるドラマの本数の差が出た(TBSは日テレよりもドラマの枠が多い)。

◎ビッグニュース(2)テレビメタデータ

1月16日、テレビのメタデータを作成分析するエム・データ社が、民放キー局5社、電通、博報堂と資本提携することを発表した。テレビメタデータは番組検索には欠かせないもので、全番組録画機や、今後のハイブリッドキャストでのサービスになくてはならないものだ。また見逃し視聴サービスでも、検索機能は重要で、それになくてはならない。

◎ビッグニュース(3)日テレのHulu買収

2月28日、日テレが動画配信サイトのHulu買収を発表。これについては既に多くの記事が書かれているので省略する。

◎ビッグニュース(4)民放連会長の発表

何より昨年の目玉は、民放連の井上会長が「在京キー局5社でCM付き見逃し視聴サービスの検討を行う」と発表したことだ。井上会長はさらに「来年度中くらいには実験レベルのことができればと思っている」と言及した。このニュースは一部のメディア関係者にしか注目されなかったが、実はテレビ業界では昨年最大のニュースだった。

この井上会長の構想は、ゆくゆくは全局の全番組の見逃し視聴サービスの実現へとつながっていくはずだ。自宅にいるときだけ、テレビを見ているときだけに放送というサービスを提供するスタイルを堅持してきたテレビが、初めて「いつでもどこでも」視聴できるインターネットサービスに進出する。テレビは誕生以来60年目にして初めて自ら、大きな変化の道を選んだことになる。

テレビはこれまで、変化が少ないのが常だった。それは、テレビ広告という非常に効率的なビジネスモデルが誕生以来半世紀以上にわたり順調に機能していたため、経営的に見れば、できるかぎり「変えない」という判断が正しかったからだ。

変化を嫌うことは、テレビに関わる人間のDNAに刷り込まれてしまっている。しかしネットが発達してしまった今、「変わらない」ことは「滅び」につながる。テレビといえども変わらなければならないという機運が、ようやく広まってきたのだろう。テレビというビジネスに大きな影響のある動きが1年間に集中したのは、かつてなかったことだ。

2015年、7つの予測

2015年は、昨年蒔かれた変化の種が芽を出す年になる。

◎予測(1)見逃し配信サービスの充実

各局の見逃し配信サービスはさらに充実する。1月にはフジテレビも見逃し配信を開始。TBSは、冒頭に自社の番組宣伝をつけているが、実証実験のメドがたてば、動画広告をつけるようになる。日テレのCM枠はかなりの高額にもかかわらず、即完売したという。

今後の課題は、ユーザーの行動履歴などのログデータを、広告主に提供できるかだ。テレビ側が、ネットの動画広告もテレビと同じように、ただ露出すればいいなどと考えていると、痛い目にあう。広告主たちは、テレビの視聴率という、あまりにもアバウトな指標に耐えかねてネット広告に走っているのだから。そうした広告主のニーズを理解できれば、ネットの動画広告はさらに価値を高めるし、理解できなければ、やっても無駄になるだろう。

各社とも配信する番組を増強するだろう。各社の中にはまだ見逃し視聴サービスによって、リアルタイム視聴が阻害されるという疑念を持つ人も多く、なかなか積極的になりにくいという声も聞く。しかし「いつでもどこでも」視聴は時代の流れだ。「自宅にいる時だけ番組を届ける」という時代遅れのサービスにいつまでも固執していては、テレビの存在感はますます薄れ、テレビ離れは加速していく。

◎予測(2)全キー局による見逃し配信のスタート

その意味では、昨年の最大のニュースである、民放連の井上会長が提案した、在京キー局全社によるCM付き見逃し視聴サービスが、どうなるかが注目される。

重要なのは、各局共同のプラットフォームを作れるかだ。視聴者ユーザーは番組を見るとき、どの局の番組かは意識していない。だから各局バラバラに見逃し視聴サービスを提供しても、不便なだけだ。これでは一気に多くのユーザーを獲得できない。テレビ局1局の力は大したことはない。それは、過去、様々なネットサービスを各局が提供しても、Yahoo!やYouTube、ニコニコ動画のユーザー数にはるかに及ばなかったのを見ても明らかだ。

2014年12月22日、民放キー局5社と電通が共同で行ってきたVODサービスの「もっとTV」を今年3月で終了すると発表された。これをもって全キー局のプラットフォームは上手くいかない、とするのは早計だ。「もっとTV」は、もともとは対応するテレビでしか視聴できず、のちにスマートデバイスでもできるようになったが、あまりにも不便だった。また月額定額の導入も遅かった。

共同プラットフォーム方式には反発する局もあるやに聞いているが、井上会長の指導力が問われるところだ。

◎予測(3)テレビメタデータの活用

テレビメタデータについては、TBSの「ぶぶたす」のような番組情報サービスを各局が開発できるかが、ポイントになる。

在京キー局は、他の局がやったことはやらない、という変にプライドが高いところがあるが、いいものならどんどん真似をすべきだ。こうした情報サービスができれば、それを前提とした番組開発もできる。通販につながるランキング企画的な番組も作られるだろう。

テレビメタデータ自体がビッグデータでもあるが、さらに、見逃し視聴のユーザーのログデータや、他のビッグデータとのクロス解析が行われるようになるだろう。そして、データサイエンティストという人材が求められるようになる。

地味なニュースではあるが、12月25日に上場したデータセクションというビッグデータ解析の企業にはTBSが出資している。この辺りがきっかけになって、いろんな動きが出てくると面白い。特にとてつもないビッグデータを持っているYahoo!とのコラボレーションができたら面白いのだが。

◎予測(4)Netflixの日本進出

米国発の有料動画配信の巨人、Netflixの日本進出。噂通り今年春に行われるとかなり面白いことになるだろう。

現在、同様なサービスを提供しているのが日テレのHuluだ。Huluには、NHK、TBS、テレビ東京が番組を出しているが、この3社から見ると、HuluだろうがNetflixだろうが、多く見られるほうがよい。Netflixは、ユーザーにお薦めの番組を提案するレコメンド・エンジン開発に大きな力を注いでおり、視聴の75%は、このレコメンド経由だという。これが日本でも展開されて成功すれば、Netflixにたくさん番組を載せておくことが、番組視聴につながり、お金も入ってくる。

日テレのHuluはどう対抗していくのだろうか。もっともNetflixが事前に各テレビ局と話した際、Netflix側の権利・条件が厳しすぎてとても無理だと感じたとも聞いている。果たしてNetflixの日本進出、どう転ぶのか注目だ。

◎予測(5)ガラポンTVの劇的値下げ

これは来年起こるとは断言できないが、全番組録画機のガラポンTVが9800円に劇的値下げをしたら面白い。私が勝手にそう思っているのではなく、安田社長が「未来の夢物語」として語ってくれたのだ(詳細はこちら:「ガラポンTV」は、テレビ視聴に革命を起こすのか)。

ただしそこまで価格を下げるには、100万台を一気に生産しなければならないそうだ。そのためには、100億円近い資金の調達が必要になるが、実現すれば本当に面白い。ガラポンTVは、全曲全番組見逃し視聴サービスと全く同じ効果を持っているからだ。

いかに民放連が音頭をとり全キー局が賛同したとしても、権利処理の問題で、すぐさま全番組を見逃し配信することはできない。ところが、ガラポンTVは私的録画視聴なので、どんな番組でも大丈夫だ。本当に100万台普及したら、もっと先も見えてくるだろう。SNSのつぶやきにも、ガラポンTVの番組シーンURLをつけたものがどんどん増え、そのうちこれがないとコミュニケーションがとれないという必需品になっていく。

◎予測(6)テレビとセカンドスクリーン連動の活発化

テレビ番組とセカンドスクリーンの連動が、さらに活発になるだろう。特に地方局がチャレンジできるようになるかもしれない。

予測に確信を持てない最大の理由は、コストだ。現在テレビ局が、セカンドスクリーンの連動などする時、外部企業の技術を使う場合、1番組3000万円を超えることもあると聞く。この価格では気軽に使えないし、ローカル局にはとても無理な値段だ。ローカルはアクセス集中がないとはいえ、桁が違うコストだ。

同等のサービスをもっと廉価に提供できるようになれば、資金力のないローカル局でも連動ができるようになる。実は、ローカル局こそこうした連動が効いてくる。視聴者との距離が近いからだ。

その意味ではラジオでも使えるはずだ。ラジオのソーシャル展開、セカンドスクリーンによる連動がもっと増えてもいいだろう。ただしラジオはローカル局と同様、制作資金の余裕がほとんどない。安く安定的な技術が提供されるかがカギとなる。

◎予測(7)テレビ業界からの人材流出

人事面についても予想しておく。よく衰退業種からは人材流出が激しくなると言われる。事実、出版業界からネット業界への人材流出はかなりあるらしい。しかしテレビに関してはそうはいかないのではないか。むしろテレビ局に、ネット業界やその他業界のWebスキルやマーケティングに優れた人材が流れ込む可能性の方が高い。

テレビ局には高品質のコンテンツを生み出してきた歴史があり、アーカイブが圧倒的に充実している。また、今でも「つまらなくなった」と言われるが、それでも素人の作った動画(すべてとは言わないが)よりはるかにレベルが高いものを作り出している。

この辺りを冷静に見極める力のある人は、テレビ局に活躍の場を求めてくるだろう。しかし、テレビ局以外の外部の制作会社からは、ネット業界への人材流出が起きるだろう。そこそこの制作能力があり、安い給料で仕事をしている外部のディレクターなどは、むしろ可能性を求めて飛び出す決断をするかもしれない。

そのためにはネットの中で、まともな動画の需要が高まる必要があるが、このところの動画広告ブームはその強い後押しになるだろう。動画広告は出したいが、何千万円もの金は出せないという、中小企業向けの動画市場が誕生するだろう。実例はほとんどなく、まだ誰もノウハウを持っていない面白い市場だ。

▲PageTop

小保方さんの「STAP細胞」は 巨大利権団体に潰された

その他

小保方さんが『 STAP細胞 』が作れなくて理研を追いだされる段取りとなっているようですが、ノーベル賞=ロスチャイルドの利権である『 iPS細胞 』を優先させ、だれでも簡単に作成できて安価で病気が治りまくる『 STAP細胞 』を封印する段取りのような気がしますね・・・『 STAP細胞 』で簡単に病気が治っちゃったら、毎年38兆円以上も税金からボッタクってる病院、医者たちが食いっぱぐれちゃいますもんねw

ちなみに、税収が約46兆円なのに『 医療費だけで38兆円以上 』って異常で巨額の利権構造・・・そもそも、あんな大々的に『 STAP細胞 』の嘘をつく必要性も感じませんし、嘘をついても即バレするなんてこと誰でも容易に想像できますし、理研にいけるような頭のいい人が、そんなマヌケなことするでしょうか?w

テスラのフリーエネルギー、空気で走るクルマなどなど、挙げたらキリがありませんが、歴史から葬られてきた人類に必要な技術なんてたくさんありますが、どうやら『 STAP細胞 』もそうなのかもですね・・・w

◆日本の政治家たちはこの事実を知っているか?

電気よりも、ハイブリッドよりも究極のエコカー、「水で走る自動車」の技術が闇に葬り去ら れてしまったのは、なぜなのか?「ガンやエイズが完治する治療法」「電源もメンテナンスもいらない照明」といった偉大な発明を握り潰したのは、誰なのか? 『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』が陰の権力者に挑む。

水から取れる画期的エネルギー「ブラウンガス」
地中から電気を取り出す技術
地震やハリケーンを人工的に引き起こす「HAARP」
ガン細胞だけを殺すことができる周波数
記憶力を飛躍的に高めるクスリ
海水を真水に変える装置

こうした技術がすでに発明され、
しかも一部ではひそかに実用化されていることを、みなさんはご存知だろうか?


「そんなバカな! SF小説でもあるまいし……」
ほとんどの方は一笑に付すのではないだろうか? しかし、これは紛れもない真実なのである。
ではどうして、このような素晴らしい発明が、実用化されていないのか?

そ の理由はただひとつ。
世界を牛耳る“闇の支配者”たちに、すべて握り潰されてきたからだ。
なかでも中心となっているのは、「石油利権」「製薬利権」「軍需 利権」、この3つの既得権益を持つ者たち。


たとえば「水で走る自動車」が実用化され、誰もが使えるようになれば、ガソリンは無用の長物となる。莫大な富を得てきた者たちは、壊滅的なダメージを受けることになる。ならば、利権を守るための選択はただ一つ。

それらの技術を闇に葬ることだ。よって「水で走る自動 車」は、今も昔も“封印”されつづけ、研究・開発を積極的に行ったスタンリー・メイヤーという技術者は、実際に毒を盛られて殺害されている。

こ のように、自らの利権を必死に守る勢力によって、われわれ人類の進歩は百年以上遅らされてきたと言える。20世紀を人類の歴史としてとらえると、絶え間な い戦争ばかりの時代だったと、未来の歴史学者は結論づけるだろう。ところが、長い間封印されてきた技術が最近になって再び、開発され始めた。

秘密にされて きた技術が、われわれの見える表舞台に現れようとしているのだ。今、人類は大きな歴史的分岐点に立っている。封印された数々の技術の扉が本当の意味で開か れれば、わたしたちには想像をはるかに超えるような明るい未来が待っている。

ベンジャミンはこう語る。

「この本で明らかにされた素晴らしい技術が、アジアの人たちによって、さらに発展、普及されることを願う。それは必ず、世界の平和と地球環境のためになるからである。今現在、世界で最高の知識水準にある日本人の皆さんの理解力に期待する」

“闇の支配者”はいかにして偉大なる発明を握り潰し、時には軍事機密として独占してきたのか?本書は、その歴史と具体的なエピソードを紹介することによって、アメリカを頂点としてきた世界経済の崩壊とともに訪れる、封印された技術の開発と商品化の幕開けを予言する。

以上「闇の支配者に握り潰された世界を救う技術」より転載

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=734652196609412

▲PageTop

あきらめた時、民主主義は錆びついていく(世田谷区長 保坂展人)

その他

安倍晋三首相の「奇襲戦法」は功を奏し、長期政権の足場を築いたことは間違いないでしょう。総選挙で自民党は291議席を獲得し、公明党の35議席とあわせて326議席と、衆議院で3分の2を占める巨大与党になりました。ただ、結果から読み取れるのは、それだけではありません。

まず、史上最低の投票率52.66%。有権者の半数しか投票に行かなかったという現実です。事前の世論調査で「与党圧勝」が伝えられたことも影響したのか、「自分ひとりが投票しても何も変わらないと思った」「政治は誰がやっても変わらないから、行く気にならなかった」という棄権者の声が伝えられています。これが2014年特有の現象に止まるのか、投票率のさらなる低下への入り口なのかは、これからの政治とメディア、そして有権者が決めることです。

投票率が低下したことで、自民党の比例区の得票はどう変わったのでしょうか。民主党が政権交代を実現させた2009年の総選挙で、大敗した自民党が獲得したのは1881万票でした。これに対して、自民党が政権を取り戻した2012年の選挙では逆に1662万票へと票を減らしたことはかねて指摘されてきました。今回は1765万票。前回から100万票を積み増したものの、09年には及びませんでした。

 今回の総選挙を振り返ってみると、「自民党の圧勝」というより、「野党のひとり負け」だったということになるかと思います。民主党は選挙準備ができておらず、奇襲をはねかえすことができませんでした。「第三極」といえば、みんなの党は分裂して再編したものの解党してしまい、維新の党も分裂・再編を経て、民主党と「すみわけ」をはかりました。次世代は激減、社民は現状維持でした。唯一、21議席を確保した共産党の健闘が際立っています。与党側の議席にはほとんど変動がなく、野党内の議席が再配分されたような印象があります。

 私は、「自由党21議席」「共産党20議席」「社民党19議席」となった2000年の総選挙を思い出しました。たかが1議席の差ではないかと思われるかもしれませんが、衆議院の会派において、この三つの数字はじつは、大きな差となって現れてくるのです。

 20議席を確保できると「院内交渉会派」として認定され、国会の運営を議論する議院運営委員会で正式メンバーとなることができます。19人だと、正式メンバーの了承を得ればオブザーバーとして会議に参加することはできますが、発言には制約があります。

 なにより、20人と21人の差が大きいのです。21議席あると、法案提出権を得ることができます。

 国会は立法府と呼ばれ、法律案を審議して制定する権限を持っています。国会に提出される法案の多くは、各省庁が作成して内閣法制局の審査の上で閣議決定される「閣法」です。これに対して、国会議員が衆参両院の法制局と共に法案を作成する「議員立法」というものがあります。私も過去に、超党派の議員連盟の会合を重ねながら、「児童虐待防止法」を作成した経験があります。

 この議員立法を出すのは国会の大きな役割でありながら、21人という壁があるのです。20議席だと会派としては認められても、ほかの会派の協力を得なければ法案を提出できません。それが21人なら、単独でできるのです。その意味で、共産党が獲得した21議席の意味は小さくないでしょう。

 野党にとって、今回の総選挙の教訓は「解散は不意にやってくる」ということでしょう。とすれば、早ければ1年半後の2016年夏に参院選とのダブル選挙も十分ありえる、と今から考えておくべきではないでしょうか。それまでに、与党との政策的差異を明確にし、有権者が政権選択をできる構図をつくり上げるのは簡単ではないでしょうが、そうしなければ、投票率はさらに下がるでしょう。

安倍政権にとっては、経済・外交・社会保障など、すべての政策に重い責任を負うことになります。なによりも、国会での論戦を国民にわかりやすく展開し、スキャンダル合戦から政策論争へと高めてもらいたいと願います。「原発再稼働」「憲法改正」など、国民の間で意見の分かれている政治課題こそ丁寧に掘り下げ、問題点を明らかにしながら解決の方向を探るべきだと思います。

私も自治体の現場から、これからの永田町で何が起きるのかを冷静に見続け、必要と感じた時には遠慮なく意見を表明したいと考えています。あきらめた時、何を言っても無駄だと口を閉ざした時、民主主義は錆びついて動かなくなり、社会は急速に劣化します。その責任は私自身にもあることを忘れずにいたいと思います。

https://www.facebook.com/nobuto.hosaka?fref=nf

▲PageTop

この国はどこに向かってうくのか(鈴木邦男・想田和弘対談より)

その他

この夏、全国で公開中の映画、想田和弘監督の『選挙2』。ある地方議会選挙の様子を通じて、日本の政治の、そして社会の「今」を焙り出す内容に、 注目が集まっています。自民党圧勝との報道が続く参院選を経て、この国はどこに向かっていくのか。私たちは、それに対して何ができるのか。想田監督と、連載コラム「愛国問答」でおなじみ鈴木邦男さんとの対談から考えます。


鈴木 邦男(すずき・くにお)1943年福島県に生まれる。1967年、早稲田大学政治経済学部卒業。同大学院中退後、サンケイ新聞社入社。学生時代から右翼・民族運動に関わる。1972年に「一水会」を結成。1999年まで代表を務め、現在は顧問。テロを否定して「あくまで言論で闘うべき」と主張。愛国心、表現の自由などについてもいわゆる既存の「右翼」思想の枠にははまらない、独自の主張を展開している。著書に『愛国者は信用できるか』(講談社現代新書)、『公安警察の手口』(ちくま新書)、『言論の覚悟』(創出版)、『失敗の愛国心』(理論社)など多数。近著に『右翼は言論の敵か』(ちくま新書)がある。 HP「鈴木邦男をぶっとばせ!」

想田 和弘(そうだ・かずひろ)映画作家。ニューヨーク在住。台本やナレーションを使わないドキュメンタリー「観察映画」作品に『選挙』(07年)、『精神』(08年)、『Peace』(11年)、『演劇1』『演劇2』(12年)がある。最新作『選挙2』が全国で公開中。著書に『精神病とモザイク』(中央法規出版)、『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇 vs. 映画』(岩波書店)がある。「マガジン9」では『映画作家・想田和弘の「観察する日々」』を連載中。公式サイト:映画作家・想田和弘 OFFICIAL WEBSITE



●選挙制度は、「有権者が関心を持たないように」つくられている

 自民党圧勝の衆議院選挙から半年あまり。そして、参議院選挙ももうまもなくです。そんな中で公開中の想田さんの最新作『選挙2』は、東日本大震災直後の2011年4月に実施された川崎市議会選挙の様子を、完全無所属で出馬した「山さん」こと山内和彦さんを中心に追ったドキュメンタリー映画ですが、まずこれをごらんになっての鈴木さんの感想からお聞きできますか。

鈴木
 この、(ポスターにある)街頭で防護服を着て演説するシーンが面白かったですね。どう見ても勝てそうにない闘いなんだけど(笑)、よくここまでやったなあ、と思って。
 あと、公職選挙法ってくだらない規定がいっぱいあるんだなあと思いました。よく駅前で、ビラも配らずにひたすら「おはようございます、○○です」ばっかり繰り返してる候補者を見て、「なんだこいつら」と思ってたんだけど、あれは法律に従って行われているものなんですね。有権者は誰もそんなこと知らないんじゃないですか。


想田
 候補者の1人が、「本当なら政策をきっちり書いたビラを配りたいけれど、公職選挙法で禁じられている」とカメラの前で訴えるシーンですね(※1)。
候補者の選挙カーが名前だけを連呼して走っていくシーンも何度も出てきますが、あれも公職選挙法で、走りながら政策を訴えることはできないようになっていると聞きました(※2)。
※1…公職選挙法142条で、地方議会選挙における頒布物は葉書のみとなっており、ビラは含まれないので配布できないとされている。
※2…公職選挙法141条の規定では、走行中の自動車の上からの「選挙運動」は禁止、ただし「選挙運動のための連呼行為」は許される、となっている。


想田
 なんだかすごいことになっていますよね(笑)。公職選挙法というのは多分、有権者が政策や主張や人柄で候補者を選ぶための選挙制度を想定していない。むしろ、そういう選挙制度にしないための規定なんだと思います。

 例えば、選挙ポスターは税金を使ってつくられてるわけですけど、よく考えるとあれって、候補者の政策も主張も何も伝えてないですよね。それを伝えようとしたのが、政策提言を細かく書いた今回の「山さん」のポスターなわけですけど(笑)、普通の選挙ポスターには顔写真の他に名前と党名とキャッチフレーズくらいしか書いてませんから、それを投票先を選ぶための材料にするというのは実はすごく不条理です。でも、その不条理を当然のように制度化したのが今の選挙システムなんですよね。

 じゃあ、その他に候補者から政策を聞いたり、議論したりする場が設けられているかといったらそれもない。選挙公報と政見放送くらいですね。僕は川崎の市議選を2度観察しましたけど、一度も候補者同士の討論会は開かれませんでした。つまりは、構造的に政治や政策についての議論が起きないように、有権者が関心を持たないように、選挙制度がつくられているんだと思います。

鈴木
 候補者同士が市民会館などに集まって討論する会というのは、昔はよくあったんですよ。社会党の委員長だった浅沼稲次郎が、選管などが主催した立会演説会で刺殺されるという事件があって以来、行われなくなってしまったようです。警備上の都合などがあるようですが、今もどんどんやったらいいのになあ、と思いますね。外国には選挙カーもないというし、立会演説会や討論会をちゃんと開けば、かわりに選挙カーを走らせるのを禁止したって十分選挙はできますよね。ネットでの選挙運動も解禁されたし、そのほうがうるさくなくていいかもしれないですよ。

あと、想田さんが自民党のある候補者にカメラを向けていると、本人や周囲の選挙の運動員が「撮るな」と制止しようとするシーンもありましたけど、あそこまでよく出しましたね。あんなものを公開して訴えられるとかいうことはなかったんですか。


想田
今のところはないですけど、あり得ますね。すでにあれを撮ったその日、党の顧問弁護士から文書が来て「あのシーンは使うな」と要求されました。でも使ったんですけど(笑)。

鈴木
彼らは個人情報保護だとか言っていたけど、選挙なんだからね。誰にでもオープンにすべきものでしょう。盗み撮りしたわけじゃないんだし。

想田
 はい。たすきを掛けて拡声器を使って演説していて、プライバシーも何もないだろう、と。しかも、それは税金を使って行われているわけで…弁護士とも相談したんですけど、訴訟になっても負けるはずはないし、ここで自主規制しちゃまずいな、と思ったんです。

 で、当の自民党が出してきた改憲案では、表現の自由を定めた憲法21条も骨抜きにされてますけど、ああいうシーンを出せるということこそがまさに表現の自由が守られている、憲法が生きているということだと思うんですね。今はまだ、憲法がちゃんと僕たちの権利を守ってくれている。それなのに自主規制してしまったら、自分から表現の自由を放棄して、自民党の改憲案を事実上認めてしまうことにもなる。だからここは恐れずに出して、もし物言いがついたら、憲法を使ってちゃんと反論しよう、憲法上認められている権利をちゃんと行使しようと思ったんです。表現の自由が憲法上は保障されていても、それを使わなかったら意味ないんですよ。

●「右翼」「左翼」というレッテル貼り

 さて、改憲についてのお話も出ましたが、ここからはそれも含め、今の社会や政治状況のお話に移っていきたいと思います。

想田
 まず、僕が鈴木さんにお聞きしたいのは、最近よく言われる「日本社会の右傾化」についてです。イメージとしては多分、在特会(※)に代表されるような排外主義、教育現場で日の丸・君が代が強制されるといった全体主義、あと例えば安倍首相が「国防軍をつくる」と言っているような、軍事化というかマッチョイズムのようなもの。そうしたことを指して「右傾化」と呼んでいると思うんですね。

 で、「右翼」を自称している鈴木さんからすれば、本来は社会の「右傾化」は望ましいことになるはずだと思うんですけど、どうもそうではないような気がします(笑)。こうした「右傾化」と言われる現象は、そもそも本当に右翼思想と関係があるんでしょうか。
※在特会…在日特権を許さない市民の会。日本社会において在日コリアンが不当な「特権(在日特権)」を得ていると主張し、その撤廃を目標に掲げる市民団体。各地でデモや街宣活動を展開しており、その中では「在日を殺せ」「朝鮮人を叩き出せ」といった過激な排外主義的発言も多く見られる。

鈴木
 いや、無縁だと思いますね。在特会も、あれは右翼ではまったくない。そもそも、右翼の世界には民族差別はないですよ。以前から、「日本と韓国と台湾は共産主義に対して連帯して戦わなきゃいけない」といった反共インターナショナリズムが、ナショナリズム以上に強いですから。在日コリアンで右翼団体に入っている人も何人もいますよ。一水会にもいました。
 それから、日の丸・君が代や国防軍の話の前に言っておくと、実は僕は自分で右翼だと名乗ってるわけじゃないんです(笑)。


想田
 あれ、そうなんですか。

鈴木
 そう。テレビなどに出るときは、「この人は右翼です」と説明が入るんですけど、自分で名乗ることはありません。


想田
 でも、否定はなさらないですよね。

鈴木
 そうですね。あだ名みたいなものだし、いちいち訂正するのも大変だから「まあいいや」と。勝手に何とでも呼んでくれ、と思っています。
 そもそも、大学時代に政治団体に入ったときも、僕は自分が右翼になったという意識はなかったんですよ。学内で、あまりにも左翼の学生団体が横暴だから、それに対抗して自由を求めて闘うんだ、という感覚だった。今でも、自分は右翼だとかいうつもりはなくて、左右の全体主義に対して闘ってるんだと思っているんですよ。なかなか理解されないんですけど(笑)。
本来は、人にはそれぞれ、いろんな問題についていろんな考え方がある。原発について、TPPについて、憲法について、夫婦別姓について、意見はみんな違うはずです。でも、テレビ番組などは、それだと大変だから、「この人は右翼」「この人は左翼」とレッテルを貼る。そうすると楽じゃないですか。見てる人もそのほうが安心できるし楽なんでしょうね。


●「思い上がり」よりも「自虐」のほうがずっといい

 鈴木さん、「右翼」を自称されているわけではないとのことですが、「愛国者」という言い方はされていますよね。マガ9での連載コラムのタイトルも「愛国問答」ですし、『愛国者は信用できるか』というご著書もありました。

想田
 鈴木さんの「愛国」ってどんなことですか?

鈴木
 僕が日本という国で好きなのは、文化についても人的交流についても、非常に寛容である意味アナーキーなところなんです。かつては中国、朝鮮、あるいは明治維新以降は欧米と、あらゆる国々の文化を取り入れてきて。たいていの国なら多分もう、文化の洪水状態になっちゃって自分たちの文化がなくなっちゃってるんじゃないかと思うんですよ。実際、ヨーロッパなどはかなり受け入れを限定しているように思えますが、日本はそこを相当無制限に受け入れて、それでも自分たちの文化も守り続けてきたわけで。


想田
 包容力がある。

鈴木
 包容力と、あと咀嚼力があったということでしょう。ただ、最近は「外国人を追い出せ」みたいなデモが堂々とやられていたりと、どんどん寛容性がなくなってきている感じがしますが…。
 あと、非常に「謙虚」な文化のある国だったとも思うんですね。例えば古事記とか日本書紀とか、建国にまつわる神話を見ても、神様やその子孫の天皇が、闘ったり殺し合いをしたり、悪いこともたくさんやっている。神話なんだから、もっと立派な、きれいなだけのものにしようと思えばいくらでもできたはずなのに、そこをあえて…


想田
 矛盾を含めたまま残している。弱さとか誤りをも抱擁するというか、受け入れるということですよね。

鈴木
 そう。そしてそこには、神様も天皇もこれだけ過ちを犯す、ましてや我々は神でも天皇でもないんだからもっと謙虚になろうよ、という教えがあったように思うんですね。
 ところが明治維新以降、西洋列強と肩を並べて「強力な国家をつくろう」とする中で、だんだんと思い上がりが生まれて、そうした「謙虚さ」はどんどん失われていった気がします。そして今、日本人は何も悪いことをしてないとか、謝れと言うなんて反日だとか言う人が増えてきている。本来、そこでちゃんと誤りを認めて謝れるのこそが日本人だと思うんですけどね。


想田
 最近、橋下(大阪)市長の従軍慰安婦をめぐる発言が波紋を呼びましたけど、その議論の中でも、彼の発言を擁護して「過去の戦争を侵略だと認めるのは自虐的だ」「売国奴だ」という声が、けっこう聞かれましたよね。それは鈴木さんからすれば、本当の意味の「愛国」とはいえない?

鈴木
 だって、個人だっていっぱい失敗もあるし、「あのときああすればよかった」ということはたくさんありますよね。集団だったらなおさらですよ。それが一点の過ちもなかったかのように言い張って、過ちを指摘することが反日だなんて、おかしいですよ。それなら「自虐」のほうがずっといい。
 「謝れというなんて自虐だ」という人の中には、自分自身は普段弱いけれど、国家が強くなったら自分も強くなれるかのように錯覚している人が多いような気もします。それがそもそも間違っているんですよね。


●「富国強兵」から抜け出られていない日本

想田
 いま、明治維新以降に思い上がりが生まれてきてしまった、とおっしゃいましたけど、たしかにそのころから、日本はどんどん「日本的」じゃない方向に進んできてしまった、そしてその延長上に今があるんじゃないかというのは僕も感じます。

 例えばTPP。普通に考えれば、あれは日本には相当不利な条約です。TPPに参加すれば、農林水産物の4割くらいは駆逐されてしまうといわれていて、ということは僕たちが慣れ親しんできた田園風景も破壊されて、国土も荒れてしまうだろう。日本はさまざまな面で主権行使さえできなくなるかもしれない。そんな条約であるにもかかわらず、世論調査ではTPP参加を支持する人のほうが多いという結果が出ていますよね。

 なんでなのかなと考えていたんですけど、当然ながらTPPに参加すると、得もいっぱいありますよという宣伝がされているわけですが、その「得」って何かというと、関税障壁がなくなるから外国に進出しやすくなるということですよね。つまりTPP賛成派が多いということは、自分もそれによって得をする、収奪される側ではなくて収奪する側になれると期待している人が多いのかなという気がしてきて。それって実は、明治時代の「富国強兵」と同じ発想なんじゃないかと思ったんです。

富国強兵も、産業を興して軍隊を強くして収奪する側に回るぞっていうことですよね。その路線が敗戦後も払拭しきれず、潜在的に残されているから、これだけTPPに対する受容的な雰囲気があるのかな、と。

鈴木
 原発もそうですね。あれだけ「危ない」とわかっていながら、よその国に輸出しようとする、それでもみんな何も言わない、という。


想田
 日本の精神、日本的な美徳の一つだったはずの「謙虚さ」にも大きく反しますよね。

鈴木
 明治維新以降も、日清戦争くらいまではまだ謙虚な部分があったと思うんですけどね。日露戦争で勝った――本当に勝ったかどうかは別にして、勝ったということになって、そこから思い上がりが生まれたんじゃないですか。あんな不利な状況でも勝った日本は神の国だ、と。そこから、アメリカと戦争するときも、「我々は神の国なんだから」と、精神力だけで勝てるかのように暴走してしまった。今もだんだんとそうなってるんじゃないかと思うことがあります。


想田
 『坂の上の雲』がブームになったりするのを見ていても、あの日露戦争「勝利」の時期に、すごく郷愁を覚える人はいるんだろうなと感じますね。
 でも、よく考えたらおかしな話ですよね。日清も日露も、勝った戦争は私たちの中にどちらかというと「いい戦争」のイメージがある気がする。一方、負けたアジア太平洋戦争は「悪い戦争」というか、基本的にネガティブなイメージ。勝った戦争はいい戦争、負けた戦争は悪い戦争と、そういう感覚がどこかにあるんでしょうか。

鈴木
 僕らが学生のときも、右翼学生は「次の戦争で勝てばいいんだ」とよく言ってましたよ。


想田
 戦争ってそういうものなのかもしれないですね。橋下市長も、あの慰安婦に関する暴言の中で「敗戦国として、侵略したということは受け入れなくてはならない」と言っている。翻れば、同じことをやっていても勝っていたら侵略だと認めなくていい、ともいえます。

鈴木
 そうすると、もし日本があの戦争に勝っていたら、どうなってたんでしょうね。東京裁判じゃなくてワシントン裁判があって、アメリカを日本が占領して…そして、アメリカに天皇制を押しつける。今度、そんな映画を撮ってみたらどうですか。ドキュメンタリーじゃなくなっちゃうけど(笑)。


http://www.magazine9.jp/article/taidan/6488/

▲PageTop

家計、企業、政府の破綻を狙う安倍政権

その他

相変わらず実質賃金が下がり続ける中で、さらに急速な物価上昇が続いており、私達の勤労家計を圧迫窮乏化しています。

■日本株価は単に円安に連動。実際は下落

強欲ごろつき政権が始めた、アベノミクスとやらの中軸である、黒田日銀の異次元金融緩和によってとどめなき円安が進んでいるためです。ごく一部の者たちは株価が上がっていると喜んでいるようですが。

下の図を御覧ください。
株価
株価ドル建て(グラフは田村秀男氏によるものです。)

マスコミが上がっていると言う株価ですが、ドル建てでは単に円安に連動しているだけです。私達が海外に行った際に物の高い安いを円に換算して考えるのと同じです。
外国からは当然にドル換算で検討する訳ですし、そうでなければ利益の損得は判断できません。市場の6~7割が外国投資のなかで、「株価だけは上がっている」などという認識ができるものではありません。
 
実際には下がっています。日本株はゆるやかに下降し、その下落の速度を増しつつある。というのが「事実」です。願望と事実を混ぜあわせる話は、マスコミ、ごろつき政権の妄想です。

以下は藻谷氏インタビュー。
  ーーーーーーーーーーーーーーー

藻谷浩介氏 「安倍政権は経済的な“反日”の極み」

アベノミクスを批判する専門家は多いが、「(無謀な金融緩和を止められない自分の無力を)懺悔しなければならない」(9月14日毎日新聞)とまで語った人は珍しい。「金融緩和の頓挫した後の世界を生きていく時間の長い若者よ、集団幻想を抜け、事実を語ろう」とも。痛いところを突かれたせいか、安倍首相は「アイツだけは許さない」と怒っている。

■相手をケガさせて「クスリを買え」という手法

――「安倍氏と直接の面識はなく、好き嫌いで批判しているわけではない」と語る藻谷氏。氏が指摘するのは、「アベノミクスの成果」に実体がなく、円安の副作用ばかりが大きくなっているという事実だ。

「原発が止まったから、火力発電所用の石油輸入量が増えて貿易赤字国になった」「国富を流出させないためには再稼働が必要だ」という話を、多くの人が信じ込んでいる。とんでもない話で、真犯人は政権が自分で誘導している「円安」です。

確かに日本の輸入は野田政権の時に66兆円、そして安倍政権の時に77兆円と、1年間で11兆円も増えました。石油・ガス・石炭はそのうちの3兆3000億円、つまり3割で、7割は食品や雑貨やスマホなど、燃料以外の商品の輸入額が円安で膨れ上がってしまったものです。

燃料代3兆3000億円の増加も円安が原因で、原発停止が理由ではありません。
原発は野田政権当時から全部止まっていたのですから。日本の石油や天然ガスの輸入量は国民や企業の省エネ努力のおかげで、原発事故前の2010年も、安倍内閣の昨年も、2億5000万キロリットルと横ばいのままなのです。

経産省は原発を全部再稼働すれば、化石燃料の輸入額を1兆6000億円程度減らせると言っていますが、昨年の貿易赤字は8兆5000億円ですから焼け石に水。自分で円安にして日本を大赤字にしておいて「原発再稼働」というのは、相手を転ばせてケガさせておいて「さあ、クスリを買え」というような話です。

■いつの間にか中東に貢ぐ国に

――その結果、日本はどれだけ国富が流出しているか。円安に株価上昇で浮かれるのはあまりにも能天気だ。

国全体で「赤字がかさんでいる」のは、企業や個人の損の合計が、それだけ増えているということ。特にガソリンや電気を使っている企業や個人の儲けがどんどん減っている。株価の上昇で儲けて喜んでいるのはごく一部の人たちで、多くの人はひたすら、中東諸国に貢ぐために働く、というようなはめになっています。

株が上がったと浮かれている人は、「国全体が赤字になっても、自分だけは儲けることができた」と喜んでいる人。それを「政権の成果」と囃していていいのでしょうか。(※前書きの通りでもはや儲からない、たぶんに損失となるでしょう。)

今年上半期の数字から試算すると、今年の貿易赤字は十数兆円に膨らみます。野田政権のときが4兆円台の赤字、鳩山政権の2010年には10兆円の黒字でしたので、日本はものすごい勢いで貿易赤字国に転落しているのです。

ちなみに輸出も増えています。

日本のものづくりの国際競争力が落ちているというのはとんでもない誤解で、今よりも輸出が多かったのは、リーマン・ショック前の世界超同時好景気の3年間だけです。ハイテク部品や高機能素材が売れ続けているからです。しかし、日本全体の収支構造が逆ザヤになってしまっているので、輸出が増えるほど輸入も増えて赤字が拡大するのです。

■円安政策が対中貿易赤字を招いている

――安倍首相は中国に対して、高飛車に出ている。しかし、その一方で、対中貿易が極端に悪化しているのは皮肉なことだ。

日本は中国(香港を含む)に対して、一昨年までの12年間、貿易黒字を続けてきました。鳩山政権当時は史上最高の4兆円近い黒字を稼いだのです。それが安倍政権下の昨年、1兆円の赤字に転落してしまった。日本は雑貨でも食品でも部品でも安いものを何でも、コストダウンのために中国から買いまくっていて、そういう構造が円安で裏目に出たのです。

「中国と毅然と対決する」という姿勢の安倍政権の円安政策が、こうした結果を招いている。対中貿易赤字を招くような政策を経済的な「反日」政策だとすると、「安倍政権は反日の極み」で、「鳩山政権が最も親日」という皮肉なことになる。

――里山資本主義を提唱する藻谷氏は、GDPばかり計算していないで、お金に換算できない価値を見直すべきだと訴えている。そうした発想の転換によって、日本は幸せな国になれると提言している。

日本は20年前から、1人当たりのGDPは世界20位以内の水準です。失業率も先進国で最低水準なのに、「もっと稼いでGDPを増やさなければならない」と政治家は叫び、そう言えば、支持率が上がる。そのために刹那的な「マネー資本主義」に走っています。その結果、未来のために残さないといけないものまで使い尽くし、今稼ぐために残してはいけないものを残している。具体的には借金と汚染物質です。

ようやく表に出始めた原発の廃炉費用を上乗せするだけでも、電気料金はさらに上がっていく。でも廃炉費用の負担が本格的に発生するのは少なくとも2、3年後。使用済み核燃料の負担が出てくるのはその先。それまでに任期が来るメーカーのサラリーマン社長は、「取りあえずは原発再稼働で目先の電気料金が下がってくれればいい」と考える。これが「マネー資本主義」の刹那的な発想です。

マネー資本主義に走る大企業は、人員を減らすことで給料の総額を減らし、原材料を安くするために中国からの輸入量を増やして、配当を確保する。一部上場の大企業は配当を減らすとソニーのように株主総会で叩かれるので減らしません。その分、貿易赤字が増えて、内需は縮んでしまいます。

アベノミクス以降、日経平均株価は9割も上がったのに、国内の小売販売額は1%しか伸びていない。13年の小売販売額は139兆円で、12年の138兆円とほとんど変わっていないのです。

国民や中小零細企業の大多数は、円安で輸入原材料費が上がって経費がかさむばかりで恩恵の実感はありません。株が上がって儲けた人がどんどん使えばいいのですが、彼らは金融商品を買うばかりで、国内でモノを買わない。海外にビルが建つだけです。

「飢えている人の横で、食べ物を冷蔵庫にしまい込んで腐らせている金持ち」というような行動です。

■仏・伊方式に活路がある

――マネー資本主義に毒されているのは、米国も同様に見える。日本が参考にすべき国はあるのだろうか。

資源もないのに日本に対して貿易黒字のフランスやイタリアに注目しています。両国とも日本人ほど働いているという話は聞いたことがないのに、日本の方が赤字です。

彼らが売り込んでいるのは、ブランド衣料宝飾品に加えて、田舎の産品であるワイン、チーズ、パスタにオリーブオイルなどです。ハイテクではなく、デザインと食文化を売っている。日本だって、里山の恵みをもっと生かして、同じような路線を追求できるはずです。

http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-2469.html

▲PageTop

地域の文化

その他

地域の文化というものは、それだけの高さがある。

しかし、東京に向いてものを言うようになると、ランク付けされ、地域の人を卑屈にしていく。そうすると、地域のもつ素晴らしい文化を、だんだん価値のないものにしていく。

これから100年後、子孫に誇れるものがあるかどうか考えればわかる。新しい文化と、もとの文化を掘り起こしていくことが大切。政府などから、補助金をもらってやることは、改めるべきだ。

ひとつひとつの持っているものの価値というものは、我われが簡単に決めるべきものでなくて、それ自体の事実の中にある。それを見つけることが、いちばん大切なことである。

検討するにあたっては、向かい合ったカタチで行うのがいい。江戸時代以前は、みんなで車座になって喋っていた。寺の坊さんも、ずっと座って喋っている。輪になって話したのだ。上下の関係でなく、同じ視点で対等だった。

それが大切である。

▲PageTop

安倍晋三という男 の4つの不幸(カレル・ヴァン・ウォルフレン)

その他

安倍晋三は国民の幸福より「総理としての幸福」を追い求めている

①祖父を越えようとするほどその功績から遠ざかる総理自身の不幸
②愚かな坊ちゃんリーダー、ブッシュJrと相似形の不幸
③改憲論者すら違和感を持つ「軽薄すぎる解釈改憲」という不幸
④「日本人を不幸にするシステム」をさらに強化しようという最大の不幸


「日本には至るところに『偽りの現実』が刻み込まれている」ーー。『日本/権力構造の謎』『人間を幸福にしない日本というシステム』などの著作で知られるカレル・ヴァン・ウォルフレン氏(アムステルダム大学教授)は、80年代から続ける日本研究の中で、「日本社会」をそう看破した。日本研究の第一人者は、現在の日本をどう見ているのか。主張する外交、憲法改正、アベノミクスに邁進する安倍首相の姿に、ウォルフレン氏は「新たなる日本を不幸にするシステム」の到来を警告する。

①岸信介と正反対

国民を不幸にする「日本というシステム」はその完成度を一層高めているーーそれが、安倍首相が再登板してからの約1年半で感じた率直な日本の姿である。

それをもたらしているのは、安倍首相が抱える「4つの不幸」だ。安倍氏が自らの政策に突き進めば進むほど、不幸が日本と日本人にのしかかり、悪しき「日本というシステム」は強靭になっていく。祖父の政治思想に憧れを抱きながら、その行動が祖父の思想から遠ざかっているという矛盾に気づかない安倍氏自身の不幸だ。安倍氏は常々、「尊敬する政治家は祖父・岸信介」と言い続け、岸が成し遂げられなかった自主憲法の制定を目指している。

そうした「偉大な祖父」を越えたいという政治的野心が悪いとは思わない。
むしろ、安倍氏が本当に岸信介を目指しているというなら、それは素晴らしいことだと思う。

私は著書『日本/権力構造の謎』で、日本には説明責任を負う政治の中枢が空白で、ただアメリカの意思に追随するだけであり、政治的意思も哲学もないと論じた。しかし、そうした日本の政治家にあって、私は岸の功績を高く評価し、戦後日本における最も重要な政治家の一人と考えている。

岸は“アメリカべったりの政治家”というイメージが固定されているが、その評価は正しくない。戦前に日本帝国のアジア植民地政策を主導した人物であることは事実だが、戦後の岸は、戦前の過ちを省みて、日本の復興を遂げる上でアジアでの立ち位置を友好的にする必要があると考えた。岸は米国と信頼関係を結びながら“真の独立”を果たすために自主憲法制定を目指すと同時に、中国との経済関係改善を模索し、日中貿易を推進した。結果的にそうした米国からの“独立”や、独自に中国との関係を築こうという動きは、米国の不信感を買い、総理退任という憂き目を味わうことになるのだが……。

また、彼が日韓国交正常化に尽力したことは紛れもない事実だ。岸は優れた国際感覚で戦略的に前を向いてアジアとの外交を考えていたというのが私の評価だ。

では、安倍氏はどうだろうか。今、日本国内では首相の中国や韓国に対する強硬姿勢が、「主張する外交」として持て囃されている。しかし、それは岸が展開した外交の真逆だといえる。安倍氏には戦略はなく、あるのはマッカーサー憲法や戦後史観に基づく教育によって失われた日本を昔に戻すのだという後ろ向きの幻想だけだ。

象徴的な例が、靖国神社参拝の顛末だろう。安倍氏は米国の後ろ楯を頼みに、靖国参拝で中国・韓国に強烈なメッセージを送ったが、“味方”だと思っていた米国から咎められると思考停止に陥った。「私は強いリーダーだから、中国や韓国にピシャリと言える」という主張する外交が、一瞬にして「米国に言われたら主張できなくなる」ことを露呈してしまったわけだ。

先の日米首脳会談でも、安倍氏がやるべきは、オバマ大統領に日本の国益をきちんと主張することだった。しかし、「日米同盟の強化」という言葉とひきかえに、TPPや基地問題で国益を次々と米国に差し出し、中国や韓国に「日本は米国のサーバント(召使い)」と見られるだけの結果に終わった。

安倍外交が祖父の思想とは逆に、中国、韓国、そして米国との関係冷却を招いたことは、外交面でも経済面でも、日本の将来に暗い影を落としている。

②ブッシュの失敗を繰り返す

安倍氏は日米首脳会談に先立って来日した米共和党議員から、「総理は“日本のロナルド・レーガン”と呼ばれ、共和党では特別な誉め言葉だ」といわれて相好を崩していたという。

だが、安倍氏を米共和党の大統領に喩えるならば、ふさわしいのはレーガンではなく、“坊ちゃん政治家”ぶりをいかんなく発揮したジョージ・W・ブッシュ大統領ではないか。彼も安倍氏と同様に「父(ブッシュ・シニア大統領)を越えたい」という二世政治家らしい野望を隠さなかった。

政治手法も似ている。

ブッシュ氏は9.11以降、「テロとの戦い」を掲げ、アフガンやイラクで軍事力を行使した。彼は、9.11の悲劇を、米国内の貧困や格差の拡大という経済問題から国民の不満をそらす格好の材料に利用したのだ。冷戦崩壊でビジネスを失っていた米国の軍産複合体、石油産業、戦争特需を期待するウォール街は戦争を歓迎し、多くの米国民も当初は「強いアメリカ」を熱烈に支持した。しかし、米国の介入は新たなテロを招き、イラクやアフガンに無秩序をもたらした。米国が担っていた「世界の警察」の威信と信頼を大きく失墜させる結果になった。

スケールこそ違うが、現在の安倍氏の中国や韓国に対する姿勢は、そのブッシュ氏の失敗と重なって見える。

日本では民主党政権時代、不況の中で震災復興は進まず、原発もなし崩しに再稼働されて国民の不安と不満が募っていた。そこに登場した安倍氏はタカ派発言で中国と韓国を挑発し、国民は「強い安倍」を歓迎した。私には安倍氏がブッシュ氏と同じように、国民の不満の矛先を巧妙に中国や韓国への反感に向けさせたように思える。そして高い支持率の中で増税を実施し、軍備を増強し、原発も推進している。

しかし、米国の国民がブッシュの戦争が米国に何の利益ももたらさなかったことに気づいたように、日本の国民もいずれ、安倍政治が国民に安全も利益ももたらさなかったことに気づく日がくるだろう。これが第二の不幸だ。

③改憲で対米依存が強まる矛盾

安倍氏の憲法改正の姿勢に、第三の不幸がある。断っておくが、私は日本が憲法を改正することに賛成の立場であり、それは日本研究を始めた頃から一貫してきた主張である。憲法は時代に即して変えていくべきものだ。

たとえば第9条はシンプルに〈すべての統治国家と同様に日本は交戦権を持つ。しかし、悲劇的な戦争の経験から、侵略者を排除する場合以外はその権利を行使しない〉とすればいい。いくら詭弁を弄しても、自衛隊は世界有数の軍隊だ。それを「軍隊ではない」と誤魔化し続ければ、世界から日本人は憲法を守る気がないと思われる。

私の意見には、いわゆる「左翼」から少なからぬ反対があることは承知しているが、現在の違憲状態には責任ある国家として終止符を打つべきだと考える。

だが、それでも安倍氏の憲法改正論には懸念を感じるのだ。彼は「誇りが持てる国にする」といい、自分の国が他の国より優れているというナショナリズムを憲法改正に持ち込み、歴史の時計の針を巻き戻したがっているかのような印象を受けるからだ。それは、時代に合わせて憲法を進化させるという改憲とは全く違う。

巧妙なのは、安倍氏やその周囲が「米国に押しつけられた憲法だから変えるべき」と主張するなら、改憲の目的は日本の主権を侵してきた米国からの独立に置かれなければ論理的に合わない。日本国憲法の「戦争の放棄」の条項は、米国が日本を米軍の管理下に置くための口実だったからだ。

ところが安倍氏が改憲の先鞭として取り組んでいる集団的自衛権の見直しは「米軍の世界展開の補助」に目的があり、日本の独立性を弱め、米国依存を強める方向だ。「官僚支配」の日本のシステムは米国従属によって成り立っている。システムを崩すことができないから、米国に押しつけられた憲法に対する鬱屈したナショナリズムは反米(米国からの独立)ではなく、はけ口として中韓への優越心に向けられる。

改憲論者として知られる中曽根康弘氏をはじめ、安倍氏の改憲に懸念を覚える改憲論者は少なくない。それは安倍氏の改憲論に、そうしたある種の「軽薄さ」を感じ取っているからにほかならない。その結果、憲法改正という日本が取り組むべき課題が、改憲論者からも危険視されるという不幸を招いている。

④誰のためのアベノミクスか

そして現在の日本人にとって最大の不幸は、安倍政権下で「人間を不幸にするシステム」が、さらに強固になっていることだ。

私は『日本/権力構造の謎』を発表した時から、日本の強固な官僚機構こそ日本というシステムの「管理者」であり、政治家やメディア、財界を束ねるシステムの「支配者」だと指摘してきた。霞が関と族議員の旗振りで原発は増え続けたが、彼らは福島第一原発事故が起きると危険な情報を隠蔽し、国民は危険に晒された。官僚機構が自分たちの既得権の維持や、責任回避のために国民を犠牲にした代表的な出来事である。

そして、今まさに安倍首相が推進するアベノミクスという経済政策も、官僚機構の維持を助け、国民に不幸を強いる政策になろうとしている。私はエコノミストではないので、アベノミクスの経済的な分析はしない。

だが、はっきり言えるのは、この1年数か月の成果を安倍氏が自画自賛し、メディアが礼賛しようとも、アベノミクスが「失われた20年」と呼ばれる日本の停滞を根本的に治癒する政策ではないという点である。金融緩和政策は株価を上げる効果をもたらしても、バラ撒いたお金は大衆の懐にはほとんど届かず、官僚システムに寄生する財界大企業や機関投資家に集まるばかりだ。その結果、システムの管理者である官僚機構の影響力は強まり、国民の不幸はさらに深まる。アベノミクスを褒めそやす人々の顔ぶれが、政治家、財界、メディアであることからしても、システム側が喜ぶ仕組みであることがよくわかる。アベノミクスの「経済哲学」とは、既得権の打破でも一般国民の幸福でもなく、「システムに近い者、賛同する者を優先して守る」という一点にある。

戦後数十年にわたって不幸なシステムに縛られてきた日本人を救うのではなく、むしろその枷(かせ)をさらにきつく締め、官僚システムとの共栄共存を図ろうとするのが現在の安倍政権の姿だ。

憲法改正でも経済政策でも、安倍首相は祖父を越えるという政治的達成感、「総理としての個人的幸福」のために、国民の不幸を踏み台にしているとさえいえる。それが安倍氏の抱える「偽りの現実」なのである。

▲PageTop

「世界革新企業トップ100」で日本が示した知財力

その他

ロイターが保有する特許データを基に知財動向を分析し、世界の革新企業/機関トップ100を選出する『Top100 グローバル・イノベーター』の2014年が発表されました。なんと日本の企業がランクイン数で昨年よりも11社増えて39社となり、過去3年間首位だった米国を抜き、世界最多に躍り出ています。

特許出願数だけでなく、成功率としての登録数や、他の企業が引用するなどの影響の広がりなども加味した評価なので、知財力のランキングだといえるのかもしれません。

「2014Top100グローバルイノベーター」にランクインした日本企業

もちろん、イノベーションは技術だけで起こってくるのでなく、ビジネスの仕組みの革新によるところも大きいとしても、研究開発の成果が競争力や成長力、また収益力の基礎として効いてきます。
ロイターによれば、Top100の選出された企業や機関は、研究開発への投資に積極的で、他の上場企業よりも伸びが大きく、また売上高の伸びも上回っており、経済成長を牽引しているとしています。

しかし、現実は、日本はメーカーの研究開発力、知財力では秀でていても、長年、今ひとつ芳しくない経済状態がつづいています。研究開発以外のイノベーション力や新しいコンセプト、また新しい市場の創造力が問われているのでしょう。特にサービス業でのイノベーション力が求められているのだと思います。

ただ今回受賞した企業の多くは、経営も積極性を感じ、グローバル市場でのマーケティングでも成功している企業がほとんどです。ソニーが受賞していることは意外ですが、最終製品ではもはや独創的な商品、新しいコンセプトを生み出す能力がなくなっても、画像センサーなどの分野ではいまなお高い技術力を維持しているということでしょう。あとは経営力次第ということでしょう。

Top100国別分布


中国からも初めて「華為(ファーウェイ)」が入り、韓国4社、台湾2社を合わせると、アジア企業が46社となり、アジア企業の躍進もうかがえます。

http://www.huffingtonpost.jp/hiroshi-onishi/company_b_6124760.html?utm_hp_ref=japan

▲PageTop

ラジオは日本語を守る最後の砦 日本に必要なのは美しい日本語だ(久米宏)

その他

放送関係の雑誌に、パーソナリティの久米宏氏が「メディアと日本語」に関して書いていた。以下抜粋してみる。

私は、TBSに入社して、ラジオで28年、テレビで18年、トータル46年間も放送に携わってきた。

入社から10年間はラジオだけを、途中からテレビに携わるようになった。
テレビで話すようになって、自分の言葉を伝えるために、
我が儘を言って、実験的なことをいくつか行った。

通常、ニュースや情報番組では、テレビカメラのレンズ手前に据え付けたハーフミラーに、原稿が映る「プロンプター」という機材が導入されている。アナウンサーはこれを使い、カメラから視線を外さずに原稿を読むことができる。

私は、このシステムに違和感を感じた。アナウンサーが、カメラをじっと見続けながら、長いコメントをスラスラ話していることは、不自然で気持ち悪く感じたのだ。だからプロンプターは使わないことを決め、原稿に目を落としながらニュースを伝えるようにした。不思議なことに、この方が「自分の言葉が伝わった」という実感があった。

そしてもうひとつ。
「原稿は声を出して下読みしない」ということだ。つまり原稿は黙読するだけ。自分では、一度声を出して読んでしまうと「その言葉が生きていないものとなってしまう」とそう考えたからだ。声を出して読むのは本番の時が初めてという、ことになる。

実際に、声を出して読む速度で黙読するのは、難しかった。しかし本番の時に初めて声を出して読むというのは、なかなかスリリングで面白く、言葉が生きていると感じた。結局テレビでの18年間の間、下読みで声を出すということはなかった。

四十六年間の放送の仕事を通じて「映像の力が、あまりに強い」ということを感じた。テレビを見る人が、映像画面から受ける衝撃の強さと情報量の多さは、圧倒的だと感じた。一方、音声から認識する言葉は相当に劣勢だ。

多くの情報番組やバラエティで、頻繁に画面にスーパーでコメントを映し出す。これは「言葉を映像化し固定しないと、あっという間に流れ去る」ことを、テレビ番組の演出家は、本能的に知っているからだと思う。

我々の日本語力の低下は一途を辿っている。日本語にとって重要なのは、ラジオの存在を見直すことだ。ラジオは日本語を守る最後の砦ともいえると思う。

小学校や中学校で「世に中にはラジオというものがある」ことと、日本語の大切さを教えていただきたい。

(転載終了)

久米は、肉声のある言葉を届けるため、テレビにおいて試行錯誤を行っていた。かつて「久米宏のTVスクランブル」という番組があった。コメンテイターに横山やすしを据え、久米とやすしの絶妙なやりとりや、斬新な企画で人気を集めた番組だ。

やすしの起用に、局側は難色を示したようだ。ただ久米は「既存番組は、本記(5W1H)を読み上げるだけのもので面白くない。解説に肉声を注ぎこみ、テーマに興味を持たせたい。だから横山やすし以外はない。生放送で横山の個性を生かしたい」と強く説得さスタートした。

ただ生放送が故にトラブルも多かった。生放送中にもかかわらず、やすしは酒に酔った状態で出演したり、放送禁止用語も頻発、本番中にトイレに行ってしまったこともあった、後述の選挙特番中にくしゃみをして、観客に「鼻かみ(ティッシュペーパー)持ってないか」と声をかけて、久米が「生放送中なんだからティッシュペーパーなんか取りに行かないでよ!!誰かティッシュあげて下さい!!」とあきれるシーンがあったりした。1984年11月に渋滞が原因で飛行機に乗り遅れ、番組の出演に穴を開けたのをきっかけに降板した。

ただ私にとっても、記憶に残る番組のひとつだ。やすしの発言のすべてが、自分の好き嫌いという基準でしていたからだ。小気味よかった。

▲PageTop

プーチンが動くと世界が動く ローマ法王命がけの改革とプーチンとの連携

その他



ローマ法王が、バチカンを改変しようとするニュースは、日本のTVではあまり報じられていない。ゴットファーザーでも題材になったが、バチカンは、ユダヤ系金融マフィアが、マネーロンダリングのために活用しているのは周知の事実である。マスコミが、ホロコーストの疑惑や、ネオナチ、ユダヤ金融マフィアのことを報じるのはかなり不味いことなのだろう。ただこのローマ法王の命がけの声明、よく調べると、プーチンの動きと無関係ではないことがわかる。

法王、命がけの財務改革 マフィア反発、報復の恐れも
ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は21日、マフィア犯罪の犠牲者遺族ら約700人と面会した。今月13日に就任1年を迎えた法王は、マネーロンダリング (資金洗浄)への関与も取り沙汰されてきた教会の財務改革を本格化。ただ、改 革を阻もうとするマフィアに逆に命を狙われる恐れも指摘されている。

集いでは、マフィアに殺害された842人の名が読み上げられた。法王は遺族に 「私はあなた方と共にいます。つらい話を聞かせてくださって、ありがとう」と語り かけた。マフィアには「あなた方の金や力は血塗られている。地獄に落ちぬよう悔い改め、悪行をやめなさい」と非難した。

昨年3月に就任したフランシスコ法王は前例にとらわれない姿勢で改革に臨んで いる。バチカンの官僚組織に属してこなかった世界各地の「現場派」の枢機卿ら 8人を諮問委員に任命し、改革案を作成中。最大の焦点がバチカンの財務部門
の改革だ。

法王は今年2月、これまでの財産管理局に代えて「財務省」を新設する教令を出 した。長官には、官僚組織改革の急先鋒(きゅうせんぽう)であり、8人の諮問委員 の一人であるシドニーのペル枢機卿を据えた。3月8日には、財務省を監督する15 人の評議会も設立。うち7人を教会外部の金融界から招いた。先々代のヨハネ・パ ウロ2世によって固められた教会組織を、四半世紀ぶりに大きく再編する動きだ。


今後の焦点は、教会の資産を管理・運営してきた宗教事業協会(通称バチカン銀行)だ。資産は約60億ユーロ(約8400億円)とされる。教会の力の源泉とみられてきた が、一方でこの協会に設けられた聖職者の口座がイタリアの保守政治家やマフィア の借名口座として使われ、マネーロンダリングの温床だったとも指摘されてきた。

フランシスコ法王は、協会事務局長ら教会の財務を長年担ってきた古参幹部の多くを退任させた。上級会計士だった司祭は資金洗浄の疑いでイタリアの捜査当局に逮捕された。1月には協会の監督役だった枢機卿5人のうち4人を代えた。

一方、法王の急進的な改革に対して、マフィアの報復を懸念する声もある。イタリア南部カラブリア州でマフィア対策に当たっているグラテッリ検事は昨年11月、カトリック教会の金融事業の抜け穴を悪用してきたマフィアが法王の改革に対して 神経をとがらせている、と地元紙に語った。

ただ、フランシスコ法王側はひるんでいない。マフィアの反発について、バチカンの 広報官は「教会は極めて平静だ」と述べ、財務改革を続ける方針を示している。

米のビットコイン訴訟 みずほも被告に
経営破綻した仮想通貨ビットコインの取引仲介会社「マウントゴックス」に対し、アメリカの利用者が損害賠償を求めている裁判で、マウントゴックスの資金を取り扱っていたみずほ銀行が新たに被告として訴えられたことが明らかになりました。(3/17 NHK 抜粋)

-----------------------------------------------------------------

昨年11月末バチカンでプーチンとローマ法王が初会談しました。シリア問題と中東のキリスト教徒保護を話し合ったようだ。しかし当面の課題はそうなのかもしれませんが、将来の宗教団体解体、イスラム教との融合、ロシア正教との合体なども視野に入っているはずです。

 
さて、どうして「みずほ銀行」がビットコインで訴えられたニュースと関係するのか 不思議です。9月の記事「みずほ銀行の件が示すもの」から抜粋します。

FATFとは
1989年のアルシュ‐サミット経済宣言により設立された政府間機関。マネーロンダ リング対策やテロ資金対策などにおける国際的な協調指導、協力推進などを行う。国際基準の策定や加盟している国・地域・機関への勧告、勧告遵守の推奨など指導的役割も担う。G7を含む34の国・地域、および二つの国際機関(欧州委員会・湾岸協力会議)が加盟している(2013年7月現在)。 「金融庁HP「財務省HP」にも掲載されています。

みずほ銀行の件について
これは、世界支配層(主要ファミリー)が、国際金融ブローカーによる国際金融詐欺 事件やマフィア、日本の広域暴力団などによるマネーロンダリング事件などを取締まる国際組織「FATF」を動かして進めている国際金融正常化の一環である。 世界支配層は、日本が保有している「国際運用資金」を米国防総省(ペンタゴン)に守らせており、国際金融事件については「FATF」を動かして世界的規模で追及している。

マネーロンダリングの粛清
国際金融正常化に関して、「FATF」 はバチカンの粛正に乗り出し、教皇であったベネディクト16世(2005~2013)を生前退位させ、フランシスコ1世に交代させるとともに、ローマ教皇庁の国家財政管理と資産運営を掌っていた組織「宗教事業協会」を解体させた。総裁のもとに各国の民間の投資銀行を通じて投資運用し資金調達を行っていたばかりでなく、マネーロンダリングの巣窟と化していたからである。

ロシアは、プーチン大統領がマネーロンダリングを行っていたマフィアや富裕層を 徹底的に粛清した(キプロスの件のことです) 「FATF」は8月までに日本の巨大宗教団体「創価学会」を処分した。それまで三菱東京 UFJ銀行が預かっていた資金をすべてみずほ銀行に移させたのである。三菱東京 UFJ銀行が国際金融の全権を掌握するに当てって、「好ましくない資金」と判定した のである。(引用終わり)

創価学会は活動資金をみずほ銀行に移しましたが、みずほ銀行はビットコインを使って資金をマネロンしていたのです。もしかして創価学会の名誉会長I氏は昨年の夏ごろに亡くなっているのではないかと疑っています。毎日新聞やTBSの報道姿勢が変化してきたのも、ここに原因があるのではないでしょうか。朝日新聞社はTIBOR問題の調査を依頼されていますので、産経、読売とは明らかに記事内容が違います。どこの国でも、どこの組織でも、「80:20の法則」、永遠に変化しないということはありません。

http://agnes2001.blog.fc2.com/

▲PageTop

アメリカ 日本に「余剰プルトニウム返却せよ」と要求(共同通信)

その他

9422bd8b

共同通信が「日米原子力協力」の今後を予見するかのような重大記事を掲載した。このことは都知事選の争点になってしまった「脱原発」の実現可能性に大きな影響を与えるのでここでお知らせしたい。それは日本がアメリカから預かっている余剰プルトニウムの取り扱いに関する記事である。

◆プルトニウム:米国 日本に提供の300キロ返還要求

毎日新聞 2014年01月26日 19時49分(最終更新 01月26日 21時52分)

核物質や原子力施設を防護・保全する「核セキュリティー」を重視するオバマ米政権が日本政府に対し、冷戦時代に米国などが研究用として日本に提供した核物質プルトニウムの返還を求めていることが26日、分かった。

このプルトニウムは茨城県東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)で使う核燃料用の約300キロ。高濃度で軍事利用に適した「兵器級プルトニウム」が大半を占め、単純計算で核兵器40?50発分程度に相当する。

日本側ではこれまで「高速炉の研究に必要」と返還に反対する声も強かったが、米国の度重なる要求に折れて昨年から日米間で返還の可能性を探る協議が本格化している。(共同)

この共同通信の記事では書かれていないが、日本がプルトニウムなどの核物質を保有できるのは、ひとえにアメリカ政府との間で締結している、「二国間協定」(アグリーメント)である日米原子力協定が根拠になっている。敗戦国であり、同時にIAEAに加盟している日本は、アメリカの許可がなければ、平和利用であっても核開発ができない体制になっている。

日米は中曽根・レーガン政権時代に、日本が独自に使用済み核燃料からプルトニウムを抽出する再処理という工程を行う許可を取り付けたが、それでもIAEAでうたう核不拡散の理念から、本当は余剰プルトニウムは持てないことになっている。しかし、日本は核燃料サイクルの名の下に、それをもんじゅのような実現が程遠い高速増殖炉や高速炉で燃やすことで利用するという名目で国内外にプルトニウムを保有し続けてきた。

上の共同通信の記事では、アメリカが返還を要求しているのは数百キロのプルトニウムだと書かれているが、実は日本が保有している余剰プルトニウムは国内に7トン国外に43トン程度で大雑把な数字で言えば50トンである。海外にある分は日本で核燃料サイクルの一環であるプルサーマル計画によって発電用燃料として消費する事を前提に、英仏の工場でMOX燃料棒に加工してもらうために待機させてあるプルトニウムだ。

ところが、この50トンものプルトニウムの消費もままならないのに、日本はさらに日本にある使用済み燃料を再処理してMOX燃料に仕立てて国内の原発で消費しようと、青森県・六ケ所村の再処理工場を建設した。都知事選で立候補している細川護煕元首相はこの六ヶ所村と核との関連を描いた「六ケ所ラプソディ」という映画を見て啓発されたという。

20140123-00000042-jijp-000-1-view

この再処理工場が動けば、工場の解体だけで1兆円のコスト、40年間稼働させることで19兆円のコストが掛かると言われて経産省の一部の官僚からも批判の声が上がったのだ。MOX燃料は普通のウラン燃料よりも割高であり、現在はウラン燃料の枯渇の心配も当面は考えられない。また問題なのは再処理の仕組みがフランスで現在行われているものと同じ、旧いタイプのピュレ―ックス法というものを使用していることだ。

いずれにせよ、脱原発にとって、この再処理工場の閉鎖が極めて重要なのであり、この再処理工場を維持するために、運営会社の日本原燃の親会社の日本原電(原発以外をやってない特殊な発電会社。東電などの電力会社が大株主)は、福井県にある原電の原発を動かさないと行けない。それだけが原因ではないのだが、核燃料サイクルという割にあわない「お荷物」を維持するために、原発再稼働を急いでいるという構図があるわけだ。

脱原発の姿とエネルギー政策の大転換を冷静に議論するためには、まず普通の発電用原発とは異なる核燃料サイクルをストップする必要がある。全体的なエネルギー政策の見直しには、ある程度の時間軸は必要だろうが、まずは再処理をストップさせる必要がある。

アメリカが今になって、アメリカが提供した実験用に限ってとは言うものの、日本に貸与したプルトニウムを返却せよと言ってきたというのは、日本が不用意に核武装の材料となるプルトニウムを保有することのリスクを認識し始めたということだろう。
 
今年のダヴォス会議は安倍首相の思惑が外れて、安倍首相のセッションの後で記者たちが最初に質問したのは、中国との安全保障上の緊張関係を悪化させてもいる安倍首相の靖国参拝についてであった。

このブログでも繰り返し書いているが、今年は1914年の第一次世界大戦(ザ・グレートウォー)の勃発から100年。欧米諸国の懸念は日中関係の緊張が双方の挑発合戦で不測の事態に突入することである。安倍首相はクチでは「日中がかつての英独のように戦争してはいけない」と言明しているものの、実際にはその緊張緩和のための口火を自分からはきろうとしない。そしてあろうことか、天皇誕生日の3日後の就任一年目の去年12月26日に靖国神社に公式参拝している。

アメリカ、中国などの連合国の懸念は、日本がサンフランシスコ講和条約の前提となったヤルタ・ポツダム体制や、国連中心主義を「戦後レジーム」として脱却しようとしていることにある。

今回の都知事選でも戦後レジーム打破を主唱する石原慎太郎元都知事が応援する、保守派の候補である、田母神俊雄候補の過去のアパ論文(歴史認識がかなり乱雑)などへの注目が集まったことなどもあり、これまでのようになあなあの形で日本の余剰プルトニウム保有を認めていいのかという逡巡が米当局に生まれているようだ。これが今回の共同通信の記事の背景にある文脈である。

NIK201401230137 

要するに、ダヴォス会議では日本の安倍首相は第一次世界大戦をめぐる歴史認識を「テスト」されたのだがこの試験にやっぱり落第したわけである。ダヴォスに出席していたビルダーバーグ会議元メンバーのマーティン・ウォルフ(FT紙論説委員長)が安倍発言に「ぎょっとした」とコメントしたことがその論拠である。

Maybe, that is realistic and maybe such realism will protect the world from such a calamity. But it frightens the wits out of me. I was particularly struck by the almost casual way in which Mr Abe cited the World War I precedent. I wish the US would step more decisively on this nonsense.

http://blogs.ft.com/the-world/2014/01/davos-debate-on-accidents-and-abenomics/


一方、安倍首相は日中間の軍事衝突の可能性についての質問に「第1次世界大戦当時、英国 とドイツは最大の貿易相手国であったのにもかかわらず、戦争が起きた」として「(現在の日中関係も)似たような状況」と話した。この返事はファイナンシャ ルタイムズ(FT)等によって「日中間の戦争勃発の可能性を示唆したもの」と解釈された。FTのマーティン・ウルフ首席論説委員は「安倍首相のこのような 態度は肝を冷やす」として「米国が決断力を持って出なければならない」という文をブログに上げた。

http://japanese.joins.com/article/977/180977.html

日本がすぐに使わないプルトニウムを持っているのは「核武装への野心」があるのではないかとアメリカは常に疑ってきたようだが、今回はその懸念が、はっきりと表に出てしまったということになる。なにごとも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということだ。日本は核不拡散へのコミットメントを確約させられることになるだろう。

 

▲PageTop

靖国カルト集団による 満州国化する日本

その他

8日の京大人文科学研究所長、山室信一教授の「『満州国化』する日本」という談話には引き込まれた。

皇帝、国歌、国旗を揃えていても満州は立派な傀儡国家だった。それをつくりあげた功績者の一人が現首相の祖父だ。
そして、孫は、祖父が外国に傀儡国家を設立したのに見習って、日本を宗主国が取り戻すのをお手伝いして、完璧な傀儡国家にしようとしている。と、何度も繰り返し書いてきた。つまり、日本の完全満州化推進中だと。

「素人の妄想」であれば嬉しいと思いながらかいているが、尊敬する専門家が、おっしゃるのなら、妄想ではないだろう。妄想ではなく、現実だというのは、小生の発想がとんでもないものでなかったことを示す「良いニュース」だろう。とはいえ、その内容は実に悲しい「悪いニュース」だ。

そして、岩波書店の月刊誌『世界』2月号。特集は、空洞化する民主主義 小選挙区制20年の帰結と安倍政権。
小選挙区制こそ悪の根源だと、小生もう何度もしつこく書いている。

特集の中で、
小選挙区制 「選挙独裁制」が破壊する民主主義 中野晃一(上智大学)は秀逸。主として、イギリスのサッチャー時代を検討しておられるが、返す刀で、日本の小選挙区制導入をばっさり。おっしゃる通りだと思う。
ここは是非『世界』2月号を購入いただきたい。大本営広報部では決して報じないので。

ということで、小生はかたくなに、豪腕政治家氏不支持をずっと継続している。彼が小選挙区制導入を間違いだったと懺悔した記事を読んだことがまったくないので。

都知事候補に出馬したお殿さまが総理だった時に、小選挙区制が導入されたのだから、高価なお茶碗を作っておられるお殿さまに都知事選で投票するつもりは皆無だ。たとえ、そのお茶碗をいただけたとしても。小選挙区制導入というとんでもない実績を誇るお殿さまをかつぐ民主党、与党や周辺傀儡政党とまったく変わらない売国政治家集団だ、という確信が、ますます深まっている。

「100年の悔いを子孫に傳ふるなかれ」と、田中正造は書いているが、1000年の悔いを子孫に傳えようとしているのが、大本営が応援の旗をふっている政党・政治家売国奴。

「細川元首相が都知事選出馬決定で自公が大慌て」やら、「豪腕政治家氏もお殿様を擁立したことが素晴らしい」やら、「中道の左」「宇都宮氏は副知事に」とおっしゃる人気ブログが多々あるのにびっくり。自民党・民主党二大政党制度を作った連中がますます権力を強化するのは、庶民にとって悪夢ではあっても、夢ではないだろうに。

「細川元首相が都知事選出馬決定で、自公もにんまり」であったり、「豪腕政治家氏もお殿様を擁立したことはとんでもない」、「自民の左」「お殿様は副知事に」というのならわかるが、人それぞれ。イノシ氏を選んだ賢明な都民の皆様だ。結果は想像するまでもないだろう。

かくして、日本は沈没の道をまっしぐら。集団自殺を止める力などメタボ・オヤジにはない。おかげで当ブログ、ますます超マイナー・ブログ化。恥ずかしながら、生まれてこのかた、メジャーになったこと皆無なので全く気にならない。マスゴミどころかミニゴミが取り柄。

二大政党、新自由主義ときわめて親和的なのが、与党と、第一野党がそれぞれ擁立した候補者だ。一種の保険で、どっちが都知事になっても、売国傀儡政党にとっても、宗主国にとっても、万歳三唱に決まっているだろう。これほど見え透いた茶番を真に受けて喜ぶほど、人々は劣化しているのだろうか。

ところで、『世界』の記事では、「消費税を問う」も、悪法・秘密保護法廃止へ!も読みごたえがある。
大本営広報部の実態を考えるということでは、「NHK会長 その政治的で不可解なるもの」 永田浩三(武蔵大学)も見逃せない。

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-8fa4.html

▲PageTop

ほとんどの弁護士も知らない ISD条約の恐ろしさ

その他

同業弁護士との会合の中で、ほとんどの弁護士がISD条項を知らないということに少し驚かされた。

マスコミは、TPPを一貫して農業対その他の産業という対立構図で問題を伝えるし、国民に知られる前にISD条項の問題はすでに決着済みみたいに報じられている。これでは何年経とうが、ISD条項の問題性を知る機会はないと言えるだろう。

TPPは、秘密保護法と同等か、それ以上に深刻な問題を提起するものなのに、ほとんど国民には実態が伝わらないまま、あまりにも密室でことが運びすぎている。

ISD条項について、僕が主に取材を受け雑誌の掲載された『ISD条項+“強欲資本主義特集記事を紹介する。
「プレイボーイISD条項特集」(PDF)

取材に対して、いつも決して大げさにも、不正確にも答えていません。密室で進んでいることが、普通に考えて、国民の立場では、ISD条項が、とんでもない代物だからです。

http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/12/post-550e.html

▲PageTop

徳州会事件は検察・特捜部の大敗北 裏には安倍と石原のカジノ利権争いが

その他

徳洲会から猪瀬直樹都知事に渡された 5千万円の事件。本当の問題はなにか。
猪瀬直樹が、12月18日に辞任表明して、それで、すべてを終わりにしようとしている。

猪瀬の逮捕もなしにして、それで、東京地検特捜部はホウカムリをして、知らぬ顔の半兵衛、で自分たちが逃げ切ることに必死になっている。 

これは巨大な医療法人である徳洲会を潰そうとした、厚生労働省の官僚が仕組み、今の東京地検特捜部長とやった官僚作文の 「利権あさり」劇の大失策であり、敗北である。徳洲会のドン・徳田虎雄(とくだとらお)は生きていた。彼の恐ろしいまでのあの激しい形相の捨て身の反撃に、もんどり打ったのは自民党と特捜部だ。 

ドン虎雄が死ぬ前に手を出した、厚生官僚と検察特捜部は、黙り込んで自分たちの無能を恥じている。功を焦って、小沢一郎を犯罪者に仕立てて、つぶして、自分たち“法の番人“が、違法行為を続けて犯罪者になったことの汚名を濯(そそ)ごうとした、愚か者の検察庁幹部どもと最高裁判所=法務官僚どもの大敗北だ。

全国56箇所の徳洲会の大病院のネットワークを、医療官僚行政と医師会にずっと40年間逆らい続けた虎雄が死んだら、徳田家から奪い取って、厚生官僚どもを天下らせて、そこを自分たちの新しい美味(おい)しい餌場にしようと、ほくそ笑んだ厚生官僚たちの大失策だ。自民党に火が及んだので、自民党が怒った。

虎雄の、あの車いすのまま出てきて、首も動かない、目だけで字を書いて、それを音声にして、皆に話した、あの壮絶な 反撃は、本当に、すさまじかった。

徳洲会の元事務総長・能宗(のうそう)克行(かつゆき)(57歳)“金庫番”が、徳洲会を裏切り、虎雄と大喧嘩して、そして、政治家たちへの裏献金(ワイロの渡し)を、全部、特捜部にしゃべった。それで、徳洲会潰(つぶ)しとしての、息子の毅(たけし) 衆議院議員を贈賄罪で捕まえることで、完成しようとした。 

“計画通り”、猪瀬直樹に火がついた。猪瀬ひとりを焼き殺して、それで、終わり、幕引きにしようとしている。猪瀬の親分である 石原慎太郎が、5千万円の10倍の5億円ぐらいは、徳洲会からこれまでにもらっている(都知事だから収賄の罪)ことは、国民の多くが、囁(ささや)き合っている通りである。

(転載貼り付け始め)

◆「逮捕された能宗元事務総長、民主党政権のメンバーもゾロゾロ  

逮捕された金庫番が暴露 「徳洲会マネー」15億円の譲渡先 」2013年12月4日 日刊ゲンダイ

徳洲会の政界工作の裏の裏まで知り尽くした“金庫番”が逮捕された。警視庁と鹿児島県警に業務上横領の疑いで捕まったのは、グループの元事務総長・能宗(のうそう)克行容疑者(57)。徳洲会の関連会社の資金3000万円を着服した疑いだが、この男こそ、一連の不正の実態を東京地検特捜部に詳述し、親族逮捕のきっかけをつくったとされる人物だ。

能宗は関西学院大を卒業後、79年に徳洲会大阪本部に入り、創業者の徳田虎雄の運転手兼秘書になった。猪突猛進な虎雄の指示に従って、信号無視やスピード違反は当たり前の運転術を身につけ、虎雄の信頼を獲得。これを機に30年以上にわたって重用された。

「虎雄氏が難病に侵された後は代弁者として徳洲会マネーを差配し、絶大な権力を誇った。これに“徳洲会が乗っ取られる”と反発したのが、虎雄氏の親族です。腕利きの興信所を雇うなど大金をはたいて能宗が関わった不正なカネの流れを洗い出し、今回の着服容疑を突き付け、今年2月に能宗を懲戒解雇。その後、刑事告訴したのです」(捜査事情通)

■大物政治家の名が次々と

懲戒解雇の直前、能宗が徳洲会側にカネの流れを説明した「弁明書」が検察の手にわたった。 「政界工作の裏金をどう捻出し、どう使ってきたのか。大物政治家の実名を挙げながら、80ページ超にわたって、こと細かに説明しています。特捜部にとっては宝の山で、警視庁が今回、捜査にあたったのも検察側に『俺たちの捜査協力者を自らの手で逮捕するわけにはいかない』という負い目があった、ともっぱらです」(捜査事情通)

メモはマスコミにも出回り、石原慎太郎、亀井静香、鳩山由紀夫など実名で登場する政治家たちは「資金提供はない」と否定しまくっている。

「問題は民主党政権時代の裏工作で、多くは時効を迎えていません。メモには、民主党元衆院議員の高見裕一氏とナント、15億8000万円もの巨額コンサル契約を結び、すでに計2億4140万円を支払ったと記載されています。警視庁は10月末に能宗の着服事件の関係先として、高見氏の自宅を家宅捜索しています」(捜査事情通)

この高見氏を国交相時代に特別参与に任命したのが、前原誠司だ。メモには徳洲会が取り組んだ「メディカルツーリズム構築へ向けた医療ビザ創設」について、〈高見氏が前原大臣と膝を突き合わせて説いた〉などと克明につづられている。
 
前原事務所は「一切、関わっていません」と答えたが、メモには高見氏を通じた菅元首相や長妻元厚労相などとの“パイプ”も真偽不明ながら、詳細に書かれている。金庫番の逮捕によって徳洲会捜査は次にどんな展開を見せるのか。

(転載貼り付け終わり)

この金庫番で、組織の裏切り者の能宗克行からのゲロ、白状を証拠に、徳洲会を叩き潰して、厚生官僚どもに渡そうとした、法務官僚=検察・特捜部の大敗北である。 

この能宗 を逮捕したのは、警察(庁)なのである。検察のバカたちが失策を起こして、自民党の大物たちのカネの受け取りまでバレかけたので、能宗を何が何でも、警察の檻(おり)の中に隠して、二度と表に出さないようにする、ということである。こうなったら犯罪捜査もへったくれもあるものか。自民党とオール官僚どもは、自分たちが逃げを打つことで必死となる。

ホリエモン事件のときと同じだ。ホリエモンは、そうやって、右翼ヤクザ者たちから命を狙われた形にして、検察の中に逃げ込ませた。カネとライブドアのすべてをホリエモンから奪い取った。自民党の親分たちに、ホリエモンが配ったカネの問題は、全て有耶無耶(うやむや)にした。

あとは、もっと大物で、腹ぐろい 孫正義(そんまさよし)だ。彼の背後には、ルパート・マードックとデイヴィッド・ロックフェラーが付いているから、日本の電波(でんぱ)官僚、通信官僚 (今は、総務省)たちでも怖くて手が出ない。
実は、安倍晋三首相と石原慎太郎は、現在、お台場(フジテレビの建物の隣り)でカジノ(博奕場)の法律と諸場を作ろうとしている。そして、その突然のカジノ解禁法律を巡る、利権で争っているのだ。 

パチンコ・遊技場産業の大手のセガ・サミーが、安倍晋三に貢ぎ、アルゼの方が石原慎太郎派だ。この“カジノ解禁”利権をめぐる争いだ。右翼・愛国者としての心情で、韓国(人)、朝鮮(人)たたき、中国との敵対行動で、二人は同志だろう、などと、甘い考えは持たない方がいい。大物政治家たちは、「国王級」の人間たちだから、自分のカネを貢いでくれる勢力のために動くのだ。

だから、徳洲会事件で、石原を動けなくして、まだ頭の軽い橋下徹を、安倍は自分の方に、「ねえ、憲法改正をやろうよ」と呼び込んで、引き込もうとしている。

▲PageTop

靖国カルト=安倍晋三が やろうとしていること

その他

この1ヶ月間に起きた、世界的に重要な政治問題について箇条書きで羅列する。

1.安倍晋三首相の 12月26日(木)の突然の靖国参拝の 背景、裏側(うらがわ)、持つ意味。
2.北朝鮮の 国防委員会副委員長の張成沢(ちょうせいたく、チャン・ソンテク)の12月12日の銃殺刑。
3.イエレン次期FRB議長が、12月14日(火)に米上院の指名承認の公聴会(パブリック・ヒアリング)があった。
 

イエレンは、「金融緩和の継続の停止へ」即ち、テイパリング tapering と言うが、これを当面、やらない、やめる( =金融緩和をやめるを、やめる、を やめる。 けど、少しずつはやる という複雑な話。世界中をだますために)という複雑怪奇な表明をして、このあと、すぐにNYの株価が上がって、日本の株も上がりだした。このインチキ経済政策のことは、ここでは、これ以上説明しない。

「アメリカの景気は回復しつつあり、心配はいらない」と大宣伝している者たちは、アメリカのジャンク・ボンド(低信用の債券市場)が先週から入って急激に崩れだしている事実を見ようとしない。

4.特定秘密保護法(とくていひみつほごほう)が、12月7日に可決した。

この変な法律の持つ意味については、会員ペ―ジの音声配信で、アルルくんと話して、説明した。だから、ここでは極(ごく)手短かに話す。大事な点は、「秘密を漏洩(ろうえい)した公務員は最高で10年の懲役に処す」と決めたことだ。すべてはスノーデン事件とウィキリークスがアメリカ政府の情報機関(N.S.A. エヌ・エス・エイ)が集めた情報を世界中に公開してしまったことの強い影響だ。

エドワード・スノーデン(ロシアで保護されている)が、咄嗟の判断で、命がけの逃避行(香港に逃げた)で、世界中の大新聞社にばらまいた、そしてまだ、ロシアのプーチンの手元で保留されている世界中の各国政府の動きの傍受(ぼうじゅ)、盗聴や、主要各国の国家情報機関の最高幹部たちの氏名一覧の公表の問題だ。

今度出来た、特定秘密保護法は、法律の条文自体が意味を成していない。最後の方に、その条文の一部を載せる。 何を書いているのか、法律学の知識のある私にも意味不明の条文たちである。 

この特殊な法律が出来たことで、大事なことは、国家(政府)が、おのれの行動と集めた情報の山を秘密にして公開しないで国家機密としてこのままにしたいという本性(ほんせい)から出た、長年、情報機関(内調=ないちょう= 内閣情報調査室、や公安・外事警察。自衛隊の教育隊とか。公安調査庁=公調(こうちょう)=は嫌われて力がなくなっている) が内部統制用にも欲しがった国家機密の保護法である。

この日本の国家情報機関に所属する公務員たち(警備公安警察=政治警察や自衛隊の特殊部隊 の非公然の隊員たちおよびOBたちに対して、「お前たちが国家機密を持ち出してどこかで公表したら、懲役10年の刑にする」 という条文がすべての目玉で中心だ。つまり国家の内部統制の法律である。

これまでは、民間の企業や組織にたいして、ホイッスル・ブローアー(内部告発者)を奨励して、どんどん捜査機関(=警察)に内部の犯罪などを持ち込むように教唆していた。それが、何と自分たち国家機関にこの「内部告発=情報漏洩」問題が、襲い掛かるという晴天の霹靂の 事態が頻発するようになった。だからこれまであった、「内部告発、タレコミの奨励の法律」を潰して禁圧しようという動きだ。 

「情報公開法」もグチャグチャの法律にして葬ったように、どさくさで廃止にした。 スノーデンとウィキリークスによる、主要国家の国家スパイの高官たちの氏名一覧の公表に心底、怯(おび)えたのだ。それが、特定秘密保護法作りのお粗末の中心部分だ。

5.徳洲会(とくしゅうかい)から猪瀬直樹都知事に渡された 5千万円の事件。本当の問題はなにか。猪瀬直樹が、12月18日に辞任表明して、それで、すべてを終わりにしようとしている。

猪瀬の逮捕もなしにして、それで、東京地検特捜部はホウカムリをして、知らぬ顔の半兵衛、で自分たちが逃げ切ることに必死になっている。 

これは巨大な医療法人である徳洲会を潰そうとした、厚生労働省の官僚が仕組み、今の東京地検特捜部長とやった官僚作文の 「利権あさり」劇の大失策であり、敗北である。徳洲会のドン・徳田虎雄(とくだとらお)は生きていた。彼の恐ろしいまでのあの激しい形相の捨て身の反撃に、もんどり打ったのは自民党と特捜部だ。 

“ドン・コルレオーネ”は生きていた。ドン虎雄が死ぬ前に手を出した、厚生官僚と、検察特捜部は、黙り込んで自分たちの無能を恥じている。功を焦って、小沢一郎を犯罪者に仕立てて、つぶして、自分たち“法の番人“が、違法行為を続けて犯罪者になったことの汚名を濯(そそ)ごうとした、愚か者の検察庁幹部どもと最高裁判所=法務官僚どもの大敗北だ。あとの方で、もっと説明する。

全国56箇所か、の徳洲会の大病院のネットワークを、医療官僚行政と医師会にずっと40年間逆らい続けた虎雄が死んだら、徳田家から、奪い取って、厚生官僚どもを天下らせて、そこを自分たちの新しい美味(おい)しい餌場にしようと、ほくそ笑んだ厚生官僚たちの大失策だ。 自民党に、火が及んだので、自民党が怒った。

虎雄の、あの車いすのまま出てきて、首も動かない、目だけで、字を書いて、それを音声にして、皆に話した、あの壮絶な 反撃は、本当に、すさまじかった。

徳洲会の元事務総長・能宗(のうそう)克行(かつゆき)(57歳)“金庫番”が、徳洲会を裏切り、虎雄と大喧嘩して、そして、政治家たちへの裏献金(ワイロの渡し)を、全部、特捜部にしゃべった。それで、徳洲会潰(つぶ)しとしての、息子の毅(たけし) 衆議院議員を贈賄罪で捕まえることで、完成しようとした。 

“計画通り”、猪瀬直樹に火がついた。猪瀬ひとりを焼き殺して、それで、終わり、幕引きにしようとしている。猪瀬の親分である 石原慎太郎が、5千万円の10倍の5億円ぐらいは、徳洲会からこれまでにもらっている(都知事だから収賄の罪)ことは、国民の多くが、囁(ささや)き合っている通りである。

ここまでなら、そこらの床屋談義の、バカ評論家たちでもやっている。ここからが、大きな真実だ。ドン・コルレオーネ・虎雄は、「こうなったら、すべて、これまで、自民党の大物たちに、能宗(のうそう)が渡した徳洲会のカネのことを 特捜部に 話せ」と、巨大な反撃に出た。やはり大した人物だ。

(転載貼り付け始め)

「逮捕された能宗元事務総長、民主党政権のメンバーもゾロゾロ  

逮捕された金庫番が暴露 「徳洲会マネー」15億円の譲渡先 」

2013年12月4日 日刊ゲンダイ

 徳洲会の政界工作の裏の裏まで知り尽くした“金庫番”が逮捕された。警視庁と鹿児島県警に業務上横領の疑いで捕まったのは、グループの元事務総長・能宗(のうそう)克行容疑者(57)。徳洲会の関連会社の資金3000万円を着服した疑いだが、この男こそ、一連の不正の実態を東京地検特捜部に詳述し、親族逮捕のきっかけをつくったとされる人物だ。

 能宗は関西学院大を卒業後、79年に徳洲会大阪本部に入り、創業者の徳田虎雄の運転手兼秘書になった。猪突猛進な虎雄の指示に従って、信号無視やスピード違反は当たり前の運転術を身につけ、虎雄の信頼を獲得。これを機に30年以上にわたって重用された。

「虎雄氏が難病に侵された後は代弁者として徳洲会マネーを差配し、絶大な権力を誇った。これに“徳洲会が乗っ取られる”と反発したのが、虎雄氏の親族です。腕利きの興信所を雇うなど大金をはたいて能宗が関わった不正なカネの流れを洗い出し、今回の着服容疑を突き付け、今年2月に能宗を懲戒解雇。その後、刑事告訴したのです」(捜査事情通)

■大物政治家の名が次々と

懲戒解雇の直前、能宗が徳洲会側にカネの流れを説明した「弁明書」が検察の手にわたった。
「政界工作の裏金をどう捻出し、どう使ってきたのか。大物政治家の実名を挙げながら、80ページ超にわたって、こと細かに説明しています。特捜部にとっては宝の山で、警視庁が今回、捜査にあたったのも検察側に『俺たちの捜査協力者を自らの手で逮捕するわけにはいかない』という負い目があった、ともっぱらです」(捜査事情通)

メモはマスコミにも出回り、石原慎太郎、亀井静香、鳩山由紀夫など実名で登場する政治家たちは「資金提供はない」と否定しまくっている。

「問題は民主党政権時代の裏工作で、多くは時効を迎えていません。メモには、民主党元衆院議員の高見裕一氏とナント、15億8000万円もの巨額コンサル契約を結び、すでに計2億4140万円を支払ったと記載されています。警視庁は10月末に能宗の着服事件の関係先として、高見氏の自宅を家宅捜索しています」(捜査事情通)

この高見氏を国交相時代に特別参与に任命したのが、前原誠司だ。メモには徳洲会が取り組んだ「メディカルツーリズム構築へ向けた医療ビザ創設」について、〈高見氏が前原大臣と膝を突き合わせて説いた〉などと克明につづられている。
 
前原事務所は「一切、関わっていません」と答えたが、メモには高見氏を通じた菅元首相や長妻元厚労相などとの“パイプ”も真偽不明ながら、詳細に書かれている。金庫番の逮捕によって徳洲会捜査は次にどんな展開を見せるのか。

(転載貼り付け終わり)

この金庫番で、組織の裏切り者の能宗克行(のうそうかつゆき)) からのゲロ、白状を証拠に、徳洲会を叩き潰して、厚生官僚どもに渡そうとした、法務官僚=検察・特捜部の大敗北である。 この能宗 を逮捕したのは、警察(庁)なのである。検察のバカたちが失策を起こして、自民党の大物たちのカネの受け取りまでバレかけたので、能宗を何が何でも、警察の檻(おり)の中に隠して、二度と表に出さないようにする、ということである。こうなったら犯罪捜査もへったくれもあるものか。自民党とオール官僚どもは、自分たちが逃げを打つことで必死となる。

ホリエモン事件のときと同じだ。
ホリエモンは、そうやって、右翼ヤクザ者たちから命を狙われた形にして、検察の中に逃げ込ませた。カネとライブドアのすべてをホリエモンから奪い取った。自民党の親分たちに、ホリエモンが配ったカネの問題は、全て有耶無耶(うやむや)にした。ホリエモンのことをネット時代の英雄のように思っている若者たちは、少し考えなおした方がいいよ。

 あとは、もっと大物で、腹ぐろい 孫正義(そんまさよし)だ。彼の背後には、ルパート・マードックとデイヴィッド・ロックフェラーが付いているから、日本の電波(でんぱ)官僚、通信官僚 (今は、総務省)たちでも怖くて手が出ない。

実は、安倍晋三首相と石原慎太郎は、現在、お台場(フジテレビの建物の隣り)でカジノ(博奕場)の法律と諸場を作ろうとしている。そして、その突然のカジノ解禁法律を巡る、利権で争っているのだ。 

パチンコ・遊技場産業の大手のセガ・サミーが、安倍晋三に貢ぎ、アルゼの方が石原慎太郎派だ。この“カジノ解禁”利権をめぐる争いだ。右翼・愛国者としての心情で、韓国(人)、朝鮮(人)たたき、中国との敵対行動で、二人は同志だろう、などと、甘い考えは持たない方がいい。大物政治家たちは、「国王級」の人間たちだから、自分のカネを貢いでくれる勢力のために動くのだ。

だから、徳洲会事件で、石原を動けなくして、それで、まだ頭の軽い(人生経験の少ない、という意味)の橋下徹(はしもととおる)を安倍は、自分の方に、「ねえ、憲法改正をやろうよ」と呼び込んで、引き込もうとしている。これが政治だ。 一気にカジノ解禁の法律作り策動や、セガサミー、アルゼのことは、会員ページ用に、詳しく書きます。

6.中国で、11月12日に、三中全(さんちゅうぜん)という今後の国家方針を決める、中国共産党の重要な会議が終わった。内容を私は分析できていないが、中国のこれから10年間の国家運営についての相当に重要な会議だったようだ。

この問題は、私はここでは書かない。ただひとつだけはっきりしたことは、「中国政府(=党)が、判断に困ったときは、市場(マーケット)の原理にまかせると決めた」ようである、ことだ。あとひとつは、「まずしい8億の農民たちの土地を私有制にする。ひとり1ヘクタール(一町歩)農民全員にあげる。地方政府から権利を取り上げる。土地取引の資本制と、担保(抵当権の設定)制度や農地金融制度を導入する。そして農民をもっと豊かにする。都市戸籍と農民戸籍の壁を取り払う(=これが李克強の都市化政策)」ということであるようだ。

中国たたきは収まったようだ。中国は大きな国で、もう、日本が正面からぶつかろうとしてもとても勝てない、と分かった。かつ、「中国経済は崩壊する論」をずっと書いて主張してきた愚か者(アホ)たちが、中国の経済がなかなか崩れないものだから、その矛先(ほこさき)を、大国ではない世界基準では中堅国である韓国に向けている。韓国は、世界20カ国の先進国 =G20=には入っている。人口5千万人強である。

生来、知能が低く、日本社会で劣等生、知恵遅れ、落ちこぼれであり、そのくせ金(カネ)にだけは穢(きたな)い生き方をして来た者たちほど、極右・安倍政権を熱烈に支持して結集している。そして、そのまわりに雰囲気だけで同調する、馬鹿な貧乏、不満だらけサラリーマンや自営業者たちを寄せ集めて、ワイワイやっている。

こういう日本国の劣等人間(生来の愚鈍、かつ、人をいじめるのが好き。穢(きたな)らしいカネ儲け一点張りの小商人やケチ臭いアパート経営のような、生来の右翼体質人間)たちが、今の 反韓(はんかん)ブームを作っている。韓国発祥の奇っ怪な宗教団体の暗躍がある、が、そのことは書かない。この低劣、下品極まりない日本人たちと、私は、同族であることを、つくづく恥ずかしく、残念に思う。

 日韓併合(1910年)で、日本が韓国を植民地にして、1945年(日本の敗戦。光復=こうふく=と韓国では言う)まで支配したことへの恨みと長い憎しみが韓国人にあるに決まっている。

 人にヒドいことをしたことのある人は、自分の罪を自分の内面で恥続けなければ済まない。水に流して、何もなかったことにしよう、「韓国人の怨念(おんねん)や、恨(ハン)はいつまでも、うるさい」 世界情勢は、どんどん、新しく前に向かって進んでゆく、だから昔のことばかり言うな、と言うのは、占領して支配した側の論理だ。イジメられた方は恨みを忘れない。 だからどうしても国家間の謝罪問題になる。

あとの政治家たちは日本国内レベルの内部だけで通用する人間たちだ。 アメリカと、自民党と、オール官僚どもが、小沢を寄ってたかって、あれこれの不正選挙や、犯罪行為までやって、潰した。それならそれで仕方がない。

唯一、小沢一郎をは、彼は、実質の日本国王だからだ。絶対に、三権分立(さんけんぶんりゅう、と法律学部卒は言う)のツールを破らなかったし、怒りに任せて、敵たちに、「目には目を、歯に歯を」で立ち向かわなかった。

一切の違法をなさず、ただひたすらひとりで耐えた。あの姿が、すばらしいのだ。自分の子分たち(粗製乱造で、確かにバカが多かった)は、全員、議員落選して、野原に屍(しかばね)を晒(さら)している。

先々週、安倍晋三首相は、国会の終わり(御用納め)があったときに、各党派の党首(=代表)のところを自分から回った。その時、小沢と安倍は、確か、30分以上、二人で楽しそうに歓談している。この姿がいいのだ。日本国の運命を背負って、苦しい舵取りをしている者たちどうしの本当の姿だ。 国王(=民族指導者)というのは、常にこういう穏やかな態度でいなければいけない。

朴槿恵(パク・クネ)が、反日言論を繰り返す、日本を馬鹿にしている、国際舞台でも安倍首相の顔も見ない、顔をそむける、と言って、日本のバカ右翼たちは怒る。どうして、もっと思慮深く、自分に向かって反感や怒りを見せる者にまで、相手を包み込むように、優しく接する、ということが出来ないのか。 

優れた人間が持つ、本来の優美さ、というものが、産経新聞右翼、文藝春秋右翼たちには、備わっていない。気持ちの悪い、と或る、韓国発祥の奇怪な宗教団体が彼らの元凶である、問題だ。

そして、その団体を背後から作ったのは朝鮮戦争の時の米軍の幹部たちの中にいた(のちの)イスラエルのモサドたちだ。北朝鮮の政府の中にも、そういう特殊な、奇っ怪な人間たちが、最高幹部クラスの中にも潜り込んでいる。名前まで分かっている。

(転載貼り付け始め)

北朝鮮、張成沢(チャン・ソンテク)氏の死刑執行 

朝鮮中央通信報道 2013/12/13

 12月9日、北朝鮮の朝鮮中央テレビが放映した、8日の党政治局拡大会議の場から連行される張成沢氏=聯合・共同

【平壌=共同】北朝鮮の治安機関、国家安全保衛部は12日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の叔父、張成沢(チャン・ソンテク)元国防副委員長に対する特別軍事裁判を開き、死刑判決を下した。刑は即日執行された。朝鮮中央通信が13日伝えた。

 張氏については8日、自らの派閥をつくる「分派」活動など「反党・反革命的行為」を理由に、朝鮮労働党が全役職からの解任と党からの除名を決めていた。

(転載貼り付け終わり)

世界各国の情報機関と大メディアが、「情報不足」と言いながら、盛んに恥ずかしがっているのを見て、ははあ、あんまりもみっともない原因だものだから、自分たちが恥ずかしがっているナ、と勘づいた。

処刑された張成沢(チャン・ソンテク)が、中国に近いとか、私腹を肥やしたというのは、取ってつけたような理由(解説)で、真実は、やはり、金正恩(きむじょんうん)の奥様に成った、かわいい女性である李雪主(リ・ソルチョル)が、 張成沢(チャン・ソンテク)と、喜び組時代に肉体関係があったことが、流出したビデオで判明して、それで、金正恩本人と周辺が、怒り狂って、それで、こういうことになったのだと、判断する。人間というのは、権力者であっても、こういう人生ドラマ(劇)を持っている。

李雪主(リ・ソルチョル。りせつしゅ)が、金正日(キム・ジョンイル)の死去2周年のお祀りの日の、先日のニューズの映像で、顔を歪めて悲しそうな苦しい顔をしている金正恩の横、3メートルぐらいのところで、本当に死にそうな顔をして暗くなって歩んでいる姿を見て、ああ、大変だなあ、と同情した。

欧米白人たちがやってきた、侵略と横暴と悪巧みと こそ、団結して、闘って跳(は)ね返してゆかねばならないのに、どうして 、私たちは、同じアジア人どうして、こんなに、敵どもの策謀に乗せられて、いがみ合わなければならないのだ。 私は、日本国のこの悲惨な現状に、ひとり慟哭する。

(転載貼り付け始め)

●「首相靖国参拝、日米同盟への影響焦点 米国は「失望」

日経新聞 2013年12月26日

 安倍晋三首相が靖国神社を参拝した。「首相の年内参拝はあり得る」と秋からみてきた外交当局が注視するのは日米同盟への影響だ。駐日米大使館は26日、首相の靖国参拝について「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動をとったことに、米国政府は失望している」との声明を出した。

http://mxt.nikkei.com/?4_19409_334005_2


(転載貼り付け終わり)


「ザ・カルト・オブ・靖国(ヤスクニ)」と、アメリカで呼ばれている、お前たち、ワック一派、産経右翼、文春右翼たちのことは、ここでは書かない。

今の世界は、アメリカの 「 オフショア・バランシング戦略 」で動いている。これは、私たちの古村治彦(ふるむらはるひこ)研究員が、評判をとった本『アメリカ政治の秘密』(PHP研究所刊、2012年)で、日本に紹介した、アメリカの国家戦略だ。

この10月3日に、「2プラス2」(外務相と国防相の会談)で、日本に来たジョン・ケリー国務長官と、チャック・ヘーゲル国防長官が、なんと、日本政府の隙を縫って、二人で、千鳥ヶ淵の戦没者霊苑(世界基準の無名戦士の墓。ツームズ・オブ・アンノウン・ソルジャーズ)に 花輪を捧げに行った。

 その このアメリカ政府の動きに逆らうべく、安倍晋三は、動いた。それは、安倍たちを支える、反オバマの、好戦的な、戦争翼賛勢力が、アメリカにいるからだ。

 しかし、それよりも、安倍と 菅義偉(すがよしひで)官房長官(菅が、安倍をすべて動かして、官僚たちを統制している。日大夜間部出身。横浜の寿町で、沖仲仕をやって大学を出た苦労人。だから、どんな苦しみにも耐えられる)は、その次の計画している。

 バカ右翼たちの歓心(かんしん)を、靖国参拝で買っておいて、支持を強固にしておいて、そのあと、来年の早いうちに、 北方領土の4島のうちの2島(面積平等)返還、というのをぶち上げるだろう。そしてロシアのプーチンと日ロ平和条約(講和条約。=戦争終結条約)を結ぶだろう。だから、安倍と菅は、その布石を今のうちに打っているのだ。

 アメリカ(オバマ)には、10月7日に、サンクト・ペテルブルクのG20で、会談して、50兆円を払う約束をした。それで、今、一回に5兆円ずつアメリカに払っている(=米国債買い)ので、1円ずつ、円安になるので、99円から始まって、110円まで円安は続くだろう。

 このあと、安倍は、「オリンピックを東京でやらせる」の合意が出来て、50兆円払う、で決着したので、すぐさま、飛行機に飛び乗って、南米ブエノスアイレスまで飛んで、何くわぬ顔をして、「2020、トーキョー」の素っ頓狂のゲロIOC会長の発表を聞いた。

 オリンピックもカネで買ったのだ。そして、サハリン1,2,3の天然ガスをパイプラインで、茨木にまで運ぶ。プーチンの取り分も話したし、ソチ・オリンピックで、アルカイーダ(=モサドと、CIAの特殊部隊が指揮)がテロをすることはない、と、話がついた。それで、プーチンは、安倍晋三との、中国包囲網の話に乗った。 

(転載貼り付け始め)

「 月面着陸の中国「嫦娥(じょうが)3号」、無人探査車切り離し 」

2013/12/15  日経新聞  

 12月4日、月に軟着陸した中国の探査機「嫦娥(じょうが)3号」は15日、6輪の無人探査車「玉兎(伝説で月に住むウサギ)号」を切り離し、月面に降ろした。

 国営新華社が伝えた。玉兎号は地球からの遠隔操作に従い、3カ月にわたって月の地形や地質の調査に当たる。機体の大きさは太陽電池パネルを収納した状態で長さ1.5メートル、幅1メートル、高さ1.1メートル。

嫦娥3号本体と玉兎号が機体にあしらった中国国旗を撮影しあうことも成功した。(北京=山田周平)

(転載貼り付け終わり)

「人類の月面着陸」問題は、副島隆彦の十八番(おはこ)であり、私が、プロパーだから、あまり書かない。私の本の読者でも、半分ぐらいは、「副島先生。月面着陸(アポロ計画)の話は、あまりしない方がいいですよ。読者を減らしますから」と忠告してくれるアホがいる。

 だから、あまり書きたくない。 だが、この中国の月面からの映像、というのは、インチキだ。 まわりの空に、満天下の星が写っているはずなのに、それが、何もない。地球だけが、アポロ11号以下の月からの映像と同じで、真っ黒のままだ。 だから、これは、中国のヤラセだ。 私は、中国政府に、インチキをするな、と抗議する。

あのあと、月面にいるはずの 嫦娥3号も、玉兎(ぎょくと)君の姿が見えない。中国は何も発表しない。

 月面への飛行体の軟着陸は出来ない。ドカーンとぶつかることは出来る。ただし、月は、空気もない(ほとんどない)ので音はしない(笑い) し、重力も少ないので、どうやって、空気抵抗を作れるのか分からないので、降りれない。月面にぶつかる寸前までの、月面の映像を正確に撮影して、すでに、ヨーロッパの月探査機(今から6年前)は、「月面のアメリカの秘密」を知っている。アメリカ政府を揺(ゆ)すって、強請(ゆす)って、外交交渉の材料の一つにしている。

 中国もこれを始めた、ということだ。日本政府もさっさと同じことをやりなさい。どうせ、国際秘密条約で、月面は、(いくらでも写せるのに)写したらいけない、ことになっている。

 ここでは、月面でNASAの宇宙飛行士たちは、宇宙人たちに会ったのだ、と信じている人々と、副島隆彦の永遠の闘いは、続く。私は、この手の、自発的クルクルパーのスピリチュアル人間たちを、我慢強く説得して、「世の中の裏側のおかしさ、きたなさ」に気づこうとしてる生来、頭のいい人(学校の勉強は、あまり出来なかった人が多い)を説得して、見方勢力にしようと、ずっと努力してきたのだが、私は、もう、そろそろ飽きた。

 日本の景気がワルすぎて(大不況、大デフレのまま) 、スピリチュアル人間たちは、すぐに追い詰められるタイプの人たちなので経済法則(おカネの法則)に耐えられなくて消えつつある。


PS
 
以下は、特定秘密保護法の第15条です。特定秘密保護法 というのは、このようなグチャグチャの条文から成る法律だ。現場の一線の政治(警備)警察官たちへの締め付けの法律である。彼らは厳しい研修をこれから受けさせられる。家族関係も洗い直される。国家情報を扱う、あるいは情報収集活動に従事する司法警察職員に対して厳しい統制と監視を行う為めのものである。

(転載貼り付け始め)

警察本部長による適性評価の実施等)
第十五条  警察本部長は、政令で定めるところにより、次に掲げる者について、適性評価を実施するものとする。

 一 当該都道府県警察の職員(警察本部長を除く。次号において同じ。)として特定秘密の取扱いの業務を新たに行うことが見込まれることとなった 者(当該警察本部長がその者について直近に実施して次項において準用する第十三条第一項の規定による通知をした日から五年を経過していない適性評 価において、特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められた者であって、引き続き当該おそれがないと認められるもの を除く。)

 二 当該都道府県警察の職員として、特定秘密の取扱いの業務を現に行い、かつ、当該警察本部長がその者について直近に実施した適性評価に係る次 項において準用する第十三条第一項の規定による通知があった日から五年を経過した日以後特定秘密の取扱いの業務を引き続き行うことが見込まれる者

 三 当該警察本部長が直近に実施した適性評価において特定秘密の取扱いの業務を行った場合にこれを漏らすおそれがないと認められた者であって、 引き続き当該おそれがないと認めることについて疑いを生じさせる事情があるもの

 2 前三条(第十二条第一項並びに第十三条第二項及び第三項を除く。)の規定は、前項の規定により警察本部長が実施する適性評価について準用す る。この場合において、第十二条第三項第三号中「第一項第三号」とあるのは、「第十五条第一項第三号」と読み替えるものとする。

 (適性評価に関する個人情報の利用及び提供の制限)
第十六条 行政機関の長及び警察本部長は、特定秘密の保護以外の目的のために、評価対象者が第十二条第三項(前条第二項において読み替えて準用 する場合を含む。)の同意をしなかったこと、評価対象者についての適性評価の結果その他適性評価の実施に当たって取得する個人情報(生存する個人 に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することが でき、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。

以下この項において同じ。)を自ら利用し、又は提供してはな らない。ただし、適性評価の実施によって、当該個人情報に係る特定の個人が国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)第三十八条各号、同法第七 十五条第二項に規定する人事院規則の定める事由、同法第七十八条各号、第七十九条各号若しくは第八十二条第一項各号、検察庁法(昭和二十二年法律 第六十一号)第二十条各号、外務公務員法(昭和二十七年法律第四十一号)第七条第一項に規定する者、自衛隊法(昭和
二十九年法律第百六十五号)第 三十八条第一項各号、第四十二条各号、第四十三条各号若しくは第四十六条第一項各号、同法第四十八条第一項に規定する場合若しくは同条第二項各号 若しくは第三項各号若しくは地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)第十六条各号、第二十八条第一項各号若しくは第二項各号若しくは第二 十九条第一項各号又はこれらに準ずるものとして政令で定める事由のいずれかに該当する疑いが生じたときは、この限りでない。

(転載貼り付け終わり)

今の法律というのは、上記のように、とても普通の人間には読むに耐えない、読んでもどうせ分からないように出来ています。国民を大きな真実に近寄らせないようにするための道具だ。本当は、こうではいけないのです。なんとかしなければと感じる。

▲PageTop

マスコミが書かない 徳洲会事件の内幕

その他

日本最大の医療グループ「徳洲会」の逮捕劇は、元金庫番幹部と徳田ファミリーの確執だった。その内幕を書いてみる。

今年2月に、徳洲会の理事長である徳田虎雄氏(75)のファミリーと、徳田氏の側近中の側近といわれた能宗克行(のうそう・そうゆき)氏(56)が対立。難病を患っている徳田氏が、ファミリーの"能宗切り"を認めたことで、「徳田虎雄VS能宗克行」という対立の様相を呈したのだ。

■自由連合の清算方法をめぐる対立

徳洲会の内紛をスクープした東洋経済オンライン2月4日付配信「徳洲会、日本最大の医療グループに走る激震」を皮切りに報道が相次いだ。そもそもの発端は、徳田氏のワンマン政党だった自由連合(2010年8月に政党要件を満たさない状態となったため解散)の清算方法をめぐる対立だ。

かつて国政選挙のたびに有名タレントを中心に全国で大量の候補者を立てて話題をまいた自由連合。その資金は、代表の徳田氏が理事長を務める日本最大の医療法人徳洲会の関連企業からの巨額の借入金で賄われていた。徳田氏は、「右のポケット(徳洲会)のカネを左のポケット(自由連合)に移している」と批判された。

大量出馬、大量落選の選挙活動がもたらした負の遺産というべき巨額の借入金は、自由連合の解散から約2年半を経過しても、清算されないまま残されている。自由連合の借入債務は約77億円ある。

徳田氏の金庫番として、自由連合の会計責任者であった能宗氏は「借入金の処理は、徳田理事長が当初、示していた方針通り、理事長が代物弁済によって全額返済すべきだ」と主張。ところが、徳田氏のファミリーと徳洲会の弁護団が、「政党への個人保証などありえない。自由連合は破産処理をするだけでいい」という見解を示して反対した。

この間、徳田氏は、2002年にALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を患い、ほとんど体を動かせない状態。耳は聞こえるが、言葉は発せない。目で文字盤を追って自分の意思をかろうじて伝えられるものの、統率力は低下した。その頃から、徳田氏の女性ファミリーを中心とする勢力が徐々にグループへの関与を強め、徳洲会専務理事の能宗氏らグループ幹部との対立を深めていく。

「徳田理事長の個人資産を使った借入金の清算」を主張する能宗氏の思惑に、徳田ファミリーは「(能宗氏に)私的流用があり、それを隠蔽したいのではないか」と、疑いの目を向けた。大学卒業後33年間、徳洲会に携わり、徳田氏の右腕といわれた能宗氏は昨年9月、医療法人徳洲会の専務理事および事務総長を解任された。

ファミリー側は追い打ちをかけるように懲罰委員会を置き、「聴聞通知書」を能宗氏に送付。これを受けた能宗氏が反撃に転じる。1月29日、懲罰委員会に提出した「回答書」には、徳田ファミリーのスキャンダルが盛り込まれていたのである。『週刊新潮』が2月7日発売号で報じた、19歳の未成年女性を泥酔姦淫したという記事のもとになる情報だ。姦淫したのは、徳田虎雄氏の二男で衆院議員の徳田毅氏。週刊誌の記事が出る前の2月4日付けで、毅氏は国交省・復興庁政務官を辞任している。

2月13日、徳洲会の社員総会で、能宗氏は理事も解任された。抗争はドロ沼化しており、次にどんなスキャンダルが飛び出してくるか。もとはといえば、税の優遇措置を受けている医療法人を私物化したことにある。徳田氏は無傷で済まないだろう。

■診療報酬を証券化して2,000億円調達

徳田虎雄氏は発想も行動も桁外れ。医療界に地域医療という新風を吹き込んだ風雲児である。「離島に病院を建てるためには政治力が必要」として政界に進出したが、政治家には向いていなかった。それでも、ただ者ではないことを見せたのが、病院経営の手腕だ。

2004年当時、徳洲会は1,300億円の借金を抱え経営危機が囁かれた。この危機を乗り切った徳田氏の手法は天晴れといってよい。当時、徳田氏は病に倒れていたが、彼が意思決定をした。全事業を証券化し、英国の大手銀行ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)から2,000億円を調達したのだ。

この時使ったスキームは事業証券化と呼ばれる。徳洲会は将来にわたって得る診療報酬を証券化して、特別目的会社(SPV)に売却する。SPVは、これを担保にRBSから融資を受ける。徳洲会は将来の診療報酬を担保に間接的に資金を借り入れた。
2,000億円の融資を得た徳洲会は、銀行からの借入金1,300億円を全額返済。残り700億円で、静岡、茨城、神奈川、東京、大阪、京都で病院を建設していった。これほど大規模の証券化は国内で初めて。

凄いのは、この後。RBSをさっさと切り、日本国内の金融機関に乗り換えた。借入金を全額返済されて、泡食っていた金融機関からは、有利な条件で融資を受けることができた。まことに鮮やかな手口だった。

■子どもに絶対的な権力を振るう家父長

徳田虎雄氏に以前、何回か講演を聞いたことがあるが、氏の原点は鹿児島県徳之島での幼児体験にあることがわかる。実弟が病気になり容態がおかしくなった。徳田氏が小学校の3年生だった。医師を訪ねても来てくれない。こうして弟を失ったことをきっかけに医師を志した。猛勉強して大阪大学医学部に入り、救急医療の旗印を掲げた。弟の死のくだりになると、あのギョロつかせた目にうっすらと涙を滲ませる。肉親にはことのほか情が深い。

雄氏は2男、5女の子沢山だ。虎雄氏が帰宅すると、子ども全員が正座して「おかえりなさいませ」と出迎える。家族から、そんな扱いを受けたことのない戦後派はたいてい仰天する。虎雄氏は、戦後の日本で絶滅した家父長制を体現した人物だった。

家父長制とは、家族におけるいっさいの秩序が、家父長がもつ専制的権力によって保持されている家族をいう。妻や子どもに対して、絶対的な権力をふるう。長男、長女をはじめ7人の子どものうち5人が医師。二男が父の後を継いで政治家になった。子どもたち全員は徳洲会グループに勤める。彼らの夫や妻もファミリー企業のトップだ。虎雄氏が、子どもたちの人生すべてを決めて、子どもたちが異議を挟むことはなかっただろう。

徳田虎雄という家父長が、一族郎党を養っている徳洲会という組織は、徳田氏の求心力が低下した時が最大のリスクだと判断した。だから、今回の内紛報道に、さほど驚きはなかった。公益性の高い医療法人グループに脱皮するには、徳田ファミリー支配の見直しは避けて通れないだろう。

ソース
http://www.data-max.co.jp/2013/02/25/post_16449_dm1701_01.html

▲PageTop

国益で一番重要なのは通貨価値 通貨価値を失った国は衰えていく インフレ日本の最期は

その他

新興国インフレと先進国デフレの二極化が加速しています。
アメリカや日本などの先進国は、異次元の金融緩和政策を継続していますが、銀行の貸し出しの増加にはつながっておらず、実体経済にマネーは流れてきていません。マネタリーベースは増えていますが、マネーストックが増えないのでインフレ圧力がかかりません。

企業も消費者も借り入れには慎重です。人口動態、都市化・インフレ整備終了で、そもそも需要がありません。新しい商品やサービスが提供する付加価値は微々たる生活水準の増加しかもはやおこしていません。

アメリカの設備投資から、今後の景気の先行きを予想できます。10月の耐久財新規受注における航空機除く非国防資本財の出荷は0.2%減でした。減少は9月の0.2減に続いて2カ月連続です。これにより、第4・四半期は設備投資が大きく増加しない公算が大きくなったようです。

一方、社会調査系の景気指数は以下のようにマチマチです。
(*市場予想を上回る→○、市場予想を下回る→×、シカゴ連銀景気指数×、NY連銀製造業指数×、製造業購買管理者指数○、ブルームバーグ消費者信頼感指数×、ダラス連銀製造業ビジネスインデックス×、リッチモンド連銀製造業指数○、コンファレンス・ボード・米消費者信頼感指数×、シカゴ連銀景気指数×、シカゴ地区購買部協会景気指数○、ミシガン大学消費者信頼感指数○、¥ミシガン消費者信頼感予備×)。

総じて重要度が高い指標のほうが成績は悪いようですが、このようなアンケートはそもそも不正確で不安定です。設備投資が増加していないことのほうが景気の先行きを予想する上で確実な証拠だと思います。設備投資や研究費、人件費を削ることで企業は利益をだし株価は上昇していますが、企業の今後の収益見通しはよくありません。予想PERからみたアメリカの株価は割り高といった甘いレベルではなく明らかにバブルです。過去10年のPERの平均値であるシラーPEでも、ITバブル、世界恐慌、リーマンショックの次のレベルの株価です。他国との相対比較でも割り高です。

アメリカの株価上昇はなんら実体経済の裏付けのないものです。同じく、住宅市場の指標もまちまちです。平均的な住宅価格は上昇していますし、新築の建築許可も増加しています。
もっとも、住宅ローンの貸出はふえていませんし、中古住宅の売れ行きも低調です。現実に住む目的で購入する中間層の需要は弱いようです。そのため個人消費増加はあまり期待できません。

建築許可の増加もマンションなどの集合住宅がメインです。銀行やファンドが、余剰マネーをマンションやアパートや別荘などに投資している典型的な不動産バブルだと思います。人口の増加が続き都市への人の流入が続く中国の不動産価格上昇と異なり、今のアメリカ、イギリス、日本の不動産価格上昇は実需がない価格上昇であるため、明らかにバブルです。このバブルが平均的な住宅価格を上昇させています。

このようにアメリカは、企業の設備投資、住宅投資などの個人消費がともに弱く、内需が低調のために、デフレ圧力が強くなっています。アメリカほどではないですが欧州も同じようです。デフレは名目成長率を低下させ、名目金利を下げます。そうなると結局は、株から債権に再びマネーが逆流します。そうなると利益率が下がるので、マネーはふたたび新興国に流れて、新興国のインフレを加速させます。

先進国デフレで実質金利が下がることと、新興国インフレの両方の支援を受けて、中長期的には金は輝きを取り戻すと思います。今の先進国の景気回復は底値からの自律反発のおかげでも量的緩和の恩恵は微々たるものだと思われます。そして、今後、景気が加速する見込みはほとんどないです。そうなると中央銀行の信用が失われます。中央銀行への信用が失われると株の強気相場も崩壊します。資産価格上昇と景気低迷の乖離が拡大すると、いくら中央銀行が緩和を維持拡大させても最終的に市場の信用が失われバブルは崩壊します。

金融政策に効果ないことが顕在化するようになって株式市場から債権市場にマネーが逆流します。
行き場のないマネーが債権市場に集まるため、債権市場は崩壊しないものの、通貨が変わりに減価していくと思います。もっとも国債市場は中銀のマネタイゼーションで流動性が失われているので突発的に崩壊するリスクは高くなっています。

国益で一番重要なのは通貨価値です。通貨価値を失った国は衰えていくだけです。通貨安によって価格競争で優位にたち輸出を増加させる戦略は、一時的に景況感を高めるだけで、長期的には国を弱めます。

先進国は今後2年ぐらいで経済が急激に弱くなると思われます。

経済が崩壊する順番としては、1イギリス、2日本、3アメリカ、4ユーロといった感じでしょう。1~3の間の順位の変動はあると思います。特に日本は早期に政権交替し政策を180度変えることで、アメリカより先に逝くことを回避できる余力が生まれますが・・どうでしょうか。

http://onthegoldenhill.blog.fc2.com/blog-entry-492.html#more

▲PageTop

アメリカが日本の次期総理に指名する 長島昭久という不気味で危険な風見鶏議員について

その他

20413e26

「秘密保護法制」は、実際は民主党政権時代に仙谷由人をリーダーにしてをつくられていた。にも関わらず、安倍政権になると当の本人たちは前面に立って批判する。法案の中身自体が違うと、反論がかえってきそうだがこれが、日本の政治を混沌とさせている原因のひとつでもある。
一方、民主党の中にも、世論を無視し強行採決を行ったファシスト安倍晋三を崇拝している長島昭久という議員がいる。
背景などは長島の新著を読めばわかると思うが、ここでは彼の政治家としての品格を書いてみたい
nagashima
mama

そもそも長島昭久という民主党の議員は、自民党の石原伸晃の秘書をやっていた男だ。アメリカに留学しアメリカ仕込みの安全保障理論を学び、アメリカ人の仲間を増やして日本に戻ってきて政治家になった。そもそも長島は石原伸晃の秘書をやっていたことからもわかるように、民主党よりも自民党のほうがふさわしい男だ。ところ が、長島は民主党に所属した。
suginami

長島の選挙区については、もともと自民党の候補が選挙区である三市の意思が統一できないの と、もともと共産党の強い日野市を抱えているということもあり、自民党の候補は毎回の衆院選で勝てず、差し替えられてきた。この十年で自民党が当選したの は小泉郵政選挙の時と去年の衆院選だけだ。

だから、長島は勝つために自民党ではなく民主党に居続けた。そうして民主党にいる長い間に、前原誠司や渡部周などの他の「コウモリ」たちと一緒に、民主党内部のリベラル派の宗旨替えを静かに働きかけるようになった。民主党には「本当は自民党がいいけど、選 挙区の事情で民主党から出ています」というコウモリたちが民主党にはたくさんいた。こういう政策や安全保障観ではなく、打算だけで政党を選ぶ政治家が多け れば、「二大政党制」というのは絵に描いた餅になる。

長島昭久と安倍晋三はマイケル・グリーン(米戦略国際問題研究所日本部長)やリ チャード・アーミテージ(元米国務副長官)のようなアメリカのジャパン・ハンドラーズに極めて近い。二人の安全保障観は「保守の間での色合いの違い」とい う程度のもので、リベラルと保守の二大政党制ということではない。穏健なリベラルたちはみんな前回の衆院選で落選してしまった。いまのに日本には強力な保 守に対抗するリベラル勢力がいなくなった。これは冷戦期にも見られなかった極めて戦前に近い事態だ。
kokubou2
真ん中がマイケル・グリーン、左はカート・キャンベル

去年の衆院選の選挙結果は、ご存じのとおり、民主党政権へ批判票が集まった。そもそも民主党政権のケチのつけ始めは普天間問題である。鳩山政権がアメリカから「反米」であるといういらぬ疑いをかけられた時に、長島昭久は傍観していた。アメリカの仲間に「そうではない。鳩山はリベラルなだけだ」という釈明をおそらくしなかっただろう。そうやって、他の工作議員たちと一緒に鳩山政権を潰した。

官僚やマスメディアの民主党政権のトロイカに対する政治とカネの攻撃をやった時にも、行政である検察組織の立法府への介入を傍観した。そうすれば党内のリベラル派がマスコミによって消されるので自分にとって首相への道が近くなると考えたからだ。

去年末に、今回の選挙で日本の政界からリベラル派を抹殺すると予言したのは、マイケル・グリーンの東洋経済のインタビューである。長島はマイケル・グリーンと親友というにふさわしい間柄だ。こういう風に日本の政界にはアメリカから「スパイ」である政治家が送り込まれてきたわけだ。長島はさっさと自分の心情 に従って仲の良い石破茂や小泉進次郎がいる自民党に転出すればよかったのに、それをしなかった。

前述したように長島は自民党候補になろうと思えばなる機会が何度もあった。長島は自民党が応援した立川元市長であった青木久とも親しい間柄だ。だが、今回の衆院選で自民党候補が比例復活で当選ししたために、これで長島の自民党移籍の芽は立たれた。

安倍と長島、どちらもマイケル・グリーンの操り人形だ。グリーンはもともとネオコン派だったが、いまはリアリズムというアメリカの安全保障宗教の信徒でも ある。マイケル・グリーンの狙いはアーミテージと同じく、日本に対中国の防衛負担を負わせること。これはアメリカの共和党勢力の間でのアジアにおける新冷 戦構想に連動している、日本国内における勢力再配置(リアラインメント)の一環であることはすでに昨日のブログで書いたとおりだ。

リアリズムは あまりにも楽観的な安全保障観が過去の大戦につながってしまったことから体系化された安全保障理論だが、「大国が抬頭すると必ず戦争になる」という悲観主 義、運命主義に彩られていることは否定出来ない。相手の台頭を防ごうとするために大国は軍備を拡張する。そレを双方が続けていくことで、やがては大国同士 が衝突するという結果になることもある。

国家が自助努力で生き残るために軍事力を増強することは、相手にさらなる不安を与える結果となり、さら に軍備拡張競争を呼ぶことになる。結果として、リアリズムに基づいて合理的な行動を各国が行うことは大戦争につながる危険性をもはらんでいる。これが「セキュリティ・ジレンマ」と呼ばれる国際政治学でよく登場する議論である。

しかし、国家が軍事化するとこの「セキュティ・ジレンマ」を管理しなが ら大国同士が冷戦を続けることを学ぶようになる。これがおそらく今の米中の関係だ。米中は指導者レベルではG2体制を認め合っている。しかし、それでは自 国の安全保障に絡むビジネスが回らないのでお互いに通謀しあって、軍備拡張を容認しているのだろう。このしわ寄せを食うのは日本のような大国の間にある周 辺国である。中国としては日本とアメリカに対抗するという名目で安全保障の予算を増やせるし、アメリカとしては日本に中国をけん制するための武器を売るこ とができる。双方の産業が潤う。

だから、大きいところでは、実は米中は裏で手を握り合っているのだ。アーミテージのようなアメリカの元政府高官は、シンクタンクに所属しているが、本当は武器商売の政府間仲介を生業にしている。そのような政府高官と親しいのがコウモリ、長島昭久である。
05052702
アーミテージと長島

長島昭久はアメリカ流の安全保障理論を学んでいるから、日本の国益よりもアメリカの国益を前提に考えてしまう。そのように学問の枠組みで洗脳されているの だから当たり前だ。アメリカの大学で教えられる国際関係理論はアメリカの国益のために構築されているのであって、日本の国益のために構築されている学問で はない。

そのようなコウモリ政治家が日本の政界をこの数年引っ掻き回してきたのだ。民主党政権で最悪だったのが、そのようなコウモリが勢揃いした野田前政権だ。これが安倍内閣への橋渡しとなった。何も知らぬスズメたちである国民にとってはまだ悲劇は続いている。

432
野田政権の要となった長島 

長島昭久は、風見鶏という異名で知られる中曽根康弘元首相をいたく尊敬している。これは彼がブログで書いているので間違いない事実だ。
kenpo

なぜ中曽根が風見鶏と言われるかといえば、自民党時代の次のようなエピソードがあるからだ。 

(引用開始)

中曽根は「政界の風見鶏」と呼ばれた。政界入りしたときから首相になることを目標としてきた彼は、権力の表舞台に立つためなら手段を選ばなかった。まさに 「変身・適応の人」である。1947年改進党に入党した彼は、1955年の自民党結成後河野一郎(河野洋平前外相の父)派に属していた。しかし河野の死後 派閥を引き継いだ中曽根は、河野と対立していた佐藤栄作に取り入って初入閣を果たした。

その後「三角大福」(三木武夫、田中角栄、大平正芳、福 田赳夫)の4人が自民党内で権力闘争を繰り広げた1970年代、中曽根は彼らの中で上手く立ち振る舞った。時には田中・大平と、時には三木と、時には三 木・福田と手を結ぶ相手を変え、中曽根は常に政治の表舞台にたった。そして1982年最終的には田中の力で首相になった。

内閣発足当初は田中の 意向に沿った内閣を組閣して「田中曽根内閣」と批判されたが、田中が病で倒れると田中を見限って独自の内閣を組閣した。そして次世代のリーダー「安竹宮」 (安部晋太郎、竹下登、宮沢喜一)を翻弄して1987年前首相の指名という形で竹下内閣を発足させた。その後田中派を引き継いだ竹下派(経世会 現在の橋本派 平成研究会)が数と金の力で自民党を支配するようになっても、経世会の実力者金丸信や竹下にひけを取ることなく、自らの影響力を保ちつづけた。
(引用終わり) 

政治家にとって最大の目標は首相になることだ。そのためには悪魔にでも魂を売る。その典型が中曽根康弘だったということになる。中曽根が1953年に訪米 して以来、キッシンジャーの子分だったように、長島もマイケル・グリーンの子分で在り続けた。アメリカにべったりくっつくことが二人の政治家の権力の源泉 になったのだ。そして今、マイケル・グリーンはコントロールできる安倍と長島という二人の保守の政治家を争わせ、リベラルなき今の日本政界を思うがままに 操っている。今年の参院選前後、グリーンは1ヶ月以上日本に滞在し、自民党の小泉進次郎らも含めて応援する政治家と会食を重ねた。

安倍晋三がタカ派で行き過ぎたら、リアリストを自称する長島昭久を盛り立てて、アメリカにとって不利にならないようにする。マイケル・グリーンが許容しない範囲のリベラル派は日本の政界では生き残れない。トロイカ体制を壊す原動力になった凌雲会(前原)と花斉会(野田)の政治勢力は 常に自民党保守勢力と意を通じあってきた。

だから、長島昭久が秘密保護法反対の討論者として、自民党圧倒多数の現在の国会にしゃしゃり出てくることは茶番劇以外の何物でもないのだ。長島が自民党に移ると、この茶番劇ができなくなる。新しいリベラルのリーダーが登場すれば長島はその人物を党内に残っているからこそ潰す、抱き込むことができるからだ。

要するに長島はアメリカと自民党のスパイだ。長島が民主党で存在感を示している間は、対中関係の改善もないし、自民党政権も続く。仮に民主党を含む野党が政権を取り戻しても、長島はリベラル勢力を排除し続ける。全ては日米同盟のためだ。

長島は大樹総研という野田佳彦のタニマチになったシンクタンクとも関係が深い。このシンクタンクが民主党内のリベラルを殲滅する運動の司令塔になった可能性はある。

風見鶏と呼ばれた中曽根が尊敬している政治家がジョゼフ・フーシェである。フランス革命後の仏政界で暗躍した政治家で、近代警察の原型となった警察機構の 組織者でもある。信じる主義もなく、次々と仕える主人を変えたフーシェは当時の人々に「風見鶏」と呼ばれた。生き残りのために次々と仲間を裏切って行く姿 が、かつての中曽根、そして現在の長島昭久につながる。生き残りのためには何が何でもアメリカに擦り寄る。これが中曽根以前と以後の政治家の違いだろう。 小泉純一郎と野田佳彦はその点では全く共通する性格を持つ政治家だ。

中曽根は「風見鶏」というマスコミの批判に対して、「風見鶏だからいいんで す」とむしろ自分を評価したという話が残っている。「自分は飛ぶ前に周囲と風の向きを見てから飛ぶ。あちこちをみているから墜落しないんだ」とも語ってい たと田原総一朗が述懐している。(『誰も言えなかった戦後史』など)

現代の風見鶏、あるいはコウモリである長島昭久はこの中曽根の開き直りの言葉にも共感するのだろうか。いずれにせよ日本は米中が熱望する「日中冷戦」に叩きこまれた。

これからも議会政治という名前のアメリカに管理された茶番劇が続くだろう。私達には似たような味の、ペプシコーラかコカ・コーラかの選択権しか与えられていない。数年前まではそうではなかった。もっと多様な選択肢があった。議会政治が死ぬとはそういうことであろうか。

http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/archives/35201457.html#more より抜粋

▲PageTop

JapanTimesが伝える アメリカを恐れさせる[安倍靖国カルト集団」 そして「みんなの党」の終焉

その他

●Back to the future: Shinto’s growing influence in politics
fl20131124x1a-870x634

靖国カルト(崇敬者)というのは元々はワシントン・ポストに第一次安倍政権の時に登場した言葉です。単に戦没者の慰霊という素朴な感情ではなく、日本の政治体制そのものを変革しようとする怪しげなアジェンダを掲げている組織であるといえます。

インターナショナル・ヘラルドトリビューンがインターナショナル・ニューヨーク・タイムズに改称されたことに伴い、この新聞はJapan Timesと一緒に配達されるようになりました。今までと同じ値段でしかも、両方の電子版まで使える。私はJapan Timesというのは、「結局、デイリーヨミウリのように日本の新聞記事を英語に直しているだけだろ」という風に甘く見ていたのですが、実際はそうではな かった。

スタッフライターによる優れた長文の記事が掲載されます。アメリカの視点が強いNYTよりも、より中立的な立場で海外のニュースを読むこともできますのでお勧めです。

そのJapan Timesの今週の日曜版の特集記事に
Back to the future: A small Shinto-linked organization, little known to the public, has gelped restore much of Japan's contoroversial past - and it is only getting started」
というデイヴィッド・マクニール記者の書いた長文の記事が載っています。
この記事は、非常に重要なものです。

靖国神社というのは単なる慰霊の場ではなく、神道を中心にしたカルト的な宗教団体らが日本の政治体制を、近代立憲主義から戦前の体制に回帰させつつ、日本の軍事大国化を目指そうとしているということがわかるからです。

記事ではまず、下村博文・文科相の教科書問題についての発言から始まります。最近、安倍政権は歴史教科書に政府の公式見解を記載を義務付けるということを 決めましたが、この背景にもこの宗教カルトの暗躍があります。

アメリカが警戒しているのは、安倍を中心とする靖国カルトらの集まりは、「戦後レ ジームの払拭」を提唱している以上、それは単にアメリカが望む以上の超保守化への志向への動きをはらむものだからです。この警戒感は、特定秘密保護法に対 して、リベラル派のニューヨーク・タイムズや、ニクソン政権で情報隠蔽に関わっていた、元政府高官であるモートン・ハルペリン氏の日本での秘密管理強化の 立法に対する警戒感からよく見えます。最近になってアーミテージらの発言も歴史認識では安倍を諭す方向に担っているのもそのためでしょう。

アメリカとしては「アジアへの回帰」を果たしたい。そのためには民主党の長島昭久や野田佳彦、前原誠司のよ うな「アメリカに言われた以上のことはやらないリアリストを気取る対米従属主義者」をうまく使って、集団的自衛権の解釈見直しをやらせたり、TPPをやらせたり、原発再稼働をやらせたい。

また、最近のNYT
が書いたように、韓国との安保連携がうまくいかないと米ネオコン崩れのリアリストにとっても都合が悪い。だから、一時的には日本と韓国の関係が悪くなるのはそれが対中包囲網形成を失敗させるという点において役に立つのであれば、私は歓迎します。安倍晋三はともかく、朴槿恵大統領は国内では微妙なバランスに立たされている政治指導者です。いずれは中国と韓国も取り込んだアジアの安全保障ネットワークを作りこれを日米安保と併存させる事が必要でしょうが。

そもそも安倍というのは、祖父が岸信介元首相であり、それは要するに戦前のファッショな革新主義であり、冷戦時 の統一教会も絡んだ国際勝共連合のイデオロギーにつながるのだから、当然、アメリカは警戒するわけです。

アメリカが恐れているのは、安倍晋三らをネオコン系のジャパン・ハンドラーズらが支持したことによって、ブローバック(吹き戻し)のような形でアメリカのアジア戦略が進めにくくなることです。ここが共和党系のリチャード・アーミテージや マイケル・グリーンらと、民主党系のジョゼフ・ナイやケント・カルダーらの戦略家たちとの大きな違いです。

一方で、野田佳彦と言うのは非常にタチの悪い総理大臣だったともいえるわけです。野田の側近でもある長島昭久は台湾に人脈が多いのでその意味では米国の台湾ロビーともつながりがあるようですが、純粋な統一教会系である安倍晋三とは毛色が違います。しかし、政策的には7割がたは共闘関係にあるといっていいでしょう。

岸信介はまだ良かったとして、その孫の安倍晋三が 政界で力を蓄える中で、戦前の亡霊が覚醒していると見ていいでしょう。アメリカは冷戦期に統一教会(国際勝共連合)を散々、ソ連牽制に使ってきました。そ のツケが安倍晋三を取り巻く「日本原理主義者」の復活という形で噴出しているとも言えます。Japan Timesの記事はそこまで危ないことは書いていません。純粋にデータを提供してくれています。

◯神社本庁(The Association of Shinto Shrines)は全日本の8万の神社をメンバーに抱える団体である
◯その政治団体である「神道政治連盟」(Shinto Association of Spritual Leadership)には、240人の国会議員が加盟し、現在の19人の閣僚中、実に16人が参加している
◯神道政治連盟の目的は「日本のスピリチュアル・ヴァリューズを重視すること」にあり、これは原則的には、「憲法改正」「道徳教育」「保守的な価値観を強固に養護する」事を意味する。場合によってはこれはアベノミクスの経済思想と矛盾する
◯今年の四月に168人の国会議員が例大祭に靖国参拝をしたがこれはデータが存在する24年間の集計で最も多いものである。
◯神道政治連盟の幹部の名前は「ユザワ・ユタカ」(湯澤豊)といい、これは元靖国神社宮司だった湯澤貞(ゆざわただし)の息子である。
◯湯澤(息子の方)は、「首相の靖国参拝が中間との関係を悪化させることは承知のうえだ。しかしだからといって日本側が折れる筋合いはない」と取材に語った。
◯靖国神社が日本で復興し始めたのは1995年の神戸の大震災とオウム真理教の起こしたサリン事件は、日本のバブル後の景気後退と相まって日本人の自信に影響を与えたことが背景になっている
◯今年の伊勢神宮の式年遷宮のイベントである遷御(せんぎょ)の儀にはこの84年ではじめて日本の総理大臣も参加して行われた。
◯神道政治連盟の湯澤はTPPに反対であり、同時に中国人など外国人への土地売却も反対の立場である。
◯ニュージーランドのオークランド大学のマリンズ教授(日本研究)は取材に対し、「日本の神道と政治の結びつきと同じような存在は米国にもキリスト教原理主義者として存在するし、インドでもヒンズー・ナショナリストとして存在する。似たような例は存在する」と解説する。
◯しかし、神道政治連盟より広い範囲で活動する、エキュメニカルな団体として「日本会議」というものが存在する。謝罪外交の拒否や伝統的価値観への回帰を訴えている団体である。

以上が、Japan Timesの記事の要約です。

重要なのは靖国神社の宮司だった湯澤貞という人物の息子・豊が今、神道政治連盟の幹部になっているという事実を指摘した部分と、その湯澤息子の発言が、神道とい う宗教分野を超えた政治的な発言になっているところであり、さらに、日本会議がその外側にエキュメニカルなグループとして存在しているということでしょう。

湯澤元宮司よりもその息子の活動に問題があると考えます。「教育再生をすすめる全国連絡協議会」という団体を通じて、湯澤豊と下村博文はつながっています。湯澤豊の経歴としては「文化庁」のウェブサイトに以下のように記載があります。

(貼り付け開始)

湯澤(ゆざわ) 豊(ゆたか)
公益財団法人日本宗教連盟 事務局長

日宗連を構成する団体の一つである宗教法人神社本庁の渉外部長。神社本庁では,国際課長,秘書課長,本宗奉賛課長等を務め,関係団体である日本文化興隆財団(当時の名称は国民精神研修財団)出向中には,公益法人制度改革による一般財団法人化の事務に従事す。
 日宗連では,平成23年7月から幹事として参加。平成25年6月20日開催の理事会において,田中恆清神社本庁総長が理事長に選定されたことにより,事務局長に就任す。
http://www.bunka.go.jp/publish/bunkachou_geppou/2013_09/special_06/special_06.html

(貼り付け終わり)

20060528_126212
湯澤貞・靖国神社元宮司

face_photo
湯澤豊

そして、草の根系の組織である「日本会議」の支援を受けている国会議員は多数居ます。しかし、日本会議は生長の家、霊友会、モラロジー研究会、キリストの幕屋などの日本の「宗教右翼」(レリジャス・ライト)と呼ばれる新興宗教と密接な関係を持つ組織であることもわかっています。ここにはかつての国際勝共連合のネットワークや産経新聞と関わりも最近は深い幸福の科学の勢力も部分的には含まれるでしょう。

米国にとっての冷戦戦略の際に利用された「アセット」がこのようにまだ生き残っているということです。ただ、これは断じて「保守」といえるようなものではありません。私は信教の自由は重要だと思いますが、それはやはり政治と距離をおいてもらわないといけないと思っています。

この人脈の秘密にいち早く気づいたのが保守論客の小林よしのり氏であり、西尾幹二氏でしょう。この二人が「新しい歴史教科書をつくる会」に関わって破れていく段階で、二人の支持者であった私もこの種の保守運動からは距離を置くようにしました。これが2003年頃のことです。

ただ、アメリカの思惑が日本にアメリカの代わりに「日中冷戦」をやらせることにシフトするのだとしたら、これらのアセットも再活用できるというわけです。これがまさしく国際関係理論でいうところのオフショアバランシングということです。米国の「アジアへの回帰」というのは、同盟国内部における政治勢力のリアラインメント、すなわち、インターナル・バランシングという現象も含まれていきます。

だから、その勢力とキャロライン・ケネディ駐日大使(55)の意見の違いにしばらくは注目したいと思います。ただ、私はキャロラインおば(あ)さんの起用は、そのようなインターナル・バランシングやリアラインメントの進行をたくみに覆い隠すアメリカの煙幕であると考えています。

20131119-054602-1-L
K10033113711_1311251224_1311251235_01

あの名家の子女の弁護士ババアに私はあまり期待してはいません。ケネス・ウォルツいうの「第一イメージ」(指導者の個性)の部分だけで物事が変わる時代ではなくなっています。もっと大きなストラクチャーの改変が今行われています。

対イランにおける米国の融和姿勢もオフショアバランシングの一環です。核交渉でシーア派のペルシヤ帝国に譲歩することで、アメリカはスンニ派のサウジやイスラエルとのバランスを再配分しようとしているわけです。それはアサド(シーア派の一種のアラウィ派)に対して米国が譲歩したことでもよくわかります。ロシアもこの勢力再配置ではアメリカには協力しています。

極東では同じように、同盟国を巻き込んでの勢力再配分を行おうとしています。リソースの配分においてはアメリカは極東を重視しますが、予算を理由に米国は自らが対中包囲網を作るようなことはやりません。そこで利用されるのが属国である日本です。米中ヤラセ冷戦の代理戦争である「日中冷戦」の罠に日本は完全に取り込まれてしまったかのようです。

だから、私はこれからも靖国神社にはお参りに行きますが、その際にはこの種の超保守主義者たちのことを、散華したリベラルな思想を持つ英霊たちに謝罪するために行いつづけるだけでしょう。

「みんなの党の終焉り」ということに関していえば、小泉純一郎が脱原発会見をした直後に、渡辺喜美・みんなの党代表が、安倍晋三と夜に会食をしている事実が重要です。ここで安倍晋三はみんなの党に対して、「秘密保護法でみんなの党の修正案を一部呑むから、小泉からは距離を置け」と渡辺喜美に言ったと思います。渡辺喜美はここで悪魔に魂を売ったのです。もしかしたら「なあ、喜美さん、あんたも徳田毅のようになりたくないよな」くらいは安倍は脅したかもしれません。

猪瀬直樹都知事に対する徳洲会による「選挙資金」提供にまつわる一件は、猪瀬知事はかわいそうな犠牲者であると私は考えます。脇が甘いといえばそれまでですが。これで特捜に睨まれたら政治家は終わりだという「特捜特高神話」が完全に復活するでしょう。日本では政治家よりも特捜部長が偉いのです。選挙におけるボランティアを組織団体が派遣することなんかどこの政治家でもやってます。そして、特捜部はいずれは「特定秘密保護法違反摘発」も看板に掲げて旧内務省系と連合していくでしょう。日本の統治機構がみんな「中国化」していくのも時間の問題です。
PK2013112602100129_size0

徳洲会はワンマン経営で叩き上げでああいう病院ネットワークを作ってきた。それを評価しなければなりません。経営手法に問題があっても司法によって介入させるべきではありません。徳田一族のやり方がおかしいのであれば内部から改革するべきではなかったのか、と思います。ただ、いずれにせよ渡辺喜美は維新の会とおなじになりました。自民党翼賛勢力の補完勢力になってしまいました。同じ穴の自民党のムジナです。

だからもう「みんなの党」は終わりです。だから生活の党も更に厳しい状況に置かれるでしょう。浅尾慶一郎などの「みんなの党」の一部が、長島昭久らも巻き込んで展開されている「DRYの会」を主体とした「外交・安全保障政策研究会」に合流するでしょうが、ここでリベラル勢力は一掃されて、アメリカ流のリベラル、すなわちリベラル・リアリスト(ジョゼフ・ナイの造語)に従った、再編が行われていくでしょう。

長島はこの野党(民・維・みんな有志)の勉強会の代表になりました。私が予想したとおり、長島は自著の出版後に大きく「二代目中曽根康弘」を目指して動き始めました。そして、この勉強会の設立総会では、「京都大学名誉教授の中西輝政先生に記念講演をして頂きました」と民主党の笠浩史が書いている。笠浩史は震災直後に立ち上がったアメリカのジャパン・ハンドラーズとの連携を密にする目的の「民自連」には長島と同じくの主要メンバーである。


マイケル・グリーンの仕掛けた日本政界再編は、やはり長島昭久を野党の頭に、小泉進次郎は自民党の連絡要員として展開されることになりそうです。この程度の政治家に率いられるのは日本の国家としての劣化にほかなりません。

http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/archives/35167350.html#more

▲PageTop

英国の郵便事業の民営化 ゴールドマンの思惑通りに国家資産流失 日本郵政民営化でも要注意だ!

その他

現在、日本国内でもアメリカ国内でも、TPP交渉についての動きが色々起きているが、
安倍政権になってから、日本郵政社長が親米派の西室泰三に替えられたことはあまり知られていない。いまのところ目立った動きはないようだが、今後郵政民営化の動きが、再燃するかと思われる。

日本の郵政民営化の今後を予測する上で重要な課題が、最近郵政事業を完全民営化した英国で起きているらしいので紹介したい。

===========

イギリスの郵政事業は、長い間、ロイヤルメールという公社が行っていた。先月上旬、この会社は株式上場され、民営化したのだ。しかり、上場に際して、闇の錬金組織ゴールドマンサックスが蠢いたことが明らかになった。ことの顛末を報告する。

(貼り付け開始)

◆英ロイヤル・メールが上場、初値は公開価格を36%上回る
ロイター:2013年 10月 12日 03:06 JST

英郵便事業ロイヤル・メール(RMG.L: 株価, 企業情報, レポート)は11日、ロンドン株式市場に新規上場した。初値は450ペンスとなり、公開価格を36%上回った。

新規株式公開(IPO)価格は330ペンスで、仮条件の上限となった。公開価格で算出した時価総額は33億ポンド(53億ドル)。

上場後の株価に基づくと、時価総額は最大45億6000万ポンドまで増加したことになる。

初日の取引で株価は456ペンスまで上昇。IPOを成功させるために公開価格が低過ぎる水準に設定されたのではないかとの批判も出ている。

(貼り付け終わり)

===========

この記事の最後のところに出ている「低すぎる公開価格」という問題というのが今になって問題になっている。


(貼り付け開始)

◆JPモルガンやゴールドマン幹部を招致-ロイヤル・メールで

11月14日(ブルームバーグ):米銀JPモルガン・チェース やゴールドマン・サックス・グループ、シティグループ 、ドイツ銀行 の経営幹部らが20日、新規株式公開(IPO)価格が安過ぎたと批判を浴びている郵便事業会社ロイヤル・メールの問題について英議会で証言する。

JPモルガンの英国クライアントカバレッジのマネジングディレクター、ジョン・メイン氏のほか、シティの英投資銀行ブローキング責任者ベン・ストーリー氏、ドイツ銀行コーポレートブローキング部門のジェームズ・アグニュー会長、UBS のマネジングディレクター、ジェームズ・ロバートソン氏、ゴールドマンの株式資本市場共同責任者リチャード・コーマック氏らが、20日の英下院企業委員会に招致される。同委が14日電子メールで発表文を配布した。

ロイヤル・メールのIPO価格は330ペンスに設定されたが、株価は公開後に563ペンスまで上昇。英政府にIPOで助言した投資銀行ラザードの経営幹部も翌週に招致される予定。

(貼り付け終わり)

===========

この問題は、議会にIPOの主幹事を担当したゴールドマン・サックスなど責任者が喚問されるという事態になっている。政府が保有する株式を安く売りだしたらその分、国庫に入る売却収入が減る。そもそも国営事業の民営化の旨みの一つは株式上場時に巨額の一時的収入を国庫に入れることで国の財政に貢献することにある、とされている。震災復興支援の財源として郵政株売却が取り沙汰されたのもそのためだ。

英国で問題になっているのは、「単に株式の公開価格が安すぎた」という問題だけではなく、その株式のかなりの部分を何故か、海外の中東のSWFなどのファンドに売却してしまうように投資銀行が割り振ってしまったことも問題とされている。

理屈としては、「英国の年金基金にやすい公開価格でより多く配分して、海外投資家分は少なめに配分しておけば、IPO後に上がった価格でそれを第三者に転売するなり、運用することで年金原資を生み出せるではないか」という国会議員側の批判のようだ。

そのようになことについては金融街シティの関係者も「多くの人が公開株式の割当てに怒っている」とガーディアン紙に話している。ゴールドマンなどの主幹事は「政治的配慮に欠けた」というわけだ。しかも、ロイヤルメールのIPO価格はこれらの投資銀行のセールスマンが決めていたというふうにもガーディアンでは解説されている。
http://www.theguardian.com/uk-news/2013/nov/14/royal-mail-flotation-mps-question-banks

シティ関係者は「投資銀行がSWFに便宜を図ったというのはあまりにも穿った見方だ」と述べているようだが、結果として「安い価格で外資に国有資産を売却する」という手助けになったので、ゴールドマンらは批判されているわけだ。結果としてなのか、意図してそのように工作したのか、というところは、投資銀行とSWFの癒着関係とかそういうところを考えないといけないので、今のところはさすがに論点になっていない。

ただ、日本でいずれ郵政株を上場する際、どのようにIPOの株式を配分するかという点は議論になりそうだ。2005年当時にもその際にゴールドマンなどの投資銀行が国有資産である郵政株を安く外資に売ってその値上がり益を儲けさせるのではないか(あるいは自民党関係者に優先的に配分するとか)という議論が起きたのを私は覚えている。

もともと労働組合がロンドン証券取引所への新規株式公開(IPO)計画に反対し続ける場合、外資に売却される可能性があるとも報じられており、この報道ではロイヤルメールがSWFなどの海外投資家連合に「身売り」するという可能性もあったという。
http://jp.reuters.com/article/companyNews/idJPTK834062220130513

日本郵政の株式公開について今後の展開を予測する上で英国での先行事例でどういう批判が郵政IPOにまつわって起きているのかを知っておくことは重要だと思う。

http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/archives/34890379.html#more

▲PageTop

世論を無視し原発再稼働推し進める安倍政権 裏では脱原発を許さない米ジャパン・ハンドラーズの影が見え隠れ

その他

マスコミ報道から、安倍政権が推し進める原子力再稼働の裏では、日本統治を影で操っているジャパン・ハンドラーズ集団の影が、見え隠れしていることがわかります。特に、日米原子力規制の国家プロジェクトには、原子力版ジャパン・ハンドラーズの中核幹部であるウィリアム・マーティンが水面下で動いていいます。

先日来日したモニッツ(エネルギー省長官)とともに、統治能力が劣化している安倍政権に見切りをつけて、「日米共同」という名目で直接管理に動き始めたようです。
政権スタート時から統治能力がない安倍政権は、アメリカの属国であり、被占領国というスタンスがはっきりしています。祖父の岸信介、大叔父の佐藤栄作の血を受け継ぐ安倍晋三は、岸や佐藤と同様に、宗主国に管理されるのは、しかたのないことです。

それが嫌だったら、自分で外交努力をして、外務省や経 産省の勢力を一部寝返らせ、価値観の違いを米国とちゃんと交渉できる体制を作ることでしょう。

そもそも原発は、アメリカのエネルギー政策の柱です。すでに、日立と東芝には、GEとウェスティングハウスの民生原子力部門を預からせ、利益をコストを見込んでいます。このような状況なので、アメリカは、日本の脱原発は、到底許してくれないでしょう。沖縄の米軍基地の様に、段階的に米国主導の原子力政策から脱する方策を考える必要があるかと思います。国連やIAEAなどの国際機関を絡ませることくらいしか思いつきませんが。

以下は日経(6日、5日夕刊、10月31日)からの貼り付け。

◆米エネ省諮問委員長「再稼働へ環境整備を」 日米、原発事故リスクで統一基準(11月6日)
日米両政府は原子力発電所の事故リスクを評価する統一基準をつくることで合意した。米エネルギー省の原子力諮問 委員会のウィリアム・マーチン国際委員長=写真=は日本経済新聞とのインタビューで、先行する米国のリスク評価手法を日本が取り入れることで「事故への対 応力が高まる」と強調。日本の原発の「再稼働に向けた環境整備を促す」との認識も示した。

日米両政府は専門家会合の新設でも一致した。5年後を目標に統一基準づくりやデータ共有に向けた調整が本格化する。

マーチン氏はオバマ政権の原子力を含めたエネルギー政策を助言する立場にある。1979年の米スリーマイル島原発事故後、米国が注目した「確率論的リスク評価」を日本も採用する方向で動き出した点を「積極的に支持する」と表明した。

=====

◆日米、原発基準で新組織 来年発足 事故リスクの評価統一 (11月5日)
日米両政府は4日、ワシントンで原子力安全に関する委員会を開き、原子力発電所の事故リスクを評価する統一基準 をつくることで合意した。専門家会合の新設を決めて、5年後を目標に統一基準づくりやデータの共有に向けて調整する。津波、地震、火災など原発事故のリス ク評価では米国が先行している。日本がその方法や分析を採り入れる形で、日米は共通の基準で対応力の向上を目指す。

4日の日米原子力委には米側からエネルギー省のポネマン副長官、日本側は杉山晋輔外務審議官、資源エネルギー庁の中西宏典審議官らが出席し た。日本側がリスク評価の統一基準を詰める専門家会合を提案し、米側も受け入れた。専門家会合のメンバー選びに着手し、2014年前半に発足させる方針 だ。新組織には米側からエネルギー省や原子力規制委員会(NRC)、原子力エネルギー協会(NEI)など、日本側は資源エネルギー庁や有識者らが加わる見込み。日本の原子力規制委員会にも参加を呼び掛ける。

統一基準づくりでは米国で進む「確率論的リスク評価(PRA)」と呼ぶ手法を参考にする。PRAは自然災害やテロ、機器の故障、誤操作などによる原発事故の可能性や影響を推測し、危険性のレベルを数字で表す。

米国は1995年にPRAの活用を決め、安全性の指標を4段階に分類。悪い指標の原発は検査の対象範囲を広げている。日本の原子力規制委員会も、5年ごとにPRAの一部活用を検討するよう事業者に要請している。日米両政府による評価方法の擦り合わせが終了すれば、規制委が今年7月に作成した原発の安全基準を見直す作業に入る。現在、日本はすべての原発にほぼ一律の安全対策を求めている。PRAの導入が進めば、原発ごとにきめ細かくリスクを見積もることができる。

===

◆米、原発推進を行動で示す(10月31日)
来日中のモニツ米エネルギー長官は31日、都内で講演 し、原子力発電所の再開に反対意見が日本で根強いことに関し「エネルギー政策は日本の国民と政府が決めるべきこと」としつつ「米国は(原子力推進を)自ら の行動で示していく」と述べた。同時に「オバマ大統領は原子力戦略を推進しており、大規模な投資や核廃棄物処理の問題に取り組んでいる」と強調した。

モニツ長官は「低炭素社会を実現するために原発は不可欠だ」と指摘。米国の原発投資は「シェール革命」による天然ガス価格の下落などで鈍っているが「化石燃料は価格の変動が大きい」と述べ、原発の方が火力発電よりも安定的に供給できるとの認識を示した。

以上(貼り付け終わり)

温暖化マフィアのジェイムズ・ハンセン(元IPCC)も温暖化防止のために原発推進を主張しています。このへんのプロパガンダは池田信夫氏のアゴラのエネルギーシンクタンク部門が映画紹介などで担当しているようです。

◆「温暖化対策のため原発推進を」 著名科学者が連名で訴え - (1/2)
http://www.cnn.co.jp/world/35039401.html

ところが温暖化は危機ではないという意見もあります。


(貼り付け開始)

◆温暖化ガスの急激な削減不要 ブループラネット賞の松野氏(2013年10月29日 日経)

旭硝子財団の2013年度「ブループラネット賞」受賞が決まった松野太郎・海洋研究開発機構特任上席研究員(79、写真)とダニエル・スパーリング米カリフォルニア大学デービス校教授(62)が、日本経済新聞の取材に応じた。

松野氏は気候変動の予測研究などが評価された。「国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書のために多くの研究者が予測計算 に追われすぎている。時間をかけて温暖化を解明する研究が大切」と指摘。温暖化ガスの削減目標を巡っては、海洋の吸収力を考慮すれば「50年までに世界の 排出を半減して大気中の濃度の増加を止める急激な削減は必要ない」と話した。

「しばらく排出が増え続けても、100~150年のうちにゼロにできれば気温上昇を2度以内に抑えつつ大気中の濃度を減らせる」という。スパーリング氏はカリフォルニア州の温暖化ガス削減策の立案や実施で成果をあげた。シェールガスやオイルの採掘が進み「化石燃料枯渇への懸 念はなくなった」とみる。「石油会社に再生可能エネルギーへの投資を促すには、炭素税の導入など温暖化ガス排出のコストを負わせる仕組みが必要だ」と指摘 した。

(貼り付け終わり)

このように地球温暖化問題での未来予測はIPCCは「ほぼ確実、95%以上」と断 言して強気ですが、政治的な発言である疑いが極めて強いでしょう。結局、世界で原発投資が一巡し、老朽化した後を見据えて、原発ルネサンスをもう一度呼び 起こして、原発産業のリプレースビジネスに繋げるという思惑がありありと伺えます。

私自身は5基~10基をきちんと廃炉にするなら、大型のリプレース1基 は認めても良いような気もしますが、定期検査の問題などもあり、リプレース1基だけというわけにはいかないでしょう。そうしたら定期検査の間は運転要員が遊休化するでしょうから。

いずれにせよ、最初には、いまでもブスブス放射能が出ている福一とか、核のゴミ問題を解決してから行うことでしょうね。

▲PageTop

日本のメディアの権力構造化した大罪(NYTimesマーティン・ファクラー)

その他

3・11直後、日本の大手メディアは、福島第一原発事故や放射能汚染の影響などについて、
政府当局と東電のいうことを「記者発表」や「プレスリリース」という形で、
そのまま無批判に横流しする報道に終始した。いわば「大本営発表」だったのだ。

しかし、ファクラー氏は、震災直後に、大洗、名取閖上、南三陸、飯館、南相馬、大槌などの
被災の現場に自ら足を運んで、「3・11報道」を詳しく行ったが、
「そこでは日本人ジャーナストはいなかったか逃げ出した」という。
放射能汚染の危険などがあったことも理由のひとつだろうが、ジャーナリストとしての”構え”が違った。

ニューヨークタイムズは、韓国など他国の支局からも応援を増やし、6人体制で取材を行った。
日本では報道されないことが、次々と外国から発信されたのはそういう理由だった。

そして、原発の調査を始めていく中で、1号機~3号機のメルトダウン(炉心溶融)を
引き起こしていたなど重大なことを政府・東電が隠し、
メディアも報道していないことが次々と明らかになっていったのである。
あわせて、活断層の問題など、原発の安全性についてもメディアが大事な真実を伝えていない、と述べる。

ファクラー氏は次のように書いている。
「結果的に日本のメディアは、当局の隠蔽工作に荷担することになってしまった。
それは同時に、私が日本における取材活動のなかで強い不満を覚えていた
『記者クラブ』制度が抱える矛盾が、日本国民の目の前に一気に表出した瞬間でもあった。」

日本で12年間取材する中で最も驚いたのが「記者クラブ」という組織の存在だった。

日本で、「記者クラブ」が出来たのは1890年(明治23年)で、
100年以上前で、帝国議会の取材拒否に対抗するための記者の寄り合い世帯として生まれた。

日本の記者クラブは、世界でも稀に見る「情報寡占組織」だという。
新聞、通信社、テレビといった日本の主要メディアが、なんらかの形でそこに所属し「取材」する。
その結果、「似たり寄ったり」のニュースが流れるというわけだ。
一方、そこに所属できない雑誌記者やインターネットメディア、
海外メディア記者やフリーランスのジャーナリストなどは独自の取材によって情報を発信しているという。

記者の連合体が「記者クラブ」とよばれ、彼らが常駐する「詰所」も、当局から便宜供与されている。
そして、そこに属していれば、ニュースを取りはぐれることはないが、ただし垂れ流しである。
もし“抜け駆け”をすればクラブのルールで制裁されるため、報道は“横並び”を是とする組織なのである。
 
記者クラブ主催の会見には、「幹事社」の許可がなければ、外部の記者は参加できない。
ファクラー氏も、前にある記者会見の準備に関わった際に「幹事社」とやりとりしたことがあるが、
「幹事社」の権限は強く、きわめて閉鎖的で、一方で当局には配慮していることがひしひしと伝わった。
事務員の方は優しかったが、
「幹事社」の代表である某メディアの偉い方がたいへん横柄な対応だったのを覚えている。

世界にない不思議な組織であるため、英語圏では「Kisha kurabu」としか書かないそうだ。
「カローシ」と同じではないか。隣の韓国でも、
日本とよく似た記者クラブ制度があったが、2003年に廃止されている。
こうした記者クラブ制度こそが、
日本のジャーナリズムの健全な発展を阻害してきたと厳しく指摘する。

ファクラー氏は、大企業との癒着、政治家との癒着についても切り込む。
日本のビジネスマンたちが「クオリティーペーパー」と信頼する「日本経済新聞」が、
オリンパスの巨額損失隠し事件の報道などを例に出しながら、
「企業寄り」報道をしているとして「企業広報掲示板」であると指摘。
イギリスの経済紙との報道姿勢の違いをあげながら
「欧米の経済紙を手放しで賞賛するつもりはないが、当局側、企業側に近い日本経済新聞と、
ジャーナリズムに対する気構えが違う」と書いている。

また、大企業の重役とベッタリ付き合う記者、政治家をおだてる記者たちの事例をあげて、
「こんな距離感では、ジャーナリストとしてまともな記事を書けるはずがないと断言できる」とキッパリ批判する。

ファクラー氏は、「ある記事に言葉を失った」と言う。
北沢元防衛大臣の誕生祝のパーテイが防衛相時代の担当記者たちによって開かれ、
プレゼントを贈られたことが美談のようなニュースとなって報じられていたのだ。
「ニューヨーク・タイムズの記者なら即刻クビを宣告されるだろう。
記者クラブという制度云々以前に、ジャーナリストとしてのスタンスを疑われる大きな問題だ」と捉え
「これこそ、記者と権力者が一体化してしまう、記者クラブというシステムの本質を示している気がしてならない」と述べる。

また、「日本の記者は有名大学卒のエリートばかり」として、
有名国立大や難関私立大出身者で占められる日本のメディアの採用方式も批判している。
そのことが「エリート意識」が強すぎ、権力側と似た感覚を持つことにつながるという。

「優れた教育を受けたとしても、すぐれた記事を書けるとは限らない」として、
アメリカでは、有名大学を出ていなくても、小さな地方紙で良い記事を書き続ければ、
クリップスをもってニューヨークタイムズやワシントンポストに移ることも可能だという。

そして日本のジャーナリストが「サラリーマン化」したとし、
大手新聞社の給料は高すぎ、報酬はアメリカの倍近いこと、
さらに正社員にしか記事を欠かせないなどの問題点についても指摘をしている。

ファクラー氏は、日本のメディアを批判をする一方で、
ソーシャルメディアについては「敵でも見方でもない」として、
メディアに幻滅している人たちが、ブログや掲示板、ツイッターやフェイスブックなど、
ネットから情報を得て考えようとしていることに対しても忠告を与えている。

ネットというのは一見多様なようだが、実は賛成と反対の中間の意見をきちんととらえることができないというのだ。
自分が興味・関心のある分野のオピニオンリーダーをツイッターでフォローしていれば、
その人物や周辺から流れてくる情報は得ることができる。
ツイッターではまったく反対の意見は意外と目にしやすいが、中間の主張や考えはカバーされず、
すっぽりと抜け落ちているようなケースは多いという。
その点、ニューヨーク・タイムズなどは、共和党支持者と民主党支持者の中間地点にある意見も載っており、
さまざまな意見を目にすることで、偏りがちな自分の考えが重層的なものになるはずだという。

ツイッターやフェイスブックが伝える情報は役に立つことは間違いないが、
そこに新聞など既存メディアの報道を組み合わせれば、新たなメディアが生まれるとしている。
そして、メディアだけに責任を押し付けずに、
「マスコミと社会の仕組みを変える」という気持ちを、社会全体で共有することも大事だとしている。

最後に、ファクラー氏は日本のジャーナリズムの再建のために提言をしている。
「朝日」「読売」「日経」などの“メガ新聞社”はチャレンジャーにはなるのは難しく、
地方紙こそチャンスがあるとして、「地方紙こそ、業界を変え、読者を増やす可能性を秘めている」としている。

そして、「記者クラブ型メディアの時代」はまもなく終焉するだろうとして、
「新聞の変革にこそ日本の民主主義が試されている」と延べ、
「3・11」で日本の抱えるさまさまな問題がむきだしになり、
「新聞が本来の役割と力を発揮するチャンス」だとしている。

ニューヨークタイムズの記者で世界各地をまわって歩いたファクラー氏が実感しているように、
アメリカやヨーロッパなどでは、メディアが政府を批判するのは当たり前で、「監視役」「チェック機関」で当然なのだ。

ところが、日本の大手新聞社は、宅配制度による購読料の収入もあるが、
最近は大企業などの広告料の収入の割合が増えている。
今の政府が進めている施策のほとんどは、大企業向けのものであり、当然、政府批判はしにくい。
しかも、政府・省庁関連からも直接「全面広告」が度々もらえるのだから、足を向けて寝れない。
しかも、そのうえに、「記者クラブ制度」で、癒着と縛りの両方がかかる。

それらが大新聞の変質、権力との癒着と一体化につながっていく。
ファクラー氏が指摘する日本のメディアの問題点が、この数日の間にも露になっている。
最も「不思議」な組織である、日本記者クラブで、昨日19日、安倍首相が1時間の会見を行い、
それがNHKで中継され、今朝の全国紙では、いっせいに大きく報じられた。

アベノミクスの「3本の矢」「成長戦略」に期待を込め、激励するような報道となっており、
おまけに「読売」に至っては自社の世論調査の結果を「憲法改正に追い風」と自画自賛しているありさまである。

昨日の日本記者クラブの内容に関しては、以下のブログに詳しい。

■「これが記者会見か――安倍首相の宣伝の場だけにされておとなしい日本記者クラブのふがいなさ (生き生き箕面通信)」
   http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/598.html

これが「記者クラブ」である。

もうひとつは、こうした政府礼賛の「癒着構造」がつくられる背景として、最近大きな話題となっている問題で、
安倍首相が、テレビ局、新聞社などの会長や社長など幹部と、頻繁に「会食」を行っていることが明らかにされている。

最近一ヶ月余りの安倍首相の「動静」(「朝日」)をひろっただけで、これだけある。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

こうした「会食」がどんな店で行われているかの、興味深いブログも見つけた。
 ■「安倍首相と大手メディア幹部の会食が行われてる超高級店ってどんなところ?」

はたしてこの会食の支払いは、官房機密費が使われているのだろうか。

今、日本が直面する内外のさまざまな諸問題をどう解決するか──その舵取りを、
民の暮らしを省みない首相や政治家や官僚たちが推し進めるとしたら、まかり間違えば日本は荒れ果てた荒野となりかねない。
そうならないように、監視し、厳しい目を光らせるのがメディアの役割ではないか。

ファクラー氏の忠告を、私たち日本人は真摯に受け止め、メディアが政府や大企業の「ちょうちん担ぎ」となるのではなく、襟をきちんと正して、ジャーナリストとしての原点にたちかえること、そのために国民もメディアの報道に対して厳しい眼を注ぐ必要があろう。日本の社会を良くしていくために、そのことは欠かせない。

マーティンファクラー:
1996年ブルームバーグ東京支局、AP通信NY本社、東京支局、北京支局、上海支局などで記者として活躍、05年からニューヨーク・タイムズの東京支局記者、09年2月から支局長就任。12年間の日本での記者としての経験から、日本の新聞のジャーナリズムとしての致命的とも言える重大な問題点とその原因について掘り下げている。

▲PageTop

Menu

Category一覧


政治 (79)
暮らし (44)
その他 (57)

最新記事

プロフィール

日々

Author:日々
遮莫つまり、それはどうでもよいということなのだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。